TOP > 外国特許検索 > PALLADIUM CATALYST, AND METHOD FOR PRODUCING BISARYL COMPOUND USING SAME

PALLADIUM CATALYST, AND METHOD FOR PRODUCING BISARYL COMPOUND USING SAME

外国特許コード F120006835
整理番号 S2011-0299
掲載日 2012年9月5日
出願国 世界知的所有権機関(WIPO)
国際出願番号 2012JP052625
国際公開番号 WO 2012/111468
国際出願日 平成24年2月6日(2012.2.6)
国際公開日 平成24年8月23日(2012.8.23)
優先権データ
  • 特願2011-032892 (2011.2.18) JP
発明の名称 (英語) PALLADIUM CATALYST, AND METHOD FOR PRODUCING BISARYL COMPOUND USING SAME
発明の概要(英語)

Provided are a novel palladium catalyst which is very safe and recyclable, and a method for producing a novel bisaryl compound using the palladium catalyst. When an aromatic halide and an aromatic boronic acid are reacted in the presence of a palladium catalyst and base to produce a biaryl compound, the palladium catalyst used is a palladium catalyst formed by fixing, on a porous carrier, a palladium compound dissolved in an ionic liquid, and then covering the fixed compound with a polymer.

  • 出願人(英語)
  • ※2012年7月以前掲載分については米国以外のすべての指定国
  • NIIGATA UNIVERSITY,
  • HAGIWARA, HISAHIRO
  • 発明者(英語)
  • HAGIWARA, HISAHIRO
国際特許分類(IPC)
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close