TOP > 中国の大学の特許 > 北京大学の特許一覧 > 有機性汚泥の処理方法

有機性汚泥の処理方法

国内特許コード P150011639
掲載日 2015年3月30日
出願番号 特願2009-223601
公開番号 特開2011-072852
登録番号 特許第5317283号
出願日 平成21年9月29日(2009.9.29)
公開日 平成23年4月14日(2011.4.14)
登録日 平成25年7月19日(2013.7.19)
発明者
  • 木村 壮次郎
  • 平山 鋼太郎
  • ▲劉▼▲陽▼生
  • ▲楊▼盛林
  • ▲陳▼子庭
  • 中島 實
出願人
  • 第一高周波工業株式会社
  • 北京大学
  • 北京市奥利▲愛▼得科技▲発▼展有限公司
発明の名称 有機性汚泥の処理方法
発明の概要 【課題】少ない量の生石灰によって有機性汚泥を十分に乾燥することができ、カルシウム含有率の低い乾燥汚泥を得ることができる有機性汚泥の処理方法を提供すること。
【解決手段】有機性汚泥を脱水して脱水汚泥を得る脱水工程と、得られた脱水汚泥と生石灰とをロータリーキルン2に仕込み、脱水汚泥中の水と生石灰との反応熱によって脱水汚泥中の水を蒸発させるとともに、発生する水蒸気をロータリーキルン2から回収して蒸気過熱装置3で過熱し、得られる過熱水蒸気をロータリーキルン2に供給して、脱水汚泥および生石灰と接触させる一次乾燥工程と、一次乾燥工程を経た汚泥をロータリーキルン2から取り出して乾燥する二次乾燥工程とを含む。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要



近年、エネルギー消費量の少ない有機性汚泥の処理方法として、酸素不存在下で汚泥を熱分解して燃料などの炭化物製品とすることが行われており、種々の炭化処理方法が提案されている(特許文献1および2参照)。





有機性汚泥から炭化物を得る場合には、炭化処理する前の汚泥を乾燥する必要がある。また、有機性汚泥を他の用途に供する場合においても、含水率が90~100質量%程度である有機汚泥を乾燥して、含水率が20~30質量%程度の乾燥汚泥を得る必要がある。





有機性汚泥から乾燥汚泥を得る方法としては、通常、脱水機によって機械的に脱水して含水率が75質量%程度の脱水汚泥とし、この脱水汚泥を加熱乾燥することが行われている(特許文献1-3参照)。





ここに、脱水汚泥を加熱乾燥する方法としては、加熱式乾燥機などを用いて脱水汚泥に熱エネルギーを付与する方法、脱水汚泥に生石灰を接触させて、脱水汚泥中の水と生石灰との反応熱を利用して脱水汚泥中の水を蒸発させる方法がある。





生石灰と水との反応熱を利用する乾燥処理は、脱水汚泥と生石灰とを攪拌混合機(反応器)に仕込み、脱水汚泥中の水と生石灰とを反応させ、その反応熱によって当該脱水汚泥中の水を蒸発させる。この乾燥処理は、通常、連続的に実施され、また、反応器内のみで実施することもできるが、反応器から排出後、二次乾燥(後乾燥)として、例えば屋外で更に行うこともできる。





生石灰と水との反応熱を利用する乾燥処理は、熱エネルギーを外部から付与する必要がないために、エネルギーコストの点から有利である。

また、生石灰との反応によって汚泥がアルカリ性を示し、有機物に由来する臭気が低減される。特に、屋外において二次乾燥(例えば、天日乾燥)を行う場合に衛生面で有利である。

産業上の利用分野



本発明は有機性汚泥の処理方法に関し、さらに詳しくは、下水処理汚泥、し尿処理汚泥などの有機性汚泥を生石灰を使用して乾燥する工程を含む処理方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
脱水汚泥100質量部と生石灰5~30質量部とを攪拌混合機に仕込み、前記脱水汚泥中の水と前記生石灰との反応熱によって当該脱水汚泥中の水を蒸発させるとともに、発生する水蒸気を前記攪拌混合機から回収して蒸気過熱装置で過熱し、得られる過熱水蒸気を前記攪拌混合機に供給して、前記脱水汚泥および前記生石灰と接触させる乾燥工程を含むことを特徴とする有機性汚泥の処理方法。

【請求項2】
有機性汚泥を脱水して含水率が70~90質量%の脱水汚泥を得る脱水工程と、
得られた脱水汚泥100質量部と生石灰5~30質量部とを攪拌混合機に仕込み、前記脱水汚泥中の水と前記生石灰との反応熱によって当該脱水汚泥中の水を蒸発させるとともに、発生する水蒸気を前記攪拌混合機から回収して蒸気過熱装置で過熱し、得られる過熱水蒸気を前記攪拌混合機に供給して、前記脱水汚泥および前記生石灰と接触させる一次乾燥工程と、
前記一次乾燥工程を経た汚泥を前記攪拌混合機から取り出して乾燥する二次乾燥工程とを含むことを特徴とする有機性汚泥の処理方法。

【請求項3】
脱水汚泥と生石灰との仕込比率(質量)が100:10~30であることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の有機性汚泥の処理方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009223601thum.jpg
出願権利状態 登録
分野
  • 化学;冶金
※ 特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close