TOP > 外国特許検索 > INDIRUBIN DERIVATIVE HAVING HIGHLY SELECTIVE CYTOTOXICITY FOR MALIGNANT TUMORS

INDIRUBIN DERIVATIVE HAVING HIGHLY SELECTIVE CYTOTOXICITY FOR MALIGNANT TUMORS

外国特許コード F130007607
整理番号 S2013-0327-N0
掲載日 2013年8月13日
出願国 世界知的所有権機関(WIPO)
国際出願番号 2012JP067153
国際公開番号 WO 2013/011841
国際出願日 平成24年7月5日(2012.7.5)
国際公開日 平成25年1月24日(2013.1.24)
優先権データ
  • 特願2011-156299 (2011.7.15) JP
発明の名称 (英語) INDIRUBIN DERIVATIVE HAVING HIGHLY SELECTIVE CYTOTOXICITY FOR MALIGNANT TUMORS
発明の概要(英語)

Provided is a therapeutic agent for malignant tumors based on a novel mechanism of action. An indirubin derivative represented by general formula (1) (in the formula, A represents an alkylene group having 1-4 carbon atoms, R1-R4 each independently represent a hydrogen atom, halogen atom, hydroxy group, or alkoxy group) or a salt thereof.

  • 出願人(英語)
  • ※2012年7月以前掲載分については米国以外のすべての指定国
  • NIHON UNIVERSITY,
  • SUZUKI, TAKASHI,
  • MIYAIRI, SHINICHI,
  • SAITO, HIROAKI,
  • TABATA, KEIICHI
  • 発明者(英語)
  • SUZUKI, TAKASHI,
  • MIYAIRI, SHINICHI,
  • SAITO, HIROAKI,
  • TABATA, KEIICHI
国際特許分類(IPC)
日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close