Top > Search of Japanese Patents > NON-ALCOHOLIC FATTY LIVER THERAPEUTIC COMPOSITION, SCREENING METHOD OF CANDIDATE OF NON-ALCOHOLIC FATTY LIVER THERAPEUTIC AGENT, AND DNA CHIP

NON-ALCOHOLIC FATTY LIVER THERAPEUTIC COMPOSITION, SCREENING METHOD OF CANDIDATE OF NON-ALCOHOLIC FATTY LIVER THERAPEUTIC AGENT, AND DNA CHIP

Patent code P170014410
File No. P12-032(2)
Posted date Jul 12, 2017
Application number P2017-019946
Publication number P2017-074077A
Date of filing Feb 6, 2017
Date of publication of application Apr 20, 2017
Inventor
  • (In Japanese)小堀 真珠子
  • (In Japanese)杉浦 実
  • (In Japanese)小川 一紀
  • (In Japanese)太田 嗣人
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title NON-ALCOHOLIC FATTY LIVER THERAPEUTIC COMPOSITION, SCREENING METHOD OF CANDIDATE OF NON-ALCOHOLIC FATTY LIVER THERAPEUTIC AGENT, AND DNA CHIP
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a therapeutic composition for treating non-alcoholic fatty liver, a screening method of a candidate of a non-alcoholic fatty liver therapeutic agent, and a DNA chip used for the screening method.
SOLUTION: A non-alcoholic fatty liver therapeutic composition comprises β-cryptoxanthin. A screening method of a candidate of a non-alcoholic fatty liver therapeutic agent comprises: a contact step of bringing at least one candidate into contact with hepatocytes; a detection step of detecting expression of gene which is suppressed by administering β-cryptoxanthin after the contact step; and a selection step of selecting a candidate in which the expression of gene which is suppressed by administering β-cryptoxanthin has been suppressed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


日本における肝疾患の罹患者は急増している。罹患者が増加している肝疾患のうち、特に、食生活の欧米化に伴う、脂肪及びコレステロールの摂取量の増加を原因とする非アルコール性脂肪肝の増加が指摘されている。現在では、成人の4人に1人は非アルコール性脂肪肝に罹患しているものと推計されている。



非アルコール性脂肪肝は、肝臓に脂肪が蓄積した状態である単純性脂肪肝、ならびに、肝臓に脂肪が蓄積した脂肪肝の状態からさらに炎症及び線維化が生じた非アルコール性脂肪肝炎に大別される。非アルコール性脂肪肝炎は、さらに肝硬変や肝癌へと進行し得るうえ、メタボリックシンドロームを高頻度に合併し得るので問題視されている。



非アルコール性脂肪肝炎の予防及び治療に有効な化合物として、ビタミンE(非特許文献1)、ピルビン酸(特許文献1)クルクミン類(特許文献2)等が報告されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、非アルコール性脂肪肝治療用組成物、非アルコール性脂肪肝の治療剤の候補物質のスクリーニング方法及びDNAチップに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
少なくとも1つの候補物質と、培養肝細胞とを接触させる接触工程と、
前記接触工程の後に、β-クリプトキサンチンの投与により発現が抑制される遺伝子の発現を検出する検出工程と、
β-クリプトキサンチンの投与により発現が抑制される遺伝子の発現を抑制した候補物質を選択する選択工程と、を含む非アルコール性脂肪肝の治療剤の候補物質のスクリーニング方法。

【請求項2】
 
前記β-クリプトキサンチンの投与により発現が抑制される遺伝子がC1QB、CD52、CD68、CD74、COL1A1、CYBA、CD64、HLA-DQA1、HLA-DQA2、HLA-DQB1、HLA-DQB2、HLA-DRB1、HLA-DRB5、LYZのうちのいずれか1つ以上である請求項1に記載のスクリーニング方法。

【請求項3】
 
前記非アルコール性脂肪肝が非アルコール性脂肪肝炎である請求項2に記載のスクリーニング方法。

【請求項4】
 
C1QB、CD52、CD68、CD74、COL1A1、CYBA、CD64、HLA-DQA1、HLA-DQA2、HLA-DQB1、HLA-DQB2、HLA-DRB1、HLA-DRB5、LYZのうちのいずれか2つ以上のDNAを検出可能なオリゴヌクレオチドプローブを備えるDNAチップ。

【請求項5】
 
配列番号1~30記載の配列又はその相補配列を有するオリゴヌクレオチドプローブを2種以上備えるDNAチップ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2017019946thum.jpg
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close