TOP > 中国の大学の特許 > 北京大学の特許一覧 > 文書印刷管理および制御と文書ソーストラッキングとのための方法およびシステム

文書印刷管理および制御と文書ソーストラッキングとのための方法およびシステム

国内特許コード P150011774
掲載日 2015年3月30日
出願番号 特願2013-546578
公表番号 特表2014-504755
登録番号 特許第5721860号
出願日 平成23年12月27日(2011.12.27)
公表日 平成26年2月24日(2014.2.24)
登録日 平成27年4月3日(2015.4.3)
国際出願番号 CN2011084760
国際公開番号 WO2012089109
国際出願日 平成23年12月27日(2011.12.27)
国際公開日 平成24年7月5日(2012.7.5)
優先権データ
  • 201010622221.4 (2010.12.27) CN
発明者
  • ▲チー▼ 文 法
  • 韓 書 昌
  • 王 高 陽
  • 王 立 東
  • 楊 斌
出願人
  • 北大方正集▲団▼有限公司
  • 北京大学
  • 北京北大方正▲電▼子有限公司
  • 北京北大方正技術研究院有限公司
発明の名称 文書印刷管理および制御と文書ソーストラッキングとのための方法およびシステム
発明の概要 本発明は、文書印刷管理および制御とソーストラッキングとのための方法およびシステムを提供する。印刷管理サービスプログラムがサーバ側に導入され動作される。印刷監視サービスプログラムがクライアント側に導入され動作される。印刷管理サービスプログラムは、クライアント側情報を保存し、クライアント側コンピュータを監視しかつ管理し、印刷管理方針を設定し、動作命令をクライアントに送出することを担当する。印刷監視サービスプログラムは、クライアント側情報を収集し、クライアント側情報をサーバ側に送り、動作命令を行なうことを担当する。印刷管理方針を設定することは、クライアント側コンピュータのモデルおよび名前、プリンタの種類、アプリケーションの種類、ならびに印刷された文書の機密レベルのうち少なくとも1つを認可することと、タイトルの、取り扱いが難しい単語および文書ソーストラッキング情報を設定することとを含む。本発明によって、クライアント側の印刷動作の制御を強化することができ、印刷管理方針を設定する柔軟性を高めることができ、有効な文書ソーストラッキングおよびコンテンツ監査手段が提供され、それにより重要な紙文書がランダムに印刷され、不法に広められることが防がれる。
従来技術、競合技術の概要



発明の背景

デジタル技術の急速な発展により、現在、多くの産業および個人が電子文書を一般に使用してデータを処理し情報を保存している。電子文書のコンテンツは、印刷、複写などによって一般に紙に表示され、読まれ、そして配布される。しかしながら、通常大量の機密情報(契約、秘密、および同様の重要文書など)に携わる企業および機関、政党および政府系機関、ならびに国家安全保障に関連する部門などにとって、多くの重要な情報または機密情報がこれらの紙文書によって漏洩される可能性が非常に高い。したがって、印刷、複写、および同様の動作によって生成された紙文書によって引起される文書情報の漏洩を防ぐ何らかのセキュリティ対策を取ることが必要である。しかしながら、各ユニットのビジネス量の漸進的な増大、ユニットサイズの連続的な拡張、および職員数の増加によって、様々な管理のコストおよび難しさが増大し、管理者またはリーダーにとってユニット内で文書の印刷状況を適時に制御することは難しく、セキュリティ対策に対する大きな課題をある程度もたらし、重要な文書情報の漏洩の可能性が増大する。さらに、印刷された紙文書およびそれらの複写について、一般に、文書ソーストラッキング情報の不足によって、文書印刷のソースを識別することも印刷コンテンツを監査することもできず、紙文書の自由な印刷および故意または故意でない不法な配布につながり、文書印刷管理および制御における難しさをさらに増大させる。したがって、電子文書の印刷プロセス管理および制御、文書ソーストラッキングおよびコンテンツ監査についての研究が重要であり、困難な課題である。





現在、プリンタは基本的に、ローカルプリンタ、共有プリンタ、ネットワークプリンタ、および仮想プリンタの4種類に分類することができる。通常の企業および機関については共有プリンタ、ネットワークプリンタおよび仮想プリンタが一般的に印刷に使用され、保安施設などの機密性要件が高い企業および機関(たとえば軍隊)については、事業要件または安全性を考慮して、ネットワーク印刷のような手段はめったに使用されず、ローカルプリンタが印刷に使用される状況が多い。つまり各クライアントコンピュータは、プリントアウトするために物理的なプリンタに直接接続され、それ自身の印刷された文書をそれぞれ管理し、それらの間の情報漏洩の問題を回避する。

産業上の利用分野



発明の分野

本発明は、文書印刷管理および制御の技術分野に関し、特に、文書印刷管理および制御と文書ソーストラッキングとのための方法およびシステムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
文書印刷管理および制御のための方法であって、
サーバ上に印刷管理サービスプログラムを導入し動作させるステップを含み、前記印刷管理サービスプログラムは、クライアント情報を保存し、クライアントコンピュータを監視しかつ管理し、印刷管理方針を設定し、前記印刷管理方針を行う動作命令をクライアントに送信するために使用され、さらに、
クライアント上に印刷監視サービスプログラムを導入し動作させるステップを含み、前記印刷監視サービスプログラムは、クライアント情報を収集し、収集された前記クライアント情報を前記サーバに送り、前記サーバから送信された前記動作命令を行ない、印刷動作を管理するために使用され、
前記サーバ上に導入された前記印刷管理サービスプログラムおよび前記クライアント上に導入された前記印刷監視サービスプログラムは、
クライアントコンピュータが再起動するたびに、前記クライアント上の前記印刷監視サービスプログラムがクライアント情報を収集し、収集された前記クライアント情報を前記サーバに送るステップと、
前記サーバ上の前記印刷管理サービスプログラムが前記クライアント情報を保存し、クライアントコンピュータの電源オン状態および前記印刷監視サービスプログラムの動作状態を監視しかつ管理するステップと、
前記サーバ上の前記印刷管理サービスプログラムが前記印刷管理方針を設定し、前記印刷管理方針を行なう動作命令を前記クライアントに送信するステップであって、前記印刷管理方針は、クライアントプリンタのモデルおよび名前、プリンタの種類、アプリケーションプログラムの種類、ならびに印刷文書の機密レベルのうち少なくとも1つを認可することを含むステップと、
前記クライアント上の前記印刷監視サービスプログラムが前記サーバから送信された前記動作命令を行ない、印刷動作を管理するステップと、にしたがって文書印刷管理および制御動作を行なう、方法。

【請求項2】
前記クライアント上の前記印刷監視サービスプログラムが前記収集されたクライアント情報を前記サーバに送る際、前記印刷監視サービスプログラムは、同じクライアント情報が、前記サーバによって特定されたクライアント情報データベースに存在するかどうかを確認し、前記同じクライアント情報が前記クライアント情報データベースに存在しない場合、前記クライアント情報は前記クライアント情報データベースに保存されることを特徴とする、請求項1に記載の方法。

【請求項3】
前記クライアント情報は、前記クライアントのユーザ名、コンピュータのIPアドレス、ネットワークカードMACアドレス、およびすべてのインストールされたプリンタのリスト情報を含むことを特徴とする、請求項1または2に記載の方法。

【請求項4】
前記サーバ上の前記印刷管理サービスプログラムは、
前記クライアントコンピュータがオンであるかどうかを検出するステップと、
前記クライアントコンピュータが電源オン状態にある場合、前記クライアント上の前記印刷監視サービスプログラムが正常に動作しているかどうかをさらに検出するステップと、
前記クライアントコンピュータが電源オン状態にあるが前記クライアント上の前記印刷監視サービスプログラムが異常に動作している場合、管理者にエラーメッセージを送るステップと、にしたがって、前記クライアントコンピュータの電源オン状態および前記印刷監視サービスプログラムの動作状態を監視しかつ管理することを特徴とする、請求項1に記載の方法。

【請求項5】
プリンタの種類は、ローカルプリンタ、共有プリンタ、ネットワークプリンタ、および仮想プリンタのうち少なくとも1つを含むことを特徴とする、請求項1に記載の方法。

【請求項6】
前記サーバ上の前記印刷管理サービスプログラムは前記印刷管理方針を設定し、文書タイトルの中の印刷による漏洩を制限されるべき取り扱いが難しい単語を設定し、かつ文書タイトル中に存在する当該取り扱いが難しい単語を有する印刷ジョブが正常に印刷されることを制限すること、または前記印刷ジョブを手動のレビューに向けて自動的に変換して前記印刷ジョブ管理者によって承認された後でのみ印刷することができることをさらに含むことを特徴とする、請求項1に記載の方法。

【請求項7】
前記クライアント上の前記印刷監視サービスプログラムが前記印刷動作を管理するステップは、
前記クライアントのユーザが文書編集アプリケーションプログラムを開き、印刷ジョブを出力するためのプリンタを選択すると、前記クライアント上の前記印刷監視サービスプログラムは、印刷動作命令を傍受し、印刷ジョブ情報を抽出し、前記サーバから送信された前記動作命令を連続して実行して、前記サーバ上の前記印刷管理サービスプログラムにおいて設定された前記印刷管理方針中の認可条件に印刷動作が合致しているかどうかを判定し、前記認可条件に合致しない不法な印刷動作を終了するステップを含み、前記印刷ジョブ情報は、印刷時間、コンピュータのIPアドレス、ユーザ名、アプリケーションプログラム名、プリンタの種類、プリンタ名、文書タイトル、複写枚数、および印刷ページ数のうち少なくとも1つを含み、さらに、
合法な印刷ジョブについて、前記印刷監視サービスプログラムが前記印刷ジョブ情報を記録し、前記印刷ジョブ情報を情報記録として印刷ジョブ情報データベースに保存し、前記情報記録を識別するデータベースキー値を戻すステップと、
前記印刷監視サービスプログラムがJOB-RESUMEメッセージを送りプリンタが印刷することをページごとに制御し、印刷された文書またはその一部の各ページのデータストリームを連続して傍受するステップと、
前記合法な印刷動作の処理を終了した後、前記印刷監視サービスプログラムが、前記印刷された文書またはその一部の各ページの傍受されたデータストリームをイメージフォーマットで記録し、戻されたデータベースキー値にしたがって、バックアップのためにこのイメージ文書をファイルサーバにアップロードするステップと、を含むことを特徴とする、請求項1に記載の方法。

【請求項8】
前記サーバ上の前記印刷管理サービスプログラムは前記印刷管理方針を設定し、文書ソーストラッキング情報を設定することをさらに含むことを特徴とする、請求項7に記載の方法。

【請求項9】
前記サーバ上の前記印刷管理サービスプログラムが前記文書ソーストラッキング情報を設定するステップは、
文書ソーストラッキング情報が埋込まれるかどうかが期間の相違にしたがって設定されるステップと、
文書ソーストラッキング情報が埋込まれるかどうかがアプリケーションプログラムの相違にしたがって設定されるステップと、
埋込まれた文書ソーストラッキング情報のキャリアタイプが設定されるステップと、
単位コード情報が前記文書ソーストラッキング情報として指定されるステップと、を含むことを特徴とする、請求項8に記載の方法。

【請求項10】
前記キャリアタイプは、文書自身のコンテンツ中の単語、イメージ、テーブル、および余分な情報キャリアのうち少なくとも1つを含むことを特徴とする、請求項9に記載の方法。

【請求項11】
前記余分な情報キャリアは、ドットおよび/または一次元もしくは二次元バーコードを摂動させることを特徴とする、請求項10に記載の方法。

【請求項12】
前記プリンタがメインページを印刷する際、前記印刷監視サービスプログラムは、透かし埋込みアルゴリズムを使用して、印刷された紙文書に前記文書ソーストラッキング情報を埋込むことを特徴とする、請求項9に記載の方法。

【請求項13】
前記文書ソーストラッキング情報は、サーバによって指定された前記単位コード情報、前記戻されたデータベースキー値、および前記印刷ジョブ情報に含まれるいずれかのアイテム、またはそれらの組合せのうち少なくとも1つを含むことを特徴とする、請求項12に記載の方法。

【請求項14】
文書ソーストラッキングのための方法であって、
請求項13に記載の文書印刷管理および制御のための方法を実行して、印刷された紙文書に前記文書ソーストラッキング情報を埋込むステップと、
印刷されたかまたは複写された紙文書をスキャナによって電子フォーマットのイメージデータ文書に変換するステップと、
前記文書ソーストラッキング情報を埋込むのに使用される透かし埋込みアルゴリズムに対応する識別アルゴリズムを動作させて、前記文書ソーストラッキング情報を検出するステップと、
検出された文書ソーストラッキング情報中の前記単位コード情報にしたがって、かつ/または検出された前記文書ソーストラッキング情報中の前記データベースキー値にしたがって、前記印刷ジョブ情報データベースにおいて問合せされた前記印刷ジョブ情報から印刷文書のソースを識別するステップと、
検出された文書ソーストラッキング情報中の前記データベースキー値を使用して前記ファイルサーバからイメージ文書バックアップをダウンロードし、ダウンロードされた前記イメージ文書が前記印刷された紙文書と比較されるステップと、を含む方法。

【請求項15】
文書印刷管理および制御と文書ソーストラッキングとのためのシステムであって、
印刷管理サービスプログラムが導入されるサーバを含み、前記印刷管理サービスプログラムは、クライアント情報データベースを保存し、クライアントコンピュータを監視しかつ管理し、印刷管理方針を設定し、前記印刷管理方針を実行する動作命令をクライアントに送信するために使用され、前記クライアント情報データベースは、前記クライアントによって収集されたクライアント情報を保存するために使用され、さらに、
印刷監視サービスプログラムが導入される前記クライアントを含み、前記印刷監視サービスプログラムは、前記クライアント情報を収集し、収集された前記クライアント情報を前記サーバに送り、前記サーバから送信された前記動作命令を実行して印刷動作を管理するために使用され、さらに、
前記クライアントによって収集された前記クライアント情報を保存するために使用される前記クライアント情報データベースと、
印刷ジョブ情報を保存するために使用される印刷ジョブ情報データベースと、
文書またはその一部のイメージ文書の各ページの傍受されたデータストリームを保存しかつ記録するために使用されるファイルサーバと、を含み、
前記印刷管理サービスプログラムを導入された前記サーバ、および、前記印刷監視サービスプログラムを導入された前記クライアントは、文書印刷管理および制御動作を行ない、そこでは、
クライアントコンピュータが再起動するたびに、前記クライアント上の前記印刷監視サービスプログラムは、クライアント情報を収集し、収集された前記クライアント情報を前記サーバに送信し、
前記サーバ上の前記印刷管理サービスプログラムは、前記クライアント情報を保存し、クライアントコンピュータの電源オン状態および前記印刷監視サービスプログラムの動作状態を監視しかつ管理し、
前記サーバ上の前記印刷管理サービスプログラムは、前記印刷管理方針を設定し、前記印刷管理方針を行なう動作命令を前記クライアントに送信し、前記印刷管理方針は、クライアントプリンタのモデルおよび名前、プリンタの種類、アプリケーションプログラムの種類、ならびに印刷文書の機密レベルのうち少なくとも1つを認可し、
前記クライアント上の前記印刷監視サービスプログラムは、前記サーバから送信された前記動作命令を行ない、印刷動作を管理する、システム。
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2013546578thum.jpg
出願権利状態 登録
分野
  • 物理学
※ 特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close