TOP > 中国の大学の特許 > 北京大学の特許一覧 > ポータブルデバイスの特性に自動的に結合されるデジタル作品をダウンロードする方法

ポータブルデバイスの特性に自動的に結合されるデジタル作品をダウンロードする方法

国内特許コード P150011636
掲載日 2015年3月30日
出願番号 特願2008-541570
公表番号 特表2009-516884
出願日 平成18年4月29日(2006.4.29)
公表日 平成21年4月23日(2009.4.23)
国際出願番号 CN2006000852
国際公開番号 WO2007059664
国際出願日 平成18年4月29日(2006.4.29)
国際公開日 平成19年5月31日(2007.5.31)
優先権データ
  • 200510123594.6 (2005.11.22) CN
発明者
  • タン ヂー
  • ワン チャンチャオ
  • チア アイシア
  • ヂョウ ジン
出願人
  • 北大方正集▲団▼有限公司
  • 北京方正阿▲パ▼比技▲術▼有限公司
  • 北京大学
発明の名称 ポータブルデバイスの特性に自動的に結合されるデジタル作品をダウンロードする方法
発明の概要 ポータブルデバイスの特性に自動的に結合されるデジタル作品をダウンロードする方法が開示され、組み込みシステムを用いてデジタル権利保護の技術に言及する。この方法は、ポータブルデバイスに対するデジタル作品の便利で安全な結合を実現する。ポータブルデバイスの記憶領域は、デジタルコンテンツ、およびポータブルデバイスがネットワーク端末に接続されたあとに自動的に実行される実行可能なプログラムを格納する。この方法により、著作権保護されたデジタルコンテンツが購入または借用され、ポータブルデバイスにダウンロードできる。
従来技術、競合技術の概要 情報技術およびインターネットの発達につれて、より多くのデジタル作品およびデジタル情報が発生している。一方で、様々な著作権侵害の技術が存在するために、作品の所有者に大きな損害を負わせてデジタル作品が違法に使用される可能性がある。デジタル権利管理技術は、所有者の利益を保護し、デジタル作品の使用が該当の所有者の許可のもとにあることを保証するものである。

さらに、専用の電子書籍リーダ、MP3およびMP4プレイヤー、PDA(personal digital assistant)、インテリジェント携帯電話ならびに他のポータブルデバイスの発達と共に、ますます多くのデジタル作品が、それらのポータブルデバイスにおいて使用できる。したがって、デジタル作品がこれらのデバイスで使用されるときに、デジタル作品の著作権の保護が必要となる。

一般に、ポータブルデバイスは、費用効果のためにネットワーキング機能を伴って構成されていない。デジタル作品は、第1にコンピュータにダウンロードされ、次に使用のためにポータブルデバイスに送信されなければならない。デジタル権利管理のために、コンピュータを介してデジタル作品を購入およびダウンロードし、次にポータブルデバイスにそのデジタル作品を送信することは非常に複雑である。インテリジェント携帯電話またはPDAのようないくつかのポータブルデバイスは、インターネットにアクセスできるが、限られたリソースのために、著作権保護されたデジタル作品をダウンロードすることは時間の浪費である。さらに、セキュリティは保証できない。

Sandisk社のBooklockerは、Uディスクの一種である。Booklockerの専用のソフトウェアは、BooklockerがPCに接続されたあとに、電子書籍をダウンロードおよび読み取りするために起動されることが可能である。この処理は非常に便利であるが、以下の理由によりポータブルデバイスに適用できない。第1に、Booklockerは、もともとPCと共に使用されるように設計されている。PCなしではBooklockerは動かない。それとは反対に、ポータブルデバイスは、PCを必要とせずに動くように設計されている。さらに、Booklockerは、そのストレージユニットをダウンロードされた電子書籍を格納するセキュアな領域とオープン領域とに分割する。セキュアな領域内のコンテンツは、このBooklockerによってのみ読み取りおよび書き込みが可能である。しかし、セキュアな領域内に格納されたコンテンツは、Booklockerのいかなる特性によっても結合されない。さらに、Booklockerのセキュアな領域は、Booklockerのソフトウェアにより専用のポートを介して読み取りおよび書き込み可能であり、セキュアな領域内のコンテンツはPCにより読み取りおよび書き込み可能で、これがセキュリティの問題を取り込む可能性がある。

加えて、特許文献1において開示されるように、USBデバイスが大容量ストレージデバイスとして用いられる。この場合、USBデバイスがPCに接続されたあとに、オートラン機能を有するWindows(登録商標)オペレーティングシステムは、USBデバイスが使用のために識別されることができるように、対応するドライバ等を起動する。しかし、この技術は、デジタルコンテンツをダウンロードするのに便利ではない。特に、この技術は、オートラン機能を有するPCにドライバ等をインストールする必要があり、一方でポータブルデバイスは、このPC上にいかなるプログラムもインストールすることなくPCからデータを受信する必要がある。さらに、デジタル権利管理のために、アクセスされるデジタルコンテンツは、ポータブルデバイスの情報と関連付けられる必要がある。したがって、その情報のセキュリティが要求される。USBポートを用いてその情報を送信することは、セキュリティ要件を満たすことができない。

同一出願人によって2004年3月3日に出願され、2005年1月5日に公開された特許文献2が、結合する方法を開示しており、この方法では、デジタル権利保護のハードウェア互換性を達成するために、デジタルコンテンツが、鍵共有メカニズムと組み合わせて、使用されるPCのハードウェア構成に基づいてある範囲において変更するハードウェアで合法的に使用できる。しかし、この方法は、一般的なデバイスに焦点を合わせており、ポータブルデバイスに便利にダウンロードおよび自動的に結合する問題を解決しない。

【特許文献1】国際公開第03/012577号パンフレット「Device-related Software Installation」
【特許文献2】中国特許出願第200410004751.7号明細書「hardware-compatible methods for binding digital works with hardware」

産業上の利用分野 本発明は、組み込みシステムを用いてデジタル作品をダウンロードする技術に関し、より詳細には、ポータブルデバイスの特性をデジタル作品に自動的に結合(bind)することによるデジタル作品の著作権の保護することに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
ポータブルデバイスの特性に自動的に結合されるデジタル作品をダウンロードする方法であって、
i)前記ポータブルデバイス(1)をネットワーク端末(2)に汎用ポートを介して接続するステップであって、前記ポータブルデバイス(1)は、ストレージデバイスとして前記ネットワーク端末により識別されるストレージモジュール(4)および前記ストレージモジュール(4)内に格納される実行可能なプログラムを備え、前記ネットワーク端末は、インターネットにアクセスできる、接続するステップと、
ii)デジタル作品の取引を処理するサーバ(3)にアクセスするために、前記ネットワーク端末(2)により前記実行可能なプログラムを自動的に実行するステップと、
iii)前記ネットワーク端末(2)を介してデジタル作品を購入または借用し、前記デジタル作品を前記ポータブルデバイス(1)にダウンロードするステップであって、前記実行可能なプログラムは、前記デジタル作品がダウンロードのためにクリックされたあとに、前記ポータブルデバイス(1)の特性を暗号化し、次に前記暗号化された特性を前記サーバ(3)に送信し、前記デジタル作品は、前記暗号化された特性が前記デジタル作品に結合されたあとに、前記ポータブルデバイス(1)にダウンロードされるステップと
を含むことを特徴とする方法。

【請求項2】
前記ストレージモジュール(4)は、前記ネットワーク端末により実行可能であるが削除不可能である前記実行可能なプログラムを格納するように構成された読み取り専用ストレージを含むことを特徴とする請求項1に記載の方法。

【請求項3】
前記実行可能なプログラムおよび前記デジタル作品は、前記ネットワーク端末内のストレージデバイスとしてマッピングされる前記ストレージモジュール(4)内に格納されることを特徴とする請求項2に記載の方法。

【請求項4】
前記ポータブルデバイスは、前記ネットワーク端末内の複数のストレージデバイスとしてマッピングされる複数のストレージを備え、少なくとも1つのストレージは、前記実行されるプログラムを格納する読み取り専用ストレージであり、それ以外のストレージは、デジタル作品および他の著作権保護されたデータを格納する読み取り可能および書き込み可能なストレージであることを特徴とする請求項2に記載の方法。

【請求項5】
前記ステップii)およびiii)で、前記サーバ(3)に送信される前記ポータブルデバイスの前記特性は、前記サーバ(3)にログインするための識別子として動作することを特徴とする請求項1に記載の方法。

【請求項6】
前記実行可能なプログラムにより前記サーバ(3)に送信される前記特性は、暗号化されたデータであることを特徴とする請求項5に記載の方法。

【請求項7】
前記実行可能なプログラムが前記サーバ(3)にログインし、前記デジタル作品を購入または借用するインタフェースにアクセスし、前記デジタル作品がダウンロードのためにクリックされたあとに、前記特性は前記デジタル作品に結合され、次に前記ポータブルデバイス(1)の前記特性に結合された前記デジタル作品は、前記ポータブルデバイス(1)の前記ストレージモジュール(4)内に直接ダウンロードおよび格納されることを特徴とする請求項5に記載の方法。

【請求項8】
前記実行可能なプログラムが前記サーバ(3)にログインし、前記デジタル作品を購入または借用するインタフェースにアクセスするためにウェブブラウザを起動し、前記デジタル作品がダウンロードのためにクリックされたあとに、前記特性は前記デジタル作品に結合され、次に前記ポータブルデバイス(1)の前記特性に結合された前記デジタル作品は、前記ポータブルデバイス(1)の前記ストレージモジュール(4)内に直接ダウンロードおよび格納されることを特徴とする請求項5に記載の方法。

【請求項9】
前記ポータブルデバイス(1)の前記送信された特性は前記サーバ(3)内に格納され、前記サーバ(3)により管理され、前記デジタル作品がユーザにより選択されたあとで、前記サーバ(3)は前記ポータブルデバイス(1)の前記送信された特性を用いることにより前記デジタル作品の認証情報を暗号化し、次に前記暗号化されたデジタル作品は前記ポータブルデバイス(1)にダウンロードされることを特徴とする請求項6に記載の方法。

【請求項10】
前記ポータブルデバイス(1)の前記特性は、前記ポータブルデバイスが製造されるときに前記実行可能なプログラム内に書き込まれ、前記実行可能なプログラムにより直接読み取り可能であるか、または前記ポータブルデバイス(1)の前記特性は、前記ポータブルデバイス(1)を前記ネットワーク端末(2)に接続する前記ポートを介して前記実行可能なプログラムにより読み取られることを特徴とする請求項1に記載の方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008541570thum.jpg
出願権利状態 公開
分野
  • 物理学
  • 電気
※ 特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close