TOP > 中国の大学の特許 > 清華大学の特許一覧 > 一種類の一体化光学設備フォーカス・コントロール/ズームシステム

一種類の一体化光学設備フォーカス・コントロール/ズームシステム

国内特許コード P150011697
掲載日 2015年3月30日
出願番号 特願2009-504552
公表番号 特表2009-533701
登録番号 特許第5312317号
出願日 平成19年4月13日(2007.4.13)
公表日 平成21年9月17日(2009.9.17)
登録日 平成25年7月12日(2013.7.12)
国際出願番号 CN2007001197
国際公開番号 WO2007118418
国際出願日 平成19年4月13日(2007.4.13)
国際公開日 平成19年10月25日(2007.10.25)
優先権データ
  • 200610035079.7 (2006.4.14) CN
発明者
  • 胡笑平
  • 田斌
  • 李毅
  • 周鉄英
  • 鹿存躍
  • 陳宇
出願人
  • 博立碼杰通訊(深▲せん▼)有限公司
  • 清華大学
発明の名称 一種類の一体化光学設備フォーカス・コントロール/ズームシステム
発明の概要 本発明は一種類の一体化光学設備焦点距離調節システムである。第一光学レンズ、中空の第一殻、中空の第二殻と多数の圧電部品からなっている。上述した中空の第一殻に第一光学レンズが設置され、上述した中空の第一殻と中空の第二殻との間にねじ山で接続する。上述した多数の圧電部品が中空の第一殻、或いは中空の第二殻どちらかに付着し、上述した多数の圧電部品を通して付着された殻を激励振動させて進行波を生じる。もう一つの殻との間に相対の回転運動と相対の軸方向移動をさせる。それによって焦点距離の変更と調節が実現できる。本発明は直接伝動を利用し、構造が簡単、効率が高いである。体積、コスト、効率などの面で多重のメリットがある。高い実用性を有する。
従来技術、競合技術の概要



従来の光学設備焦点距離調節システムは普通モーターを利用して伝動機構を通して光学レンズ(組)を連動する。その構造が複雑、かつ普通モーターの回転速度が速いので、付属する減速ユニットが必要である。それにより構造が一層複雑になり、システムの伝動効率を下げるようになる。



超音波モーター(例えば米国特許US6940209)は圧電材料の逆圧電効果を利用して特定の構造によって製作した駆動ユニットである。固定子、回転子など機能部品から構成されている。固定子に電歪効果を有する圧電部品を固定する。超音波モーターは回転速度が低く、伝動機構が簡単というメリットがある。光学設備焦点距離調節システムのために役割を果たしている。



但し、超音波モーターの回転軸の動力で光学レンズを伝動する時、伝動部品と/或いは接続部品を追加する必要がある。伝動部品と/或いは接続部品の追加によって存在している欠点は下記の通り:一、構造が複雑となった。また、製作のコストが上がった。二、光学レンズ運行の精度、安定性と信頼性が伝動部品或いは接続部品に束縛される。その伝動効率を一層上げると期待している。

産業上の利用分野




本発明は光学に関する。とりわけ、一種類の一体化光学設備焦点距離調節システムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
第一光学レンズと、
中空の第一殻と、
外側柱面が正多面体である中空の第二殻と、
多数の圧電部品とを有し、
上記第一光学レンズが、上述した中空の第一殻に設置され、
上述した中空の第一殻と中空の第二殻との間に回転できるねじ山で接続され、
上述した多数の圧電部品が圧電セラミックチップであり、各圧電セラミックチップは、中空の第二殻の正多面体の外側柱面のそれぞれの側面に付着して固定され、
上述した多数の圧電部品を通して付着された第二の雌ネジを激励振動させて進行波を生じ、
この進行波がネジで駆動し、第一殻と第二殻との間に同時に相対の回転運動と相対の軸方向移動をさせ、
上述した中空の第一殻の外側表面に雄ネジがあり、上述した中空の第二殻の内側表面に上述した雄ネジと接続する雌ネジがあり、
上述した第二殻に第二光学レンズと第三光学レンズが設置されており、
内蔵された第一光学レンズの第一殻は第二光学レンズと第三光学レンズの間にあり、
中空の第三殻を含め、中空の第三殻にもう一つの光学レンズが内蔵され、
上述した第三殻の外表面に第二殻内部の雌ネジと接続する雄ネジがあり、
上述した多数の圧電部品を通して第二殻を激励振動し、
第三殻と第二殻との間に相対の回転運動を生じさせることを特徴とする一体化光学設備焦点距離調節システム。

【請求項2】
現像部品とアパーチュアストップを含め、
上述した現像部品は第二殻内部一端の中心位置に設置されており、
上述した第一殻内部にアパーチュアストップが設置されていることを特徴とする請求項1に記載の一体化光学設備焦点距離調節システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009504552thum.jpg
出願権利状態 登録
分野
  • 物理学
※ 特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close