TOP > 中国の大学の特許 > 北京大学の特許一覧 > デジタル印刷における使用のための制御システムおよび方法 > 明細書

明細書 :デジタル印刷における使用のための制御システムおよび方法

発行国 日本国特許庁(JP)
公表番号 特表2014-523823 (P2014-523823A)
公報種別 公表特許公報(A)
公表日 平成26年9月18日(2014.9.18)
発明の名称または考案の名称 デジタル印刷における使用のための制御システムおよび方法
国際特許分類 B41J   2/01        (2006.01)
B41J  29/38        (2006.01)
B41J   2/21        (2006.01)
FI B41J 2/01 301
B41J 29/38 Z
B41J 2/21
国際予備審査の請求 未請求
全頁数 19
翻訳文提出日 平成26年1月14日(2014.1.14)
出願番号 特願2014-519407 (P2014-519407)
出願日 平成24年9月26日(2012.9.26)
国際出願番号 PCT/CN2012/082062
国際公開番号 WO2013/044805
国際公開日 平成25年4月4日(2013.4.4)
優先権出願番号 201110299801.9
優先日 平成23年9月30日(2011.9.30)
優先権主張国 中華人民共和国(CN)
指定国 AP(BW , GH , GM , KE , LR , LS , MW , MZ , NA , RW , SD , SL , SZ , TZ , UG , ZM , ZW) , EA(AM , AZ , BY , KG , KZ , RU , TJ , TM) , EP(AL , AT , BE , BG , CH , CY , CZ , DE , DK , EE , ES , FI , FR , GB , GR , HR , HU , IE , IS , IT , LT , LU , LV , MC , MK , MT , NL , NO , PL , PT , RO , RS , SE , SI , SK , SM , TR) , OA(BF , BJ , CF , CG , CI , CM , GA , GN , GQ , GW , ML , MR , NE , SN , TD , TG) , AE , AG , AL , AM , AO , AT , AU , AZ , BA , BB , BG , BH , BN , BR , BW , BY , BZ , CA , CH , CL , CN , CO , CR , CU , CZ , DE , DK , DM , DO , DZ , EC , EE , EG , ES , FI , GB , GD , GE , GH , GM , GT , HN , HR , HU , ID , IL , IN , IS , JP , KE , KG , KM , KN , KP , KR , KZ , LA , LC , LK , LR , LS , LT , LU , LY , MA , MD , ME , MG , MK , MN , MW , MX , MY , MZ , NA , NG , NI , NO , NZ , OM , PA , PE , PG , PH , PL , PT , QA , RO , RS , RU , RW , SC , SD , SE , SG , SK , SL , SM , ST , SV , SY , TH , TJ , TM , TN , TR , TT , TZ , UA , UG , US , UZ , VC
発明者または考案者 【氏名】李 丹
【氏名】郭 少 偉
【氏名】温 曉 輝
【氏名】劉 志 紅
出願人 【識別番号】507231932
【氏名又は名称】北大方正集▲団▼有限公司
【氏名又は名称】PEKING UNIVERSITY FOUNDER GROUP CO., LTD
【識別番号】507232478
【氏名又は名称】北京大学
【氏名又は名称】PEKING UNIVERSITY
【識別番号】507232456
【氏名又は名称】北京北大方正▲電▼子有限公司
【氏名又は名称】BEIJING FOUNDER ELECTRONICS CO., LTD.
【識別番号】513157280
【氏名又は名称】北京北大方正技術研究院有限公司
【氏名又は名称】PEKING UNIVERSITY FOUNDER R & D CENTER
個別代理人の代理人 【識別番号】110001195、【氏名又は名称】特許業務法人深見特許事務所
審査請求
テーマコード 2C056
2C061
Fターム 2C056EA01
2C056EA11
2C056EA23
2C056EA24
2C056EB58
2C056EC07
2C061AP01
2C061AQ05
2C061HJ06
2C061HN15
要約 この発明は、デジタル印刷における使用のための制御システムを提供し、このシステムは、ホストと、ホストに接続される複数の中央制御盤と、複数の組のノズルプレートとを含み、各組のノズルプレートは、それぞれ、1つの中央制御盤および1組のノズルに接続される。この発明は、さらに、デジタル印刷における使用のための制御方法を提供し、この方法は、ホストが、ジョブを複数の部分に分解するとともに、ジョブの各部分を1つの中央制御盤に分散するステップと、中央制御盤が、同時に、受信したジョブの部分をページに変換するとともに、それに接続されるノズルプレートの組にページを分散するステップと、ノズルプレートが、ページを印刷データに変換するとともに、それに接続されるノズルの組を駆動してそれの印刷データを印刷するステップとを含む。この発明は制御システムの処理性能を改善する効果を達成する。
特許請求の範囲 【請求項1】
デジタル印刷における使用のための制御システムであって、
ホストと、
前記ホストに接続される複数の中央制御盤と、
複数の組のノズルプレートとを含み、
各組のノズルプレートは、それぞれ、前記中央制御盤およびノズルの組に接続される、制御システム。
【請求項2】
前記ホストは複数のインターフェイスを含み、
その各々は前記中央制御盤の1つに接続され、
前記ホストおよび前記中央制御盤はイーサネット(登録商標)を介して接続される、請求項1に記載のシステム。
【請求項3】
前記ホストは複数の対のインターフェイスを含み、
各対のインターフェイスは、前記中央制御盤の1つに接続され、制御信号の送信のために用いられる光ファイバインターフェイスと、データ信号の送信のために用いられるイーサネットインターフェイスとを含む、請求項1に記載のシステム。
【請求項4】
前記複数の中央制御盤は互いに接続され、
前記複数の中央制御盤はイーサネットを介して接続される、請求項1に記載のシステム。
【請求項5】
前記複数の中央制御盤の1つは主中央制御盤であり、
前記複数の中央制御盤の残りの部分は、前記主中央制御盤によって制御される副中央制御盤である、請求項1に記載のシステム。
【請求項6】
デジタル印刷における使用のための制御方法であって、
ホストが、ジョブを複数の部分に分解するとともに、前記ジョブの各部分を中央制御盤の1つに分散するステップと、
前記中央制御盤の各々が、同時に、受信した前記ジョブの部分をページに変換するとともに、それに接続されるノズルプレートの組に前記ページを分散するステップと、
前記ノズルプレートが、前記ページを印刷データに変換するとともに、それに接続されるノズルの組を駆動して前記印刷データを印刷するステップとを含む、制御方法。
【請求項7】
前記ホストは、前記ジョブをインク色に従って複数の部分に分解する、請求項6に記載の方法。
【請求項8】
前記インク色は4つのタイプのインク色を含み、
前記ホストは、前記ジョブを、各々が2つのインク色からなるジョブを含む2つの部分に分解し、
または、前記ホストは、前記ジョブを、各々が1つのインク色からなるジョブを含む4つの部分に分解する、請求項7に記載の方法。
【請求項9】
前記複数の中央制御盤の1つは主中央制御盤であり、
前記複数の中央制御盤の残りの部分は副中央制御盤であり、
前記主中央制御盤は、前記副中央制御盤を制御して、前記主中央制御盤と同期された状態を保つようにする、請求項6に記載の方法。
【請求項10】
前記中央制御盤の各々が、同時に、受信した前記ジョブの部分をページに変換するとともに、それに接続されるノズルプレートの組に前記ページを分散するステップは、
前記主中央制御盤および前記副中央制御盤が、それぞれ受信した前記ジョブの部分を同時に前記ページに変換するステップと、
前記副中央制御盤が、前記主中央制御盤に対して、それに接続されるノズルプレートの前記組に前記ページを分散するために、要求を送るステップと、
前記主中央制御盤が、すべての前記中央制御盤においてそれぞれ受信した前記ジョブの部分が前記ページに変換されたと判断するステップと、
前記主中央制御盤がすべての前記中央制御盤に活性化信号を送るステップと、
前記主中央制御盤および前記副中央制御盤が、それぞれのページを、それに接続されるノズルプレートの前記組に同時に分散するステップと、
前記副中央制御盤が、それに接続される前記ノズルプレートのすべてから印刷が成功したことを示す信号を受信するステップと、
前記副中央制御盤が、前記主中央制御盤に、印刷が成功したことを通知するステップと、
前記主中央制御盤が、すべての前記中央制御盤において印刷が成功したと判断するステップと、
前記主中央制御盤がすべての前記中央制御盤に待機信号を送るステップと、
前記主中央制御盤および前記副中央制御盤が、前記ホストから分散された前記ジョブのそれぞれの部分を同時に待つステップとを含む、請求項6に記載の方法。
発明の詳細な説明 【技術分野】
【0001】
技術分野
この発明は印刷の分野に関し、特に、デジタル印刷において用いられる制御システムおよび制御方法に関する。
【背景技術】
【0002】
背景
デジタル印刷装置においては、制御システムは、装置全体のマスタ制御センターとして、装置全体の各アクチュエータのすべてのステップが適切に動作するかどうかを判断することにおいて決定的な役割を果たす。完全な装置は概して健全な制御の流れを有し、制御システムは、制御の流れ全体を十分に操作し維持することに対する責任を担う。現在、産業において用いられる制御システムの設計は大半は集中制御システムアーキテクチャである。図1は、先行技術からの集中制御システムを示すアーキテクチャ図であり、それはデータの流れに従って3つの部分を含む。第1の部分は、システムの初期設定、パラメータ設定、および印刷ジョブの開始などのような機能の実行に対して責任を担うホスト10である。第2の部分は、受信されたジョブをページに変換し、そのページをノズルプレート30に分散するために用いられる中央制御盤である。第2の部分は、さらに、ホストから送られたパラメータを受信して設定すること、データを受信すること、データを管理すること、データを送ることなどの機能に対して責任を担い得る。第3の部分はノズルプレート30の組であり、それは、データを受信してインクジェット装置とインターフェイスすることに対して責任を担い、ページをノズルが印刷するのに好適な印刷データに変換するよう用いられ、それに接続されるノズルの組(図示せず)を駆動してそれの印刷データを印刷する。異なるタイプのノズルに対して、同じタイプの中央制御盤を用いることができるが、ノズルプレートは異なる。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
集中制御システムは単純であり、実現することが容易であり、システム検査の実行および小規模システムの設計において大きな利点を有し、したがって広く用いられることが、図1からわかる。しかしながら、印刷に対する要求が継続的に増大するにつれて、システムは、例えばモノクロ印刷からカラー印刷にアップグレードされるよう拡張されるか、または狭いフォーマット印刷から広いフォーマット印刷に拡張される必要がある。その結果、ノズルプレートの数Nは増大され、それは中央制御盤により多くのノズルプレートを制御させ、必要とされるリソースおよびインターフェイスを増大させるだろう。この場合、集中制御システムは、システム帯域幅ボトルネック、インターフェイスボトルネック、モジュール間の同期協調の失敗などのような問題に直面する。次いで、ニーズを満たすように中央制御盤を再設計することが必要であり、制御されるノズルプレートの数が或る量に達すると、システムに対して必要とされるリソースは、1つのシステムボード上で急速に拡張することになり、したがって、設計の複雑性は大幅に増大することになり、それはシステム開発ならびに後のデバッギングおよび動作にとって好ましくない。
【課題を解決するための手段】
【0004】
発明の概要
この発明は先行技術の集中制御システムにおけるボトルネック問題を解決するように分散型制御システムおよび方法を与えるよう意図される。
【0005】
この発明の実施例は、デジタル印刷における使用のための制御システムを提供し、このシステムは、
ホストと、
ホストに接続される複数の中央制御盤と、
複数の組のノズルプレートとを含み、各組のノズルプレートは、それぞれ、中央制御盤の1つおよびノズルの組に接続される。
【0006】
好ましくは、ホストは複数のインターフェイスを含み、その各々は中央制御盤の1つに接続され、ホストおよび中央制御盤はイーサネット(登録商標)を介して接続される。
【0007】
好ましくは、ホストは複数の対のインターフェイスを含み、各対のインターフェイスは、中央制御盤の1つに接続され、制御信号の送信のために用いられる光ファイバインターフェイスと、データ信号の送信のために用いられるイーサネットインターフェイスとを含む。
【0008】
好ましくは、複数の中央制御盤は、例えばイーサネットを介して互いに接続される。
好ましくは、複数の中央制御盤の1つは主中央制御盤であり、複数の中央制御盤の残りの部分は主中央制御盤によって制御される副中央制御盤である。
【0009】
この発明の実施例は、デジタル印刷における使用のための制御方法を提供し、この方法は、
ホストが、ジョブを複数の部分に分解するとともに、ジョブの各部分を中央制御盤の1つに分散するステップと、
中央制御盤の各々が、同時に、受信したジョブの部分をページに変換するとともに、それに接続されるノズルプレートの組にページを分散するステップと、
ノズルプレートが、ページを印刷データに変換するとともに、それに接続されるノズルの組を駆動して印刷データを印刷するステップとを含む。
【0010】
好ましくは、ホストは、ジョブをインク色に従って複数の部分に分解する。
さらに好ましくは、インク色は4つのタイプのインク色を含み、
ホストは、ジョブを、各々が2つのインク色に対するジョブを含む2つの部分に分解し、
または、ホストは、ジョブを、各々が1つのインク色についてのジョブを含む4つの部分に分解する。
【0011】
好ましくは、複数の中央制御盤の1つは主中央制御盤であり、複数の中央制御盤の残りの部分は、主中央制御盤によって制御されて主中央制御盤と同期された状態を保つようにされる副中央制御盤である。
【0012】
さらに好ましくは、中央制御盤の各々が、同時に、受信したジョブの部分をページに変換するとともに、それに接続されるノズルプレートの組にページを分散するステップは、
主中央制御盤および副中央制御盤が、それぞれ受信したジョブの部分を同時にページに変換するステップと、
副中央制御盤が、主中央制御盤に対して、それに接続されるノズルプレートの組にページを分散するために、要求を送るステップと、
主中央制御盤が、すべての中央制御盤においてそれぞれ受信したジョブの部分がページに変換されたと判断するステップと、
主中央制御盤がすべての中央制御盤に活性化信号を送るステップと、
主中央制御盤および副中央制御盤が、それぞれのページを、それに接続されるノズルプレートの組に同時に分散するステップと、
各副中央制御盤が、それに接続されるノズルプレートのすべてから印刷が成功したことを示す信号を受信するステップと、
各副中央制御盤が、印刷が成功したことを主中央制御盤に通知するステップと、
主中央制御盤が、すべての中央制御盤において印刷が成功したと判断するステップと、
主中央制御盤がすべての中央制御盤に待機信号を送るステップと、
主中央制御盤および副中央制御盤が、ホストから分散されたジョブのそれぞれの部分を同時に待つステップとを含む。
【発明の効果】
【0013】
上記実施例に従うデジタル印刷における使用のための制御システムおよび方法は、複数の中央制御盤を用いることによって分散制御を達成するので、集中制御システムのボトルネック問題が克服され、制御システムの処理性能が改善される。
【0014】
ここに示される図は、この発明のさらなる理解のために与えられる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】先行技術からの集中制御システムの構成を示す図である。
【図2】この発明の第1の実施例に従う制御システムの構成を示す図である。
【図3】この発明の第2の実施例に従う制御方法を示すフローチャートである。
【図4】この発明の第3の実施例に従う制御システムの構成を示す図である。
【図5】この発明の第4の実施例に従う制御方法を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0016】
詳細な説明
当業者によるこの発明における技術的解決策のよりよい理解を容易にするために、この発明を、添付の図面を参照して実施例とともに詳細に記載する。

【0017】
第1の実施例
図2は、この発明の第1の実施例に従う制御システムの構成を示す図であり、このシステムは、
ホスト10と、
ホスト10に接続され、中央制御盤ユニットを形成する複数の中央制御盤20と、
複数の組のノズルプレート30とを含み、ノズルプレート30の各組は、それぞれ、1つの中央制御盤20およびノズルの組(図示せず)に接続され、ノズルプレート30の各組は1つ以上のノズルプレートを含んでもよい。

【0018】
第2の実施例
図3は、この発明の第2の実施例に従う制御方法を示すフローチャートであり、この方法は以下を含む。

【0019】
ステップS10において、ホストは、ジョブを複数の部分に分解するとともに、ジョブの各部分を1つの中央制御盤に分散する。ホストは、さらに、システムの設定の初期化、パラメータ設定、印刷ジョブの開始、ステータス問合せおよび表示などのような機能を有してもよい。

【0020】
ステップS20において、中央制御盤の各々は、同時に、受信したジョブの部分をページに変換するとともに、それに接続されるノズルプレートの組にページを分散する。

【0021】
ステップS30において、ノズルプレートは、ページを印刷データに変換するとともに、それに接続されるノズルの組を駆動してその印刷データを印刷する。

【0022】
発明者らは、先行技術における集中制御システムの綿密な研究を行ない、集中制御システムのホストが最も強力な演算能力を所有し、中央制御盤がその次に、そしてその次にノズルプレートが来ることがわかった。タスク処理の局面においては、集中制御システムにおいて、1つのホストが1つの中央制御盤に対応し、1つの中央制御盤は複数のノズルプレートに対応する。したがって、演算能力マッチングに鑑みると、集中制御システムの処理性能を抑制するボトルネックは中央制御盤であることがわかる。先行技術における集中制御システムの中央制御盤におけるそのようなボトルネックは、システム拡大にとって不利であること、データ帯域幅においてボトルネックを有すること、およびシステムの増大するサイズに伴い設計における難点を増大することなどのような問題をもたらす。

【0023】
この実施例に従う制御システムは複数の中央制御盤を採用し、それらは分散型制御システムアーキテクチャを形成する。ホストの演算能力は中央制御盤のそれよりはるかに強力であるので、ホストによって制御される中央制御盤の数は自由に設定することができる。したがって、システム全体がより強力な拡張性を有する。印刷に対する要件が相対的に低い場合は、1つの中央制御盤で十分である。印刷に対する要件が増大する場合、例えば、低速印刷が高速印刷に変更される場合、またはモノクロ印刷がカラー印刷にアップグレードされる場合、または狭いフォーマットの印刷が広いフォーマットの印刷へと拡張される場合には、複数の中央制御盤を用いることができる。パラメータの受渡し、データ受信、データ管理、データ送信などのような中央制御盤の各々の基本機能は、集中型システムと一貫する状態を保ち、一方、ジョブを同期させるプロセスは中央制御盤間で実行される必要がある。この分散型制御システムは、容易に実現され、強力な拡張性および高帯域幅を有し、従来の集中型システムに存在する問題を効果的に解決する。

【0024】
好ましくは、ホストは複数のインターフェイスを含み、その各々は1つの中央制御盤に接続される。この好ましい実施例においては、複数のインターフェイスを用いてホストおよびその下流の装置のインターフェイス部を拡張することによって、ホストは、システム拡大を容易にするように、複数の中央制御盤をフッキングすることができる。

【0025】
好ましくは、ホストは複数の対のインターフェイスを含み、各対のインターフェイスは1つの中央制御盤に接続され、各対のインターフェイスは、制御信号の送信のために用いられる光ファイバインターフェイスと、データ信号の送信のために用いられるイーサネットインターフェイスとを含む。

【0026】
集中制御システムにおいては、データ信号および制御信号は、同じカメラリンクケーブルを介して、ホストと中央制御盤との間において伝送され、したがって、時分割多重アクセス技術を用いることが必要であり、伝送速度は制限される。対照的に、この好ましい実施例においては、ホストおよび中央制御盤はイーサネットおよび光ファイバの両方を介して接続され、制御信号はイーサネットを介して送信され、データ信号は光ファイバを介して送信され、したがって、データ信号および制御信号は独立して送信される。現在のインターネット開発技術は非常に成熟しているので、システムは簡単に実現され、光ファイバを介してデータを送信することはデータ送信速度を著しく改善する。

【0027】
好ましくは、複数の中央制御盤は互いに接続される。集中型システムとは異なり、複数の中央制御盤が用いられる場合、ジョブを中央制御盤間で同期させることが必要であり、これは中央制御盤を互いに接続することによって行うことができる。中央制御盤を互いに接続することに加えて、複数の中央制御盤はホストによって同期されてもよく、それはこの発明の範囲に入る。

【0028】
好ましくは、複数の中央制御盤はイーサネットを介して互いに接続される。したがって、ホストおよび中央制御盤は小規模ネットワークを形成し、データはTCP/IPプロトコルを介して送信され、ジョブは中央制御盤間でネットワークを介して同期されてもよい。

【0029】
好ましくは、複数の中央制御盤は主中央制御盤を含み、複数の中央制御盤の残りの部分は、主中央制御盤によって主中央制御盤と同期するように制御される副中央制御盤である。複数の中央制御盤が用いられる場合、ジョブを中央制御盤間で同期させることが必要であり、好ましい実施例においては、中央制御盤間での同期は、複数の中央制御盤間の主および副の関係を確立することによって達成される。

【0030】
好ましくは、ホストは、ジョブをインク色に従って複数の部分に分解する。インク色はインクジェット印刷の色空間を形成する。ジョブがインク色に従って分解されるとき、分解プロセスは容易に達成することができ、各中央制御盤の計算負荷は基本的に同じであり、それは、分散された制御における並列性の度合いを改善し、それによって印刷効率を改善する。

【0031】
さらに好ましくは、インク色は4つのタイプのインク色を含み、ホストは、ジョブを、各々が2つのインク色からなるジョブを含む2つの部分に分解し、または、ホストは、ジョブを、各々が1つのインク色からなるジョブを含む4つの部分に分解する。例えば、CMYK(つまり、シアン、マゼンタ、イエローおよびブラックの4つの原色)は、最も一般的な印刷色空間であり、したがって、この好ましい実施例は、広範囲の用途において用いることができる。

【0032】
第3の実施例
図4は、この発明の第3の実施例に従う制御システムの構成を示す図である。インクジェット装置の要件によると、この実施例においては、1つの中央制御盤22/24を用いて2色印刷データを制御してもよい。一方、印刷幅の要件によると、各中央制御盤22/24に2つのノズルプレート32、34/36、38を接続する必要がある。したがって、4色印刷、指定された印刷幅、および選択されたノズルでの印刷の要件は、単純に「2つの中央制御盤22、24+4つのノズルプレート32、34、36、38」の構成によって満たされてもよい。

【0033】
2つの中央制御盤が用いられ、それらの各々は4つの色からの2色の画像を制御するので、印刷ジョブは2つの中央制御盤22と24との間において同期される必要があることが注記されるべきである。したがって、イーサネットを用いることによって、中央制御盤22は主中央制御盤(つまりサーバ)として機能し、中央制御盤24は副中央制御盤(つまりクライアント)として機能して、ネットワーク経路を形成する。

【0034】
第4の実施例
図5は、この発明の第4の実施例に従う制御方法を示すフローチャートであり、この方法は以下のようなステップを含む。

【0035】
ステップ502において、2つの中央制御盤は電源が入れられた後初期化が開始され、その後、ホストは印刷データの送信を開始し、各中央制御盤はそれぞれ2色データを制御する。

【0036】
ステップ504において、主中央制御盤および副中央制御盤は、それぞれ2色印刷ジョブの同時受信を開始する。

【0037】
ステップ506において、主中央制御盤および副中央制御盤は、それぞれ受信したジョブの部分を同時にページに変換するとともに、それに接続されるノズルプレートの組にページを分散し、或る数のページがそれに接続されるノズルプレートに送信されたと副中央制御盤が判断すると、副中央制御盤は印刷の開始のために主中央制御盤に要求を送る。

【0038】
ステップ508において、主制御盤が、それに接続されるノズルプレートの組に或る数のページを送信し、印刷開始を要求するすべての信号が副中央制御盤から受信されたこと、つまりすべてのノズルプレートが、印刷される準備ができたデータを有することを確認すると、主中央制御盤はすべての中央制御盤に印刷開始信号を送る。

【0039】
ステップ510において、主中央制御盤および副中央制御盤は、それに接続されるノズルプレートの組に各ページごとに印刷信号をそれぞれ送信し、印刷を開始する。

【0040】
ステップ512において、それぞれの中央制御盤がそれに接続されるノズルプレートのすべてから印刷が成功したことを示す信号を受信した(つまり、すべてのページが印刷された)後、副中央制御盤は、主中央制御盤に印刷が成功したことを通知する。

【0041】
ステップ514において、すべての中央制御盤において印刷が成功したと判断した後、主中央制御盤はすべての中央制御盤に待機信号を送る。

【0042】
ステップ516において、主中央制御盤および副中央制御盤は、ホストから分散されたジョブの次の部分を同時に待つ。

【0043】
複数の中央制御盤が非同期であるので、速度に差がある。この実施例は、ジョブの正確な印刷を確実にする同期のスキームを与える。

【0044】
この発明の前述の実施例が以下の技術的な効果を達成することは上記の記載からわかる。

【0045】
(1)システムは高帯域幅および高い利用性を有すること。
(2)システムは強力な拡張性を所有すること。

【0046】
(3)それぞれの制御部は実現が容易であり、スケールの拡大により複雑にならない。
明らかに、当業者は、上記実施例におけるそれぞれのモジュールおよびステップは、汎用の演算装置によって実現されてもよく、および単一の演算装置において統合されてもよく、または複数の演算装置によって形成されたネットワーク上において分散されてもよいことを理解するはずである。代替的に、それらは、演算装置によって実行されるために記憶装置に保存されるような、演算装置によって実行可能なプログラムコードとして実現されてもよく、またはそれらは、それぞれ、それぞれの集積回路ユニットに形成され得るか、またはモジュールおよびステップのいくつかは単一の集積回路モジュールに形成されてもよい。したがって、この発明はハードウェアおよびソフトウェアのいかなる特定の組み合わせにも制限されない。

【0047】
前述の記載は単にこの発明の好ましい実施例であり、この発明を限定するようには用いられない。当業者のために、さまざまな修正および変形がこの発明になされてもよい。この発明の精神および原理内のいかなる修正、置換、改善なども、この発明の保護範囲に含まれるべきである。
【符号の説明】
【0048】
参照番号は以下のとおりである。10 ホスト、20 中央制御盤、22 主中央制御盤、24 副中央制御盤、30 ノズルプレート、32 ノズルプレート、34 ノズルプレート、36 ノズルプレート、38 ノズルプレート。
図面
【図1】
0
【図2】
1
【図3】
2
【図4】
3
【図5】
4