Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR SCREENING AGENT FOR PREVENTING AND/OR TREATING DISEASE

METHOD FOR SCREENING AGENT FOR PREVENTING AND/OR TREATING DISEASE UPDATE_EN

Patent code P170014547
File No. 4905
Posted date Aug 29, 2017
Application number P2016-016016
Publication number P2017-131191A
Date of filing Jan 29, 2016
Date of publication of application Aug 3, 2017
Inventor
  • (In Japanese)椛島 健治
  • (In Japanese)小野 さち子
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人京都大学
Title METHOD FOR SCREENING AGENT FOR PREVENTING AND/OR TREATING DISEASE UPDATE_EN
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for effectively screening an agent for effectively preventing and/or treating a disease.
SOLUTION: According to the present invention, a method for screening an agent for preventing and/or treating a disease according to an embodiment of the present invention comprises the following steps (1) and (2): (1) a step of preparing one or more substances that inhibit a signal transduction system of c-Abl; and (2) a step of selecting one or more substances that inhibit uptake of an extracellular macromolecule by cells out of the one or more substances as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


特許文献1には、肥満細胞を枯渇させることができる化合物を、そのような治療を必要とする哺乳類に投与する段階を含む、自己免疫疾患を治療する方法が記載されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、疾患の予防及び/又は治療剤のスクリーニング方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記工程(1)及び(2)を含む、疾患の予防及び/又は治療剤の有効成分のスクリーニング方法:
(1)c-Ablのシグナル伝達系を抑制する1以上の物質を用意する工程;及び
(2)前記1以上の物質のうちから、細胞外の高分子の細胞による取り込みを抑制する1以上の物質を、前記有効成分として選択する工程。

【請求項2】
 
前記高分子は、分子量が5kDa以上、1000kDa以下の高分子である、
請求項1に記載のスクリーニング方法。

【請求項3】
 
前記高分子は、イムノグロブリン、アミロイド、サイトカイン、トランスフェリン、糖鎖及び脂質からなる群より選択される1以上である、
請求項1又は2に記載のスクリーニング方法。

【請求項4】
 
前記疾患は、自己免疫疾患又はアレルギーである、
請求項1乃至3のいずれかに記載のスクリーニング方法。

【請求項5】
 
前記自己免疫疾患は、天疱瘡、類天疱瘡、膜性腎症、自己免疫性網膜症、自己免疫性脳炎、重症筋無力症、強皮症、リウマチ及び全身性エリテマトーデスからなる群より選択される疾患である、
請求項4に記載のスクリーニング方法。

【請求項6】
 
前記アレルギーは、アレルギー性じんましん、ぜんそく、鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー及びアナフィラキシーからなる群より選択される疾患である
請求項4に記載のスクリーニング方法。

【請求項7】
 
前記高分子は、イムノグロブリンであり、
前記疾患は、血管内から血管周囲組織への血管内皮細胞を介した抗体の移行を伴う疾患である、
請求項1乃至6のいずれかに記載のスクリーニング方法。

【請求項8】
 
前記細胞は、血管内皮細胞である、
請求項1乃至7のいずれかに記載のスクリーニング方法。

【請求項9】
 
前記工程(2)において下記工程(2a)及び(2b)を実施する、請求項1乃至8のいずれかに記載のスクリーニング方法:
(2a)前記1以上の物質の各々について、前記物質の存在下及び不存在下のそれぞれで、細胞外の前記高分子の前記細胞による取り込み量を評価する工程;及び
(2b)前記1以上の物質の各々について、前記物質の存在下における前記取り込み量が、前記物質の不存在下における前記取り込み量より小さい場合に、前記物質を、前記有効成分として選択する工程。

【請求項10】
 
前記工程(2)において下記工程(2a)及び(2b)を実施する、請求項1乃至8のいずれかに記載のスクリーニング方法:
(2a)前記1以上の物質の各々について、前記物質を投与された非ヒト動物及び前記物質を投与されていない非ヒト動物のそれぞれで、血液中の前記高分子の血管内皮細胞を介した血管周囲組織への移行量を評価する工程;及び
(2b)前記1以上の物質の各々について、前記物質を投与された前記非ヒト動物における前記移行量が、前記物質を投与されていない前記非ヒト動物における前記移行量より小さい場合に、前記物質を、前記有効成分として選択する工程。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Published
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close