Top > Search of Japanese Patents > (In Japanese)昇温ホルダおよびプローブ顕微鏡

(In Japanese)昇温ホルダおよびプローブ顕微鏡 (Patent unpublished to the public) NEW_EN

Patent code P170014398
File No. P16-012
Posted date Jul 12, 2017
Application number P2016-233494
Date of filing Nov 30, 2016
Inventor
  • (In Japanese)内橋貴之
  • (In Japanese)足立彗
  • (In Japanese)古寺哲幸
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人金沢大学
Title (In Japanese)昇温ホルダおよびプローブ顕微鏡 (Patent unpublished to the public) NEW_EN
Abstract (In Japanese)レーザー透過ガラスにITO薄膜を使用するプローブ顕微鏡用の溶液チャンバーであり、チャンバー内の溶液の温度を溶液プールに配置した熱電対で計測し、ITO薄膜に印加する電流により温度制御を行うことに特徴のある、溶液チャンバー。あらかじめ計測した溶液減少量に応じた速度で低下した溶液を補填するシリンジポンプを備える請求項1に記載の溶液チャンバー。
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close