TOP > 特許を利用する方へ

科学技術コモンズ特許を利用する方へ

「科学技術コモンズ」登録特許は、研究段階*では誰でも国内で自由に利用することができます。 ただし、利用する前にWEB上で簡単な利用登録をお願いします。 WEBページの検索、閲覧等だけであれば利用登録は不要です。

※"研究段階"の定義: 「科学技術コモンズ」では、以下のように定義いたします。
研究段階: 製品や役務・サービスの研究段階(頒布・販売目的のない製品の試作品・サンプル品等の製造を含む)
実用化段階: 研究段階以後の段階(頒布・販売目的による製品及びその試作品・サンプル品等の製造、製品及びその試作品・サンプル品等の頒布・販売、役務・サービスの提供を含む)

特許利用の際の留意事項

  • 科学技術コモンズに登録されている特許は国内特許検索または外国特許検索の検索結果でマークがついています。詳細検索の「マークによる絞り込み」で絞り込むと検索できます。
  • 一度利用登録をすれば、「科学技術コモンズ」に登録されている特許は全て、 国内では研究段階で自由に利用することができます。利用する特許をJSTにご連絡いただく必要はありません。 研究用途であっても、頒布・販売のための製造等は自由利用できませんので注意して下さい。
  • 「科学技術コモンズ」に登録されている特許及び関連する情報について、以下のような可能性があります。その場合、「研究段階」での特許の自由利用やその後のライセンス許諾ができなくなることもありますのであらかじめご了承ください。
    • 拒絶査定や見なし取り下げ等による特許権(受ける権利を含む)喪失
    • 出願人の都合による「科学技術コモンズ」からの取り下げ(2週間前にWEB上に掲示)
    • 誤記や情報更新の遅れ等
  • 「研究段階」であっても利用者が提供者からライセンス(有償を含む)を受けることは妨げません。ライセンス条件については、特許の権利者と利用者の間で協議により決定してください (科学技術コモンズ規約第10条第2項)。
  • 「研究段階」であっても、権利者や発明者に未公開特許出願情報の開示や有体物の提供等を求める場合には、対価が発生することがあります。特許の権利者と利用者の間で協議により決定してください (科学技術コモンズ規約第10条第3項)。
  • 外国出願されている特許であっても自由に利用できるのは日本国内のみですのでご留意ください。

【重要】実用化段階でライセンスを受けることを想定している場合、早めに該当する特許の提供者に連絡し、確認・調整してください。

利用登録の方法

以下の規約を確認後、"同意する" を選択し、"次へ" ボタンをクリックしてください。その後、画面の指示に従い、利用者情報を登録してください。