TOP > 国内特許検索 > 音源レベル測定方法および音源レベル測定装置

音源レベル測定方法および音源レベル測定装置

国内特許コード P05A008038
整理番号 1832
掲載日 2005年12月2日
出願番号 特願平09-002286
公開番号 特開平10-197327
登録番号 特許第3112158号
出願日 平成9年1月9日(1997.1.9)
公開日 平成10年7月31日(1998.7.31)
登録日 平成12年9月22日(2000.9.22)
発明者
  • 武捨 貴昭
  • 菊池 達夫
  • 高嶋 睦男
  • 長谷 弘信
出願人
  • 防衛装備庁長官
  • ジェイ・アール・シー特機株式会社
発明の名称 音源レベル測定方法および音源レベル測定装置
発明の概要 【課題】正確な音源レベルを測定する音源レベル測定方法および音源レベル測定装置を提供することを目的とする。
【解決手段】音源から音波を送信したときのこの音波の最大到達距離を指標するこの音源の音源レベルを測定する音源レベル測定方法において、音源からの音波の送信方向を横切ってこの音源の前面に広がる面内の複数の測定点の各音圧を測定し、上記複数の測定点についての複数の音圧と、この複数の測定点を含む面がこの複数の測定点それぞれを含む複数の分割面に分割されてなる各分割面の位置、面積および向きとに基づいて所定の遠点での音圧を求め、上記遠点での音圧と、上記音源とこの遠点との間の距離とに基づいてこの音源の音源レベルを求めた。
従来技術、競合技術の概要


従来より、海底地質や海底地形の調査方法の1つとして、海洋調査船にソーナーを装備してソーナーから音波を海底に向かって送信し、海底から反射して戻ってきた反射波を受信して、この反射波を解析することによって調査する方法が用いられている。特に、深海の海底の調査をする場合には、音波が遠方にまで到達するように低周波の音波を送信するソーナーが用いられている。このソーナーを用いて海底地質や海底地形を調べる際には、あらかじめ、ソーナーがどの位の深さの海底まで調査できる性能があるのかを調べなければならない。この性能の示す最も重要な要素はソーナーの音源レベルであり、以下に、従来の音源レベルを測定する方法について述べる。
図7は、ソーナーを装備した海洋調査船の模式図(a)と、ソーナーに装備された送波アレイを示す拡大図(b)であり、図8は、従来のソーナーの音源レベルの測定方法を示す図である。図7(a)に示す海洋調査船71にはソーナー72が装備されており、このソーナー72には図7(b)に示す送波アレイ74を備えている。この送波アレイ74には、複数の送波源が配列されており、この送波アレイ74から送信される音波によってビーム73が形成される。このソーナー72の音源レベルを測定するために、図8に示す音源レベル測定装置が使用されている。
図8に示す音源レベル測定方法では、海洋調査船81の船底に装備された低周波の音波を送信するソーナー82からビーム83を形成し、このビーム83を海洋調査船81の外へさお84を用いてぶらさげられた単一のハイドロホン85で取り込んで電気信号に変換し、この電気信号をアンプ86で増幅してオシロスコープ87で観測し、音源レベルを測定している。

産業上の利用分野


本発明は、音源レベル測定方法および音源レベル測定装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
音源から音波を送信したときの該音波の最大到達距離を指標する該音源の音源レベルを測定する音源レベル測定方法において、
音源からの音波の送信方向を横切って該音源の前面に広がる面内の複数の測定点の各音圧を測定し、
前記複数の測定点についての複数の音圧どうしのクロススペクトルと、該複数の測定点を含む面が該複数の測定点それぞれを含む複数の分割面に分割されてなる各分割面の位置、面積および向きとに基づいて所定の遠点での音圧を求め、
前記遠点での音圧と、前記音源と該遠点との間の距離とに基づいて該音源の音源レベルを求めることを特徴とする音源レベル測定方法。

【請求項2】
音源から音波を送信したときの該音波の最大到達距離を指標する該音源の音源レベルを測定する音源レベル測定装置において、
音源からの音波の送信方向を横切って該音源の前面に広がる面内の複数の測定点の各音圧を測定する近距離音圧測定手段と、
前記複数の測定点の位置情報を入力する測定位置情報入力手段と、
該測定位置情報入力手段により入力された前記複数の測定点の位置情報に基づいて、前記複数の測定点を含む面が該複数の測定点それぞれを含む複数の分割面に分割されてなる各分割面の位置、面積および向きを求める形状ファクター計算手段と、
前記近距離音圧測定手段により測定された前記複数の測定点の音圧どうしのクロススペクトルと、前記形状ファクター計算手段により求められた前記複数の分割面の位置、面積および向きとに基づいて、所定の遠点での音圧を求める遠点音圧演算手段と、
該遠点音圧演算手段により求められた前記所定の遠点での音圧と、前記音源と該所定の遠点との間の距離とに基づいて、該音源の音源レベルを求める音源レベル演算手段とを備えたことを特徴とする音源レベル測定装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP1997002286thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close