TOP > 中国の大学の特許 > 北京大学の特許一覧 > 画像処理装置および画像処理方法

画像処理装置および画像処理方法

国内特許コード P150011729
掲載日 2015年3月30日
出願番号 特願2010-006088
公開番号 特開2011-145890
登録番号 特許第5307737号
出願日 平成22年1月14日(2010.1.14)
公開日 平成23年7月28日(2011.7.28)
登録日 平成25年7月5日(2013.7.5)
発明者
  • 六尾 敏明
  • リー ピンリ
  • ユエン モンヨウ
  • ジー イエンヤオ
出願人
  • 京セラドキュメントソリューションズ株式会社
  • 方正国際軟件(北京)有限公司
  • 北京大学
発明の名称 画像処理装置および画像処理方法
発明の概要 【課題】コストを増大させることなく高精度な処理を行うことができる画像処理装置を提供する。
【解決手段】エッジ方向検出手段110は、原稿画像データのエッジ方向を検出する。エッジ強度算出フィルタ選択手段120は、検出された原稿画像データのエッジ方向に基づき、NのSobel-Gaussian型エッジ強度算出フィルタから一のSobel-Gaussian型エッジ強度算出フィルタを選択する。エッジ強度算出手段130は、選択された一のSobel-Gaussian型エッジ強度算出フィルタを原稿画像データへ適用させることによりエッジ強度を算出する。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



原稿画像を二値化して印刷するプリンタなどの装置は、印刷する前に、原稿画像にスクリーニング処理を施す必要がある。スクリーニング処理された後のスクリーニング画像は、連続階調画像からなる原稿画像と比較すると、離散的なので、直接にスクリーニング画像を処理するのはかなり難しい。従って、従来は、スクリーニング画像を処理する前に、まずスクリーニング画像のエッジ位置を確認してから処理していた。





すなわち、従来は、Sobel又はGaussianテンプレート(フィルタ)を直接に使い、画素点と上下左右にある隣接点に対してフィルタによる畳み込みを行った後、閾値処理を行い、スクリーニング画像のエッジ位置を検出していた。

例えば特許文献1には、ブロックに基づいた画像エッジ検出方法が提供されている。

産業上の利用分野



本発明は画像処理装置および画像処理方法に係り、特にスクリーニング画像を処理する技術に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
所定の平面上の原画像データに対して、第1の方向に沿ったエッジを検出する第1のエッジ検出フィルタおよび前記第1の方向と垂直な第2の方向に沿ったエッジを検出する第2のエッジ検出フィルタをそれぞれ適用させる演算を行うことにより、前記原画像データにおけるエッジ方向を検出するエッジ方向検出手段と、
前記所定の平面上のN(Nは8以上の整数)の方向に関して前記原画像データにおけるエッジ強度をそれぞれ算出するNのSobel-Gaussian型エッジ強度算出フィル
タから、前記エッジ方向検出手段により検出された前記エッジ方向に基づき一のSobel-Gaussian型エッジ強度算出フィルタを選択するエッジ強度算出フィルタ選択手段と、
前記エッジ強度算出フィルタ選択手段により選択された前記一のSobel-Gaussian型エッジ強度算出フィルタを前記原画像データへ適用させる演算を、前記エッジ方向検出手段における演算より高い精度で行うことによりエッジ強度を算出するエッジ強度算出手段と
を備え
前記Sobel-Gaussian型エッジ強度算出フィルタは、標準Gaussian曲線を第3の方向に沿って平行移動させた第1のGaussian曲線を、前記標準Gaussian曲線を前記第3の方向に沿って前記第1のGaussian曲線とは反対向きに且つ同じ距離を平行移動させた第2のGaussian曲線から、前記第3の方向と垂直な前記第4の方向に差し引いて得られる曲線で表される
画像処理装置。

【請求項2】
請求項1に記載の画像処理装置であって、
前記NのSobel-Gaussian型エッジ強度算出フィルタは、基準となるSo
bel-Gaussian型に対して回転の座標変換に基づく演算を施すことにより得られる画像処理装置。

【請求項3】
所定の平面上の原画像データに対して、第1の方向に沿ったエッジを検出する第1のエッジ検出フィルタおよび前記第1の方向と垂直な第2の方向に沿ったエッジを検出する第2のエッジ検出フィルタをそれぞれ適用させる演算を行うことにより、前記原画像データにおけるエッジ方向を検出するエッジ方向検出ステップと、
前記所定の平面上のN(Nは8以上の整数)の方向に関して前記原画像データにおけるエッジ強度をそれぞれ算出するNのSobel-Gaussian型エッジ強度算出フィル
タから、前記エッジ方向検出ステップにより検出された前記エッジ方向に基づき一のSobel-Gaussian型エッジ強度算出フィルタを選択するエッジ強度算出フィルタ選択ステップと、
前記エッジ強度算出フィルタ選択ステップにより選択された前記一のSobel-Gaussian型エッジ強度算出フィルタを前記原画像データへ適用させる演算を、前記エッジ方向検出ステップにおける演算より高い精度で行うことによりエッジ強度を算出するエッジ強度算出ステップと
を備え、
前記Sobel-Gaussian型エッジ強度算出フィルタは、標準Gaussian曲線を第3の方向に沿って平行移動させた第1のGaussian曲線を、前記標準Gaussian曲線を前記第3の方向に沿って前記第1のGaussian曲線とは反対向きに且つ同じ距離を平行移動させた第2のGaussian曲線から、前記第3の方向と垂直な前記第4の方向に差し引いて得られる曲線で表される
画像処理方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010006088thum.jpg
出願権利状態 登録
分野
  • 物理学
※ 特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close