TOP > 中国の大学の特許 > 北京大学の特許一覧 > ネットコメントの収集方法およびシステム

ネットコメントの収集方法およびシステム

国内特許コード P150011806
掲載日 2015年3月30日
出願番号 特願2014-532240
公表番号 特表2014-532220
出願日 平成24年12月13日(2012.12.13)
公表日 平成26年12月4日(2014.12.4)
国際出願番号 CN2012086575
国際公開番号 WO2013087005
国際出願日 平成24年12月13日(2012.12.13)
国際公開日 平成25年6月20日(2013.6.20)
優先権データ
  • 201110415749.9 (2011.12.13) CN
発明者
  • ジャン タオ
  • ユー シアオミン
  • ヤン ジエンウー
出願人
  • 北大方正集▲団▼有限公司
  • 北京大学
  • 北京北大方正▲電▼子有限公司
発明の名称 ネットコメントの収集方法およびシステム
発明の概要 本発明は、ネットコメントの収集方法およびシステム開示した。当該方法は、前記ウェブページのエントリーリンクアドレスに対応するウェブページにN個ネットコメントを有するか否かを判断する。ここで、Nは正の整数であるステップと;前記N個ネットコメントを有する場合、前記N個ネットコメントにN個ネットコメントに収集の条件を満たすM個ネットコメントを有するか否かを判断する。ここで、前記MはNより小さいまたは大きい正の整数であるステップと;前記収集の条件を満たすM個ネットコメントを有する場合、前記M個ネットコメントを収集するステップとを備える。
従来技術、競合技術の概要



本出願は、2011年12月13日に中国特許局に提出し、出願番号が201110415749.9であり、発明名称が「ネットコメントの収集方法およびシステム」である中国特許出願を基礎である優先権を主張し、その開示の総てをここに取り込む。





現在、インターネット技術の急速な発展に伴い、インターネットはすでに世界で最大のデータベースとなり、人類のほぼ全ての領域を網羅し、人々の情報獲得、情報交換における重要なプラットフォームとなっている。人々が情報を閲覧しやすくするため、インターネットに基づいた情報検索技術もより深い研究と充足した発展を得た。さらに、ネットワーク世論分析、バーティカル検索の評価等のような情報検索に基づいた関連応用も出現した。これら応用技術は全て、まずウェブページをローカルにダウンロードし、不純物を取り除いて分析に必要な内容を抜き出し、最後にこの基礎の上でさらに分析を行う。





インターネットに公表する情報について、ネットワークユーザーが情報をブラウジング後に自身の考えを発表し、当該情報に対するコメントを形成する。目下のインターネットの普遍性、広汎性および即効性により、ネットコメントは大衆のある事柄への見方を一定程度代表すると言える。これは、世論分析に大きな意義と応用空間を持たせる。

産業上の利用分野



本発明は情報検索とデータ統合技術分野に関し、特にネットコメントの収集方法およびシステムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
ウェブページのエントリーリンクアドレスを取得するステップと、
前記ウェブページのエントリーリンクアドレスに対応するウェブページにN個ネットコメントを有するか否かを判断するステップと、
前記N個ネットコメントを有する場合、前記N個ネットコメントにN個ネットコメントに収集の条件を満たすM個ネットコメントを有するか否かを判断するステップと、
前記収集の条件を満たすM個ネットコメントを有する場合、前記M個ネットコメントを収集するステップとを備え,
前記Nは正の整数であり、
前記MはNより小さいまたは大きい正の整数であることを特徴とするネットコメントの収集方法。

【請求項2】
前記ウェブページのエントリーリンクアドレスの取得は、
前記N個ネットコメントがコメントしたトピックがあるトピックページを取得するステップと、
前記トピックページの特性コードを取得するステップと、
前記トピックがあるチャネルの特性コードを取得するステップと、
前記トピックページの特性コードと前記チャネルの特性コードを接合し、ウェブページのエントリーリンクアドレスを取得するステップとを備えることを特徴とする請求項1に記載のネットコメントの収集方法。

【請求項3】
前記方法は、周期的に前記トピックページのエントリーリンクアドレスを更新することをさらに備えることを特徴とする請求項2に記載のネットコメントの収集方法。

【請求項4】
前記方法は、前記ウェブページでのネットコメントが予定時間を越えても更新がない場合、前記ウェブページのエントリーリンクアドレスを削除することをさらに備えることを特徴とする請求項1に記載のネットコメントの収集方法。

【請求項5】
請求項1に記載した前記N個ネットコメントに収集の条件を満たすM個ネットコメントを有するか否かの判断は、具体的に、NとPの差分値を計算し、もしNがPより大きければ、新たに増えたネットコメントを有することを示すステップをさらに備ええ、
前記新たに増えたネットコメントの個数はNとPの差分値Mであり、Pは前回前記ページにアクセスした際のネットコメントの個数であることを特徴とする請求項1に記載のネットコメントの収集方法。

【請求項6】
前記方法は、前記ページの目下のページに備えるネットコメントの個数Lを計算し、もし前記LがMより小さければ、ページングするページ数を計算し、かつ前記ページ数に対応するページングのリンクを抽出ことさらに備え、
前記Lは正の整数であることを特徴とする請求項5に記載のネットコメントの収集方法。

【請求項7】
前記方法は、前記N個ネットコメントでの各ネットコメントと前記P個ネットコメントでの各ネットコメントをそれぞれ比較し、もし比較結果が異なれば、前記比較結果が異なるM個ネットコメントを抽出することをさらに備えることを特徴とする請求項5に記載のネットコメントの収集方法。

【請求項8】
請求項1に記載した前記N個ネットコメントに収集の条件を満たすM個ネットコメントを有するか否かの判断は、具体的に、前記N個ネットコメントでの各ネットコメントと前記P個ネットコメントでの各ネットコメントをそれぞれ比較し、もし比較結果が異なれば、比較結果が異なるM個ネットコメントは収集の条件を満たすネットコメントであることを確認するステップを備えることを特徴とする請求項1に記載のネットコメントの収集方法。

【請求項9】
前記方法は、抽出した前記M個ネットコメント内容を前記ウェブページと異なるストレージユニットに保存することをさらに備えることを特徴とする請求項1に記載のネットコメントの収集方法。

【請求項10】
ウェブページのエントリーリンクアドレスを取得する、エントリーリンク取得コンポーネントと、
前記ウェブページのエントリーリンクアドレスに対応するウェブページにN個ネットコメントを有するか否かを判断する、第1判断コンポーネントと、
前記N個ネットコメントを有する場合、前記N個ネットコメントにN個ネットコメントに収集の条件を満たすM個ネットコメントを有するか否かを判断する、第2判断コンポーネントと
前記収集の条件を満たすM個ネットコメントを有する場合、前記M個ネットコメントを収集する、内容収集コンポーネントとを備え、
前記Nは正の整数であり、
前記MはNより小さいまたは大きい正の整数であることを特徴とするネットコメントの収集システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2014532240thum.jpg
出願権利状態 公開
分野
  • 物理学
※ 特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close