TOP > 中国の大学の特許 > 北京大学の特許一覧 > 漢字構成方法および装置、文字構成方法および装置、ならびにフォントライブラリ構築方法

漢字構成方法および装置、文字構成方法および装置、ならびにフォントライブラリ構築方法

国内特許コード P150011804
掲載日 2015年3月30日
出願番号 特願2014-523197
公表番号 特表2014-522048
登録番号 特許第5851607号
出願日 平成24年12月31日(2012.12.31)
公表日 平成26年8月28日(2014.8.28)
登録日 平成27年12月11日(2015.12.11)
国際出願番号 CN2012088100
国際公開番号 WO2013097826
国際出願日 平成24年12月31日(2012.12.31)
国際公開日 平成25年7月4日(2013.7.4)
優先権データ
  • 201110459270.5 (2011.12.31) CN
発明者
  • 唐 英 敏
  • 馬 蕾
  • 劉 洋
  • 王 晨 曦
  • 劉 金 ▲ニ▼
  • 欒 瑛
  • 于 萍 萍
出願人
  • 北京大学
  • 北大方正集▲団▼有限公司
  • 北京北大方正▲電▼子有限公司
発明の名称 漢字構成方法および装置、文字構成方法および装置、ならびにフォントライブラリ構築方法
発明の概要 本発明はフォントライブラリの技術分野に関し、漢字構成方法および装置、ならびにフォントライブラリ構築方法を提供し、現在の漢字構成技術は効率が低く、コストが高く、リアルタイムに文字を組織することができないという問題を解決することができる。本発明の漢字構成方法は、構成されるべき漢字の文字コード、コンポーネントコードおよびストラクチャコードを取得し、コンポーネントコードに従って漢字コンポーネントライブラリから漢字コンポーネントを抽出することを含み、ストラクチャコードは、漢字の構造および漢字中の漢字コンポーネントの位置を特定し、さらに、ストラクチャコードに従って漢字コンポーネントを使用することによって漢字のグリフデータを生成し、グリフデータを文字コードに整合させることを含む。本発明のフォントライブラリ構築方法は、漢字構成方法を使用することによって漢字に対応するグリフデータおよび文字コードを生成することと、グリフデータを使用することによってフォントライブラリを構築することとを含む。相応して、構造を有するすべての文字に適用可能な文字構成方法、フォントライブラリ構築方法、および文字構成装置も提供される。本発明は、スーパーフォントライブラリを構築するために使用することができる。
従来技術、競合技術の概要



電子装置において、漢字は文字コード(Unicode、GB2312など)の形態で表わされる。しかし、文字コードは電子装置内でのコードにすぎず、漢字をあるフォント(太字体、宋朝体など)で表示するかまたは印刷する必要がある場合は、グリフデータを使用しなければならない。グリフデータは、当該漢字が何の「ように見える」かを特定するために、スケルトンマップ、ビットマップ、ベクトグラムの形態であり得る。漢字のグリフデータを構成し、それを文字コードに対応させるプロセスを「文字構成」と称する。明らかに、異なるフォントライブラリ内の同じ漢字のグリフデータは同じではなく、したがって新しいフォントライブラリを構築するには膨大な量の文字構成作業を行わなければならない。





既存の漢字構成方法は概して、まずフォント設計者が数百個もの一般に使用される漢字を1つのフォントを用いて設計し、次いで当該スタッフがこれらの一般に使用される漢字に基づき、彼らの感覚に従って一ストロークごとに他の漢字のグリフデータを構成し、それらに対して調整を行うようなものである。

産業上の利用分野



本発明はフォントライブラリの技術分野に関し、特に漢字構成方法および装置、文字構成方法および装置、ならびにフォントライブラリ構築方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
漢字構成装置が、構成されるべき漢字の文字コード、コンポーネントコードおよびストラクチャコードを取得し、前記漢字構成装置が、前記コンポーネントコードに従って漢字コンポーネントライブラリから対応する漢字コンポーネントを抽出することを含み、前記ストラクチャコードは、前記漢字の構造および前記漢字中の前記漢字コンポーネントの位置を特定し、さらに、
前記漢字構成装置が、前記ストラクチャコードに従って前記漢字コンポーネントを使用することによって前記漢字のグリフデータを生成し、前記漢字構成装置が、前記漢字のグリフデータを前記漢字の前記文字コードに対応させることを含み、
前記ストラクチャコードに従って前記漢字コンポーネントを使用することによって前記漢字のグリフデータを生成する前記ステップは、
中間グリフを取得するために、前記ストラクチャコードに従って指定された位置に前記漢字コンポーネントを配置するステップ1と、
前記中間グリフのグリフパラメータが所定値を満たすかどうかを判定するステップ2とを含み、イエスであればステップ5に進み、そうでなければステップ3に進み、さらに、
前記グリフパラメータと前記所定値との差に基づいて前記中間グリフを調整するステップ3と、
前記調整された中間グリフのグリフパラメータが前記所定値を満たすかどうか、および調整の回数が限度を越えたかどうかを判定するステップ4とを含み、少なくとも一方がイエスであればステップ5に進み、そうでなければステップ3に戻り、さらに、
前記現在の中間グリフに従って前記漢字のグリフデータを生成するステップ5を含み、
前記グリフパラメータは、前記漢字の高さ、前記漢字の幅、前記漢字のアスペクト比、前記漢字の面積、前記漢字の黒白比、前記漢字の重心、前記コンポーネントの高さ、前記コンポーネントの幅、前記コンポーネントのアスペクト比、前記コンポーネントの面積、前記コンポーネントの黒白比、前記コンポーネントの重心、前記コンポーネント同士の距離、および前記コンポーネント同士のサイズ比のうち少なくとも1つを含む、漢字構成方法。

【請求項2】
構成されるべき漢字の文字コード、コンポーネントコードおよびストラクチャコードを取得する前に、
漢字コンポーネントを取得し、前記漢字コンポーネントにコンポーネントコードを付与して漢字コンポーネントライブラリを構築するステップをさらに含み、前記漢字コンポーネントおよび前記対応するコンポーネントコードは、前記漢字コンポーネントライブラリに記憶される、請求項1に記載の漢字構成方法。

【請求項3】
漢字コンポーネントを取得する前記ステップは、具体的には、漢字コンポーネント取得ユニットによって漢字コンポーネントを取得することであり、前記漢字コンポーネント取得ユニットは、手書き記録装置、画像取得装置、画像処理装置、およびデータ記憶装置のうち少なくとも1つである、請求項2に記載の漢字構成方法。

【請求項4】
漢字コンポーネントライブラリを構成する前記ステップはさらに、
前記漢字コンポーネントライブラリ中の前記漢字コンポーネントのコンポーネントパラメータを取得し、前記コンポーネントパラメータを前記漢字コンポーネントライブラリに記憶することを含み、前記コンポーネントパラメータは、前記コンポーネントの高さ、前記コンポーネントの幅、前記コンポーネントのアスペクト比、前記コンポーネントの面積、前記コンポーネントの黒白比、前記コンポーネントの重心、前記コンポーネントの元の文字、前記コンポーネントの当初の位置、および前記コンポーネントの推奨位置のうち少なくとも1つを含み
前記コンポーネントパラメータは、同じ形状の漢字コンポーネントを選択するのに使用される、請求項2に記載の漢字構成方法。

【請求項5】
前記漢字コンポーネントライブラリにおいて、1つのコンポーネントコードは同じ形状の複数の漢字コンポーネントに対応し、前記コンポーネントコードに従って漢字コンポーネントライブラリから対応する漢字コンポーネントを抽出する前記ステップは、具体的には、前記コンポーネントコードに従って前記コンポーネントコードに対応する同じ形状の複数の漢字コンポーネントを取得し、次いで前記コンポーネントパラメータに従って同じ形状の前記複数の漢字コンポーネントから所望の漢字コンポーネントを抽出することを含む、請求項4に記載の漢字構成方法。

【請求項6】
前記ストラクチャコードは、ISO 10646規格のIDS属性のストラクチャコードである、請求項1に記載の漢字構成方法。

【請求項7】
構成されるべき漢字の文字コード、コンポーネントコードおよびストラクチャコードを取得する前記ステップは、
構成されるべき漢字の文字コード、コンポーネントコードおよびストラクチャコードを入力装置によって取得すること、または、
あらかじめ記憶されたコード対応テーブルから、構成されるべき漢字の文字コード、コンポーネントコードおよびストラクチャコードを取得することを含み、前記あらかじめ記憶されたコード対応テーブルには、構成されるべき漢字の前記文字コード、前記コンポーネントコードおよび前記ストラクチャコードの対応関係が記憶されている、請求項1に記載の漢字構成方法。

【請求項8】
ステップ3において前記中間グリフを調整することは、以下の調整操作、
前記漢字の高さを調整すること、前記漢字の幅を調整すること、前記漢字の面積を調整すること、前記漢字の黒白比を調整すること、前記コンポーネントの高さを調整すること、前記コンポーネントの幅を調整すること、前記コンポーネントの面積を調整すること、前記コンポーネントの黒白比を調整すること、前記コンポーネントの位置を調整することのうち少なくとも1つを含む、請求項に記載の漢字構成方法。

【請求項9】
前記中間グリフのグリフパラメータは、前記中間グリフを分析し算出することによって、または前記漢字コンポーネントライブラリ中の前記漢字コンポーネントの前記コンポーネントパラメータを算出することによって取得される、請求項に記載の漢字構成方法。

【請求項10】
請求項1~のうちいずれかに係る前記漢字構成方法を使用することによって漢字に対応するグリフデータおよび文字コードを生成することと、
前記漢字についての前記取得されたグリフデータを使用することによってフォントライブラリを構築することとを含む、フォントライブラリ構築方法。

【請求項11】
構成されるべき漢字の文字コード、コンポーネントコードおよびストラクチャコードを取得するためのコード取得ユニットを備え、前記ストラクチャコードは前記漢字の構造および前記漢字中の前記漢字コンポーネントの位置を特定し、さらに、
前記コンポーネントコードに従って漢字コンポーネントライブラリから対応する漢字コンポーネントを抽出するための漢字コンポーネント抽出ユニットと、
前記ストラクチャコードに従って前記漢字コンポーネントを使用することによって前記漢字のグリフデータを生成し、前記漢字のグリフデータを前記漢字の前記文字コードに対応させるためのグリフデータ生成ユニットとを備え
前記グリフデータ生成ユニットは、具体的に、
中間グリフを取得するために、前記ストラクチャコードに従って指定された位置に前記漢字コンポーネントを配置するステップ1と、
前記中間グリフのグリフパラメータが所定値を満たすかどうかを判定するステップ2とを実行するために使用され、イエスであればステップ5に進み、そうでなければステップ3に進み、さらに、
前記グリフパラメータと前記所定値との差に基づいて前記中間グリフを調整するステップ3と、
前記調整された中間グリフのグリフパラメータが前記所定値を満たすかどうか、および調整の回数が限度を越えたかどうかを判定するステップ4とを実行するために使用され、少なくとも一方がイエスであればステップ5に進み、そうでなければステップ3に戻り、さらに、
前記現在の中間グリフに従って前記漢字のグリフデータを生成するステップ5と、
前記漢字のグリフデータを前記漢字の文字コードに対応させるステップ6とを実行するために使用され、
前記グリフパラメータは、前記漢字の高さ、前記漢字の幅、前記漢字のアスペクト比、前記漢字の面積、前記漢字の黒白比、前記漢字の重心、前記コンポーネントの高さ、前記コンポーネントの幅、前記コンポーネントのアスペクト比、前記コンポーネントの面積、前記コンポーネントの黒白比、前記コンポーネントの重心、前記コンポーネント同士の距離、および前記コンポーネント同士のサイズ比のうち少なくとも1つを含む、漢字構成装置。

【請求項12】
前記漢字コンポーネントおよび前記対応するコンポーネントコードが記憶される前記漢字コンポーネントライブラリを記憶するための漢字コンポーネントライブラリ記憶ユニットをさらに備える、請求項11に記載の漢字構成装置。

【請求項13】
漢字コンポーネントを取得し、それを前記漢字コンポーネントライブラリ記憶ユニットに提供するための漢字コンポーネント取得ユニットをさらに備える、請求項12に記載の漢字構成装置。

【請求項14】
前記漢字コンポーネント取得ユニットは、手書き記録装置、画像取得装置、画像処理装置、およびデータ記憶装置のうち少なくとも1つである、請求項13に記載の漢字構成装置。

【請求項15】
前記漢字コンポーネントライブラリは前記漢字コンポーネントのコンポーネントパラメータも記憶し、前記コンポーネントパラメータは、前記コンポーネントの高さ、前記コンポーネントの幅、前記コンポーネントのアスペクト比、前記コンポーネントの面積、前記コンポーネントの黒白比、前記コンポーネントの重心、前記コンポーネントの元の文字、前記コンポーネントの当初の位置、および前記コンポーネントの推奨位置のうち少なくとも1つを含み、
前記漢字コンポーネント抽出ユニットはさらに、前記漢字コンポーネントライブラリ中の前記抽出された漢字コンポーネントに対応する前記コンポーネントパラメータを抽出し、所望の漢字コンポーネントに対応する前記コンポーネントパラメータに従って同じコンポーネントコードに対応する同じ形状の前記抽出された複数の漢字コンポーネントから所望の漢字コンポーネントを選択するために使用される、請求項12に記載の漢字構成装置。

【請求項16】
文字構成装置が、構成されるべき文字の文字コード、コンポーネントコードおよびストラクチャコードを取得し、前記文字構成装置が、前記コンポーネントコードに従ってコンポーネントライブラリから対応する文字コンポーネントを抽出することを含み、前記ストラクチャコードは、前記文字の構造および前記文字中の前記文字コンポーネントの位置を特定し、さらに、
前記文字構成装置が、前記ストラクチャコードに従って前記文字コンポーネントを使用することによって前記文字のグリフデータを生成し、前記文字構成装置が、前記文字のグリフデータを前記文字の前記文字コードに対応させることを含み、
前記ストラクチャコードに従って前記文字コンポーネントを使用することによって前記文字のグリフデータを生成する前記ステップは、
中間グリフを取得するために、前記ストラクチャコードに従って指定された位置に前記文字コンポーネントを配置するステップ1と、
前記中間グリフのグリフパラメータが所定値を満たすかどうかを判定するステップ2とを含み、イエスであればステップ5に進み、そうでなければステップ3に進み、さらに、
前記グリフパラメータと前記所定値との差に基づいて前記中間グリフを調整するステップ3と、
前記調整された中間グリフのグリフパラメータが前記所定値を満たすかどうか、および調整の回数が限度を越えたかどうかを判定するステップ4とを含み、少なくとも一方がイエスであればステップ5に進み、そうでなければステップ3に戻り、さらに、
前記現在の中間グリフに従って前記文字のグリフデータを生成するステップ5を含み、
前記グリフパラメータは、前記文字の高さ、前記文字の幅、前記文字のアスペクト比、前記文字の面積、前記文字の黒白比、前記文字の重心、前記コンポーネントの高さ、前記コンポーネントの幅、前記コンポーネントのアスペクト比、前記コンポーネントの面積、前記コンポーネントの黒白比、前記コンポーネントの重心、前記コンポーネント同士の距離、および前記コンポーネント同士のサイズ比のうち少なくとも1つを含む、文字構成方法。

【請求項17】
請求項16に係る前記文字構成方法を使用することによって対応する文字のグリフデータおよび文字コードを生成することと、
前記文字についての前記取得されたグリフデータを使用することによってフォントライブラリを構築することとを含む、フォントライブラリ構築方法。

【請求項18】
構成されるべき文字の文字コード、コンポーネントコードおよびストラクチャコードを取得するためのコード取得ユニットを備え、前記ストラクチャコードは、前記文字の構造および前記文字中の前記文字コンポーネントの位置を特定し、さらに、
前記コンポーネントコードに従ってコンポーネントライブラリから対応する文字コンポーネントを抽出するためのコンポーネント抽出ユニットと、
前記ストラクチャコードに従って前記文字コンポーネントを使用することによって前記文字のグリフデータを生成し、前記文字のグリフデータを前記文字の前記文字コードに対応させるためのグリフデータ生成ユニットとを備える
前記グリフデータ生成ユニットは、具体的に、
中間グリフを取得するために、前記ストラクチャコードに従って指定された位置に前記文字コンポーネントを配置するステップ1と、
前記中間グリフのグリフパラメータが所定値を満たすかどうかを判定するステップ2とを実行するために使用され、イエスであればステップ5に進み、そうでなければステップ3に進み、さらに、
前記グリフパラメータと前記所定値との差に基づいて前記中間グリフを調整するステップ3と、
前記調整された中間グリフのグリフパラメータが前記所定値を満たすかどうか、および調整の回数が限度を越えたかどうかを判定するステップ4とを実行するために使用され、少なくとも一方がイエスであればステップ5に進み、そうでなければステップ3に戻り、さらに、
前記現在の中間グリフに従って前記文字のグリフデータを生成するステップ5と、
前記文字のグリフデータを前記文字の文字コードに対応させるステップ6とを実行するために使用され、
前記グリフパラメータは、前記文字の高さ、前記文字の幅、前記文字のアスペクト比、前記文字の面積、前記文字の黒白比、前記文字の重心、前記コンポーネントの高さ、前記コンポーネントの幅、前記コンポーネントのアスペクト比、前記コンポーネントの面積、前記コンポーネントの黒白比、前記コンポーネントの重心、前記コンポーネント同士の距離、および前記コンポーネント同士のサイズ比のうち少なくとも1つを含む、文字構成装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014523197thum.jpg
出願権利状態 登録
分野
  • 物理学
※ 特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close