TOP > 中国の大学の特許 > 北京大学の特許一覧 > 西洋語の透かし処理をするための透かし画像の分割方法と装置

西洋語の透かし処理をするための透かし画像の分割方法と装置

国内特許コード P150011769
掲載日 2015年3月30日
出願番号 特願2013-545033
公表番号 特表2014-500688
登録番号 特許第5669957号
出願日 平成23年12月23日(2011.12.23)
公表日 平成26年1月9日(2014.1.9)
登録日 平成26年12月26日(2014.12.26)
国際出願番号 CN2011084577
国際公開番号 WO2012083882
国際出願日 平成23年12月23日(2011.12.23)
国際公開日 平成24年6月28日(2012.6.28)
優先権データ
  • 201010620424.X (2010.12.23) CN
発明者
  • 王高▲陽▼
  • ▲其▼文法
  • 王立▲東▼
  • ▲楊▼斌
出願人
  • 北大方正集▲団▼有限公司
  • 北京大学
  • 北京北大方正▲電▼子有限公司
  • 北京北大方正技▲術▼研究院有限公司
発明の名称 西洋語の透かし処理をするための透かし画像の分割方法と装置
発明の概要 本発明は西洋語の透かし処理をするための透かし画像の分割方法を提供し、この方法は、西洋語画像を行列分割によって複数の文字画像ブロックを取得するステップと、文字画像ブロックから有効な文字画像ブロックを識別するステップと、西洋語画像がラージフォントテキストに対応するか、スモールフォントテキストに対応するかを判断するように、有効な文字画像ブロックのサイズを統計するステップと、ラージフォントテキストとスモールフォントテキストに対して、それぞれ、異なる単語数でグループ分けを行うステップと、単語グループを、透かし画像ブロックに対応する複数の部分に均等に分割するステップとを備える。また、本発明は西洋語の透かし処理をするための透かし画像の分割装置を提供する。本発明は透かしの埋め込み処理の操作性を確保することができる。
特許請求の範囲 【請求項1】
西洋語の透かし処理をするための透かし画像の分割方法であって、
西洋語画像を行列分割によって複数の文字画像ブロックを取得するステップと、
前記文字画像ブロックから有効な文字画像ブロックを識別するステップと、
前記西洋語画像がラージフォントテキストに対応するか、スモールフォントテキストに対応するかを判断するように、前記有効な文字画像ブロックのサイズを統計するステップと、
前記ラージフォントテキストと前記スモールフォントテキストに対して、それぞれ、異なる単語数でグループ分けを行うステップと、
グループ分けされた単語グループを、透かし画像ブロックに対応する複数の部分に均等に分割するステップと、
を備えることを特徴とする方法。

【請求項2】
前記文字画像ブロックから有効な文字画像ブロックを識別するステップにおいては、
前記文字画像ブロックを句読点画像ブロックと前記有効な文字画像ブロックとに分けることを特徴とする請求項1に記載の方法。

【請求項3】
前記文字画像ブロックを句読点画像ブロックと前記有効な文字画像ブロックとに分ける際には、
条件1:w>Nt1×H
条件2:Uの下端と上端がどちらもmの同じ側に位置する
条件3:Uの下端と上端がそれぞれmの両側に位置し、かつ、w<Nt2×H
を満足するかを判断し、
条件1~3のいずれか1条件を満足する場合に、Uに対応する前記文字画像ブロックが句読点画像ブロックと判断され、条件1~3のいずれも満足しない場合に、Uに対応する前記文字画像ブロックが有効な文字画像ブロックと判断されており、
ここで、Uが前記文字画像ブロックの集合Ωにおける前記文字画像ブロックの外接長方形の枠であり、HはUが位置する行の行高さであり、mはUが位置する中線であり、hとwはそれぞれUの高さと幅であり、Nt1とNt2はプリセット係数であることを特徴とする請求項2に記載の方法。

【請求項4】
t1=4、Nt2=0.35に設定することを特徴とする請求項3に記載の方法。

【請求項5】
前記有効な文字画像ブロックのサイズを統計するステップにおいては、
【数1】


を計算し、
≧Thsize(Thsizeはプリセット閾値である)の場合に、Uが位置する行はラージフォントサイズの文字行と判断され、H<Thsizeの場合に、Uが位置する行はスモールフォントサイズの文字行と判断され、
前記西洋語画像における前記ラージフォントサイズの文字行の行数Nlargeと前記スモールフォントサイズの文字行の行数Nsmallとを統計し、
large≧Nsmallの場合に、前記西洋語画像は前記ラージフォントサイズテキストに対応すると判断され、Nlarge<Nsmallの場合に、前記西洋語画像は前記スモールフォントサイズテキストに対応すると判断されることを特徴とする請求項3に記載の方法。

【請求項6】
Thsize=88に設定することを特徴とする請求項5に記載の方法。

【請求項7】
前記単語グループを透かし画像ブロックに対応する複数の部分に均等に分割するステップにおいては、
単語列が投影する有効長さに基づいて前記単語グループを一定の数の部分に均等に分け、
前記数の部分の幅と、位置する文字の最大高さとを組合せて新たな外接長方形の枠が形成され、前記外接長方形の枠は透かし画像ブロックに対応することを特徴とする請求項1に記載の方法。

【請求項8】
西洋語画像を行列分割前に、
前記西洋語画像を取得し、
前記西洋語に対してノイズ除去処理を行い、2値化の前記西洋語画像を取得することを特徴とする請求項1に記載の方法。

【請求項9】
西洋語の透かし処理をするための透かし画像の分割装置であって、
西洋語画像を行列分割によって複数の文字画像ブロックを取得する分割モジュールと、
前記文字画像ブロックから有効な文字画像ブロックを識別する識別モジュールと、
前記西洋語画像はラージフォントサイズテキストに対応するか、スモールフォントサイズテキストに対応するかを判断するように、前記有効な文字画像ブロックのサイズを統計する統計モジュールと、
前記ラージフォントテキストと前記スモールフォントテキストに対して、それぞれ、異なる単語数でグループ分けを行うグループ分けモジュールと、
グループ分けされた単語グループを透かし画像ブロックに対応する複数の部分に均等に分割する均等分割モジュールと、
を備えることを特徴とする装置。

【請求項10】
前記識別モジュールは、
条件1:w>Nt1×H
条件2:Uの下端と上端がどちらもmの同じ側に位置する
条件3:Uの下端と上端がそれぞれにmの両側に位置し、かつ、w<Nt2×H
を満足するかを判断する判断モジュールと、
条件1~3のいずれか1条件を満足する場合に、Uに対応する前記文字画像ブロックを句読点画像ブロックと判断し、条件1~3のいずれも満足しない場合に、Uに対応する前記文字画像ブロックを有効な文字画像ブロックと判断する確定モジュールとを備えており、
ここで、Uが前記文字画像ブロックの集合Ωにおける前記文字画像ブロックの外接長方形の枠であり、HはUが位置する行の行高さであり、mはUが位置する中線であり、hとwはそれぞれUの高さと幅であり、Nt1とNt2はプリセット係数であることを特徴とする請求項9に記載の装置。

【請求項11】
前記統計モジュールは、
【数2】


を計算する計算モジュールと、
≧Thsize(Thsizeはプリセット閾値である)の場合に、Uが位置する行をラージフォントサイズの文字行と判断し、H<Thsizeの場合に、Uが位置する行をスモールフォントサイズの文字行と判断する行確定モジュールと、
前記西洋語画像における前記ラージフォントサイズの文字行の行数Nlargeと前記スモールフォントサイズの文字行の行数Nsmallとを統計する行数統計モジュールと、
large≧Nsmallの場合に、前記西洋語画像を前記ラージフォントサイズテキストに対応すると判断し、Nlarge<Nsmallの場合に、前記西洋語画像を前記スモールフォントサイズテキストに対応すると判断するテキスト確定モジュールと、
を備えることを特徴とする請求項10に記載の装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2013545033thum.jpg
出願権利状態 登録
分野
  • 電気
  • 物理学
※ 特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close