TOP > 国内特許検索 > 微小動物行動計測制御装置

微小動物行動計測制御装置

国内特許コード P05A007492
整理番号 測定・分析-63
掲載日 2005年9月21日
出願番号 特願2003-165978
公開番号 特開2005-000047
登録番号 特許第3809526号
出願日 平成15年6月11日(2003.6.11)
公開日 平成17年1月6日(2005.1.6)
登録日 平成18年6月2日(2006.6.2)
発明者
  • 乙部 和紀
  • 伊藤 賢治
  • 水久保 隆之
出願人
  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 微小動物行動計測制御装置
発明の概要

【課題】微小動物の行動を自然な状態に近づけて簡便に計測制御できる装置を提供する。
【解決手段】相互に連結する複数の微細な凹型構造が表面に形成されている第一の平板と、第一の平板の凹型構造面と接し、前記凹型構造の開口部を覆う第二の平板とから構成され、凹型構造内に微小動物を導入してその行動を計測又は制御することのできる微小動物行動計測制御装置。
【選択図】 図5

従来技術、競合技術の概要
微小動物の生息環境は主に土壌または液中であることから、微小動物の行動を計測するための行動空間として寒天培地(非特許文献1)、培養液(非特許文献2)、土壌(非特許文献3)、微粒子充填容器(非特許文献4)などが用いられる。それらの内部あるいは表層での微小動物の行動を顕微鏡による観察あるいは媒体を通過して外部に現れた頭数などから移動速度、行動半径、行動軌跡、刺激に対する応答時間などを計測する手法が広く使われてきた。また、それらの行動空間内に様々な化学組成を有する溶液を添加して、微小動物の行動を制御して計測するなどの研究が行われてきた。
【0003】
【非特許文献1】
PLINE, M. and DUSENBERY, D. B. 1987. Responses of plant-parasitic nematode Meloidogyne incognita to carbon dioxide determined by video camera - computer tracking. Journal of Chemical Ecology 13: 873-888.
【0004】
【非特許文献2】
KENNEDY, M. J. 1979. The responses of miracidia and cercariae of Bunodera mediovitellata (Trematoda: Allocreadiidae) to light and gravity. Canadian Journal of Zoology 57: 603-609.
【0005】
【非特許文献3】
WALLACE, H. R. 1958. Movement of eelworms - 1. The influence of pore size and moisture content of the soil on the migration of larvae of the beet eelworm, Heterodera schachtii Schmidt. Annals of Applied Biology 46: 74-85.
【0006】
【非特許文献4】
ROBINSON, A. F. 1994. Movement of five nematode species through sand subjected to natural temperature gradient fluctuations. Journal of Nematology 26: 46-58.
産業上の利用分野
本発明は、土壌や動植物組織など三次元的な微細構造を有する空間内での微小動物(原生動物、後生動物など)の行動(学習、走性、忌避、探索など)を計測又は制御するための装置に関する。この装置は自然に近い行動環境を人工的に作り出すことにより容易かつ高い再現性で微小動物の行動学的解析を可能にするため、生物学、農学、環境工学などの分野で利用できる。
特許請求の範囲 【請求項1】相互に連結する複数の微細な凹型構造が表面に形成されている第一の平板と、第一の平板の凹型構造面と接し、前記凹型構造の開口部を覆う第二の平板とから構成され、凹型構造内に微小動物を導入してその行動を計測又は制御することのできる微小動物行動計測制御装置。
【請求項2】第一の平板と第二の平板を収納することのできる容器を有する、請求項1記載の微小動物行動計測制御装置。
【請求項3】導入する微小動物が、後生動物又は原生動物である、請求項1又は2記載の微小動物行動計測制御装置。
【請求項4】第二の平板に微細電極が形成されている、請求項1乃至3のいずれか1項記載の微小動物行動計測制御装置。
【請求項5】凹型構造の深さと最大幅が0.02mm以上である、請求項1乃至4のいずれか1項記載の微小動物行動計測制御装置。
【請求項6】第一の平板又は第二の平板に貫通孔が設けられている、請求項1乃至5のいずれか1項記載の微小動物行動計測制御装置。
【請求項7】第一の平板及び第二の平板が透明である、請求項1乃至6のいずれか1項記載の微小動物行動計測制御装置。
産業区分
  • 微生物工業
  • 測定
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2003165978thum.jpg
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close