TOP > 中国の大学の特許 > 北京大学の特許一覧 > 間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリント制御方法及び装置

間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリント制御方法及び装置

国内特許コード P150011796
掲載日 2015年3月30日
出願番号 特願2014-516187
公表番号 特表2014-520009
登録番号 特許第6017554号
出願日 平成24年12月28日(2012.12.28)
公表日 平成26年8月21日(2014.8.21)
登録日 平成28年10月7日(2016.10.7)
国際出願番号 CN2012087897
国際公開番号 WO2013097776
国際出願日 平成24年12月28日(2012.12.28)
国際公開日 平成25年7月4日(2013.7.4)
優先権データ
  • 201110457705.2 (2011.12.30) CN
発明者
  • 周正生
  • 沈宏
  • 陳峰
  • 劉志紅
出願人
  • 北大方正集▲団▼有限公司
  • 北京大学
  • 北京北大方正▲電▼子有限公司
発明の名称 間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリント制御方法及び装置
発明の概要 本発明は、間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリント制御方法と装置を開示した。間欠型印刷設備の作業特性に基づき、当該方法は、隣接する異なる色のカラーグループモジュール間の距離と間欠型印刷設備ユニフォーム運転距離との関係を制御することにより、間欠型印刷の際の塗り重ね、各色オーバープリントが正確でないという問題を克服する。この他に、当該方法は、前記測定した同カラーグループのインクジェット印刷が第1周期であるか否かに基づき、異なるインクジェット印刷方式を設定する。これにより、被印刷体メディアの浪費、印刷データが連続しないという問題を解決する。当該方法は、前記被印刷体メディアの独特な運転方式を結合し、マルチカラーで示達インクジェット印刷を実現し、印刷効率を保証するという基礎の上に、印刷コンテンツを柔軟に変化させる。
従来技術、競合技術の概要


間欠型輪転機型印刷機は主に近年感圧ラベル印刷業界にて現れた新型設備である。市場の発展に伴い、クライアントの個性的なラベルへのニーズも日増しに高まっており、伝統的な印刷過程の製版とサンプル作成ステップは煩雑でコストも高い。デジタルインクジェット印刷はコンピュータ技術と制御技術の導入であり、インクジェット印刷データを直接伝送、処理、噴射する方式は印刷過程を簡単簡約にし、印刷品内容も柔軟に変化できる。



複数デジタルインクジェット印刷設備の作業過程において、被印刷媒体は現像パーツに対応する運転により連続印刷を実現する。現像パーツ自身の解像度および幅の制限を受け、複数デジタルインクジェット印刷設備は転位重ね合わせの方式を用いて解像度を高める、横向きスプライスにより印刷幅を増やす。デジタルノズル印刷設備はさらに異なる色の現像パーツを増やすことによりカラー印刷を実現できる。具体的に、デジタルインクジェット印刷設備が用いるのは非接触型印刷方式であり、印刷過程において制御技術により被印刷体材料における液滴位置を正確に制御しなければならない。よって、デジタルインクジェット印刷は一般的に輪転設備と結合し、被印刷媒体における液滴の正確な位置を制御しやすくなる。しかし、マルチカラーデジタルインクジェット印刷の被印刷媒体運転状況が複雑な間欠型印刷設備における応用は市場では未だ現れていない。

産業上の利用分野


本出願は2011年12月30日に、中国特許局に提出し、出願番号が201110457705.2であり、発明名称が「間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリント制御方法と装置」である中国特許出願を基礎とする優先権を主張し、その開示の総てをここに取り込む
本発明はデジタルインクジェット印刷分野に関し、特に間欠型輪転機型印刷設備に適用できるマルチカラーの正確なオーバープリント制御方法及び装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
間欠型印刷設備の間欠型運転周期におけるユニフォームセグメント開始時間信号を獲得するステップ(1)と、
間欠型印刷設備がユニフォームセグメント開始時間信号を検出した場合、作業開始を設定し、第1カラーグループモジュールは、ユニフォームセグメント終了時間までのインクジェット印刷を開始するステップ(2)と、
現在のカラーグループモジュールのユニフォームセグメント運転終了後から、ユニフォームセグメント開始時間信号が始まる時、次のカラーグループモジュールのユニフォームセグメント終了時間までのインクジェット印刷を開始するステップ(3)とを備え、
全ての色のカラーグループモジュール印刷終了までステップ(3)を繰り返し、
カラーグループモジュールは、同色の複数カラーグループモジュールの現像パーツが前後交替する「品」字形で配置され、隣接する現像パーツの被印刷媒体の進行方向における距離をdとし、0<d<Lであり、Lがユニフォームセグメント運転距離であるモジュールであり、
同カラーグループモジュール間欠型印刷設備のユニフォームセグメントにおけるインクジェット印刷は、
インクジェット印刷を開始する時、まず、間欠型印刷の第1周期であるか否かを測定するステップと、
もし第1周期であれば当該カラーグループモジュールの被印刷媒体の進行方向において比較的前にある現像パーツを先にインクジェット印刷し、比較的後ろにある現像パーツが距離dにかかる時間を遅れた後、インクジェット印刷を行うステップと、
もし第1周期でなければ、当該カラーグループモジュールの前後の現像パーツは同時にインクジェット印刷を行うステップとを備えることを特徴とする間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリント制御方法。

【請求項2】
ステップ(1)とステップ(2)の間に、
隣接するカラーグループモジュール間の距離を調節し、隣接するカラーグループモジュール間の距離をユニフォームセグメント運転距離LのN倍とするステップ(1-1)とをさらに備え、
Nは、正整数であることを特徴とする請求項1に記載の間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリント制御方法。

【請求項3】
ステップ(3)において、現在のカラーグループモジュールのユニフォームセグメントの開始時間からN倍ユニフォームセグメント運転時間が経つと、次のカラーグループモジュールは、ユニフォームセグメント開示時間からユニフォームセグメント終了時間までインクジェット印刷を開始することを特徴とする請求項2に記載の間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリント制御方法。

【請求項4】
間欠型印刷の第1周期において、比較的後ろにある現像パーツの印刷を行う距離はL―dであることを特とする請求項1に記載の間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリント制御方法。

【請求項5】
マルチカラーオーバープリントの制御装置であって、
前記装置は、ユニフォームセグメントパラメータ演算モジュールと、第1カラーグループモジュールの噴射モジュールと、その他カラーグループモジュールの噴射モジュールとを備え、
前記ユニフォームセグメントパラメータ演算モジュールは、間欠型印刷設備の間欠型運転周期におけるユニフォームセグメント開始時間信号を獲得し、
前記第1カラーグループモジュールの噴射モジュールは、間欠型印刷設備がユニフォームセグメント開始時間信号を検出した場合、作業開始を設定し、第1カラーグループモジュールは、ユニフォームセグメント終了時間までのインクジェット印刷を開始し、前記カラーグループモジュールは、同色の複数カラーグループモジュールの現像パーツが前後交替する「品」字形で配置され、隣接する現像パーツの被印刷媒体の進行方向における距離をdとし、0<d<Lであり、Lがユニフォームセグメント運転距離であるモジュールであり、
前記その他カラーグループモジュールの噴射モジュールは、現在のカラーグループモジュールのユニフォームセグメント運転終了後から、ユニフォームセグメント開始時間信号が始まる時、次のカラーグループモジュールのユニフォームセグメント終了時間までのインクジェット印刷を開始し、かつ、全ての色のカラーグループモジュール印刷終了までに当該動作を繰り返し、
同カラーグループモジュール間欠型印刷設備のユニフォームセグメントにおけるインクジェット印刷は、
インクジェット印刷を開始する時、まず、間欠型印刷の第1周期であるか否かを測定するステップと、
もし第1周期であれば当該カラーグループモジュールの被印刷媒体の進行方向において比較的前にある現像パーツを先にインクジェット印刷し、比較的後ろにある現像パーツが距離dにかかる時間を遅れた後、インクジェット印刷を行うステップと、
もし第1周期でなければ、当該カラーグループモジュールの前後の現像パーツは同時にインクジェット印刷を行うステップとを備えることを特徴とする間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリントの制御装置。

【請求項6】
隣接するカラーグループモジュール間の距離を調節し、隣接するカラーグループモジュール間の距離をユニフォームセグメント運転距離LのN倍とするカラーグループモジュール距離設定モジュールをさらに備え、
前記Nは正整数であることを特徴とする請求項5に記載の間欠型印刷設備に適用できチカラーオーバープ リントの制御装置。

【請求項7】
前記その他カラーグループモジュールの噴射モジュールは、現在のカラーグループモジュールのユニフォームセグメントの開始時間からN倍ユニフォームセグメント運転時間が経つと、次のカラーグループモジュールは、ユニフォームセグメント開示時間からユニフォームセグメント終了時間までのインクジェット印刷を開始することを特徴とする請求項6に記載の間欠型印刷設備に適用できるマルチカラーオーバープリントの制御装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014516187thum.jpg
出願権利状態 登録
分野
  • 処理操作;運輸
※ 特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close