TOP > 中国の大学の特許 > 北京大学の特許一覧 > 間欠輪転印刷装置における多色インクジェット印刷を制御するための方法およびシステム

間欠輪転印刷装置における多色インクジェット印刷を制御するための方法およびシステム

国内特許コード P150011775
掲載日 2015年3月30日
出願番号 特願2013-546581
公表番号 特表2014-504563
登録番号 特許第5808821号
出願日 平成23年12月30日(2011.12.30)
公表日 平成26年2月24日(2014.2.24)
登録日 平成27年9月18日(2015.9.18)
国際出願番号 CN2011084978
国際公開番号 WO2012089151
国際出願日 平成23年12月30日(2011.12.30)
国際公開日 平成24年7月5日(2012.7.5)
優先権データ
  • 201010623654.1 (2010.12.30) CN
発明者
  • 黄 建 梅
  • 楊 涛
  • 陳 峰
出願人
  • 北大方正集▲団▼有限公司
  • 北京大学
  • 北京北大方正▲電▼子有限公司
  • 北京北大方正技術研究院有限公司
発明の名称 間欠輪転印刷装置における多色インクジェット印刷を制御するための方法およびシステム
発明の概要 間欠輪転印刷装置においてデジタルインクジェット印刷装置に多色インクジェット印刷を実行させるための制御方法を開示した。制御方法は、以下のステップを含む。現在のページが最初のページであるかを判断し、YESの場合、ページの長さから画像形成要素群と基準との間の距離を減算することにより、現在のページに印刷される画像の長さを計算し、基準は、印刷物の移動方向において最初に印刷を行う画像形成要素群であり、上記の距離だけ遅延してから、現在のページの、計算された長さをその長さとする画像のデータを取得し、NOの場合、前のページにまだ印刷されていない、上記距離をその長さとする画像のデータ、および、現在のページの、上記計算された長さをその長さとする画像のデータを取得する。それに応じて、制御システムを開示した。開示した方法およびシステムは、デジタルインクジェット印刷技術を従来の印刷技術と融合することにより、従来の印刷技術の印刷効率を維持するとともに、誘電材料の利用率を大きく向上させた。
従来技術、競合技術の概要



デジタルインクジェット印刷技術は、直接にデータを転送、処理および印刷する方法であり、従来の印刷工程における製版および校正作業を省くとともに、コンピュータ技術および制御技術を導入することにより、印刷工程を簡略化かつ高速化し、印刷される対象物に柔軟に対応することができる。印刷物に対する画像形成要素の移動方式としてはさまざまな方式があるが、本明細書で言及されるデジタルインクジェット印刷装置は、画像形成要素が移動せず、印刷物が画像形成要素に対して移動してインクジェット印刷により画像を形成するものを指す。画像形成要素自身の解像度および幅の制限があるため、このようなデジタルインクジェット印刷装置において、主に、ずらした位置で画像形成要素を重ねる配置を利用することにより解像度を向上させ、画像形成要素をつなぎ合わせることにより印刷幅を拡大する。デジタルインクジェット印刷装置は、非接触印刷を採用し、かつ、印刷工程においてインク液滴の画像形成位置を正確に制御する必要があるため、現時点では、デジタルインクジェット印刷装置は、主に全輪転印刷装置または枚葉給紙印刷装置に応用され、すなわち、印刷物が単一方向に移動する印刷装置に主に応用され、印刷物の移動が比較的複雑である印刷装置(たとえば、従来の印刷工程に用いられた間欠輪転印刷装置)においてその応用が比較的少ない。

産業上の利用分野



本発明は、デジタルインクジェット印刷技術分野に関し、特に間欠輪転印刷装置においてデジタルインクジェット印刷装置を制御して多色インクジェット印刷を実行させるための方法およびシステムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
間欠輪転印刷装置においてデジタルインクジェットユニットに多色インクジェット印刷を実行させるための制御方法であって、前記デジタルインクジェットユニットは、複数の画像形成要素群を含み、前記制御方法は、画像形成要素群の各々に対し、それぞれ以下の制御操作を実行し、
印刷される現在のページが印刷されるジョブの最初のページであるかを判断し、
現在のページが最初のページである場合、ジョブのページの予め定められた有効印刷長さから、画像形成要素群の位置と基準の位置との間の印刷物の移動方向における距離を減算することにより、現在のページに印刷される画像の長さを計算し、前記基準は、印刷物の移動方向において最初に印刷を行う画像形成要素群であり、前記距離だけ遅延してから、現在のページの、前記計算された長さをその長さとする画像のデータを画像データを格納するデータ格納空間から取得し、取得した前記画像のデータを前記デジタルインクジェットユニットに送信して印刷を実行させ、
現在のページが最初のページではない場合、前のページにまだ印刷されていない、前記距離をその長さとする画像のデータ、および、現在のページの、前記計算された長さをその長さとする画像のデータを前記データ格納空間から取得し、取得したデータを前記デジタルインクジェットユニットに送信して印刷を実行させ、および
現在のページがジョブの最後のページであるかを判断し、現在のページがジョブの最後のページではない場合、上記制御操作を繰返す、制御方法。

【請求項2】
前記制御操作はさらに、前記刷において、印刷された画像の長さを前記計算された長さと比較して現在のページの印刷が完了したかを判断するステップを含む、請求項1に記載の制御方法。

【請求項3】
各画像形成要素群により印刷される画像のデータは、異なるデータ格納空間に別々に格納される、請求項1または請求項2に記載の制御方法。

【請求項4】
間欠輪転印刷装置においてデジタルインクジェットユニットに多色インクジェット印刷を実行させるための制御システムであって、前記デジタルインクジェットユニットは、複数の画像形成要素群を含み、前記制御システムは、画像形成要素群をそれぞれ制御するための制御装置を含み、前記制御装置は
印刷するジョブのページの予め定められた有効印刷長さおよび前記制御装置に制御される画像形成要素群の位置と基準の位置との間の印刷物の移動方向における距離を格納するためのレジスタスタックを含み、前記基準は、印刷物の移動方向において最初に印刷を行う画像形成要素群であり、
印刷される現在のページが最初のページであるかを判断するための判断ユニットと、
前記判断ユニットが現在のページが最初のページであると判断すると、前記距離を選択し、前記判断ユニットが現在のページが最初のページではないと判断すると、ゼロを選択するための選択スイッチと、
前記レジスタスタックに格納された前記有効印刷長さから前記選択スイッチの選択結果を減算することにより、現在のページに印刷される画像の長さを得るための減算器と、
記選択スイッチの選択結果に対応する初期値からスタートし、計数値がゼロになるまで1つの単位距離だけ遅延する毎に、計数値から1を減らすように、遅延数を数えるための計数器と、
計数値がゼロになると、印刷される現在のページの画像のデータをジョブの画像のデータを格納するデータ格納空間から以下の方法で取得し、すなわち、前記判断ユニットが現在のページが最初のページであると判断すると、現在のページの、前記減算器の値をその長さとする画像のデータを取得し、前記判断ユニットが現在のページが最初のページでは
ないと判断すると、前のページのまだ印刷されていない、前記レジスタスタックに格納された前記距離をその長さとする画像のデータ、および、現在のページの、前記減算器の値から前記距離を減算することにより得られた値をその長さとする画像のデータを取得し、取得した前記画像のデータを前記デジタルインクジェットユニットに送信して印刷を実行させるためのデータ読取りユニットとを含み、
前記印刷の実行では、前記印刷物は前記移動方向において移動する、制御システム。

【請求項5】
前記制御装置はさらに、
1つの単位距離のデータを印刷する毎に、加算器の値が1だけ増加されるように、印刷された画像の長さを計算するための加算器と、
前記加算器の値と前記減算器の値とを比較することにより、現在のページの印刷が完了したかを判断するための比較器とを含む、請求項に記載の制御システム。

【請求項6】
各画像形成要素群により印刷される画像のデータは、異なるデータ格納空間に別々に格納される、請求項に記載の制御システム。

【請求項7】
前記判断ユニットは、第2計数器および第2比較器を含み、前記第2計数器は、印刷されたページ数を数え、前記第2計数器の初期値がゼロであり、第2比較器は、第2計数器の値を1と比較し、第2計数器の値が1よりも小さい場合現在のページが最初のページであると判断し、そうでない場合現在のページが最初のページではないと判断する、請求項4~請求項6のいずれか1項に記載の制御システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2013546581thum.jpg
出願権利状態 登録
分野
  • 処理操作;運輸
※ 特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close