TOP > 国内特許検索 > 補聴処理方法及びそれを用いた補聴器

補聴処理方法及びそれを用いた補聴器

国内特許コード P05A008105
整理番号 WASEDA-390
掲載日 2005年12月9日
出願番号 特願2004-105909
公開番号 特開2005-295119
登録番号 特許第4127680号
出願日 平成16年3月31日(2004.3.31)
公開日 平成17年10月20日(2005.10.20)
登録日 平成20年5月23日(2008.5.23)
発明者
  • 東山 三樹夫
  • 風間 道子
  • 高橋 義典
  • 寺田 清明
  • 坂本 真一
  • 中市 健志
出願人
  • 早稲田大学
  • リオン(株)
発明の名称 補聴処理方法及びそれを用いた補聴器
発明の概要 【課題】 補聴器装用者(難聴者)の周波数選択性の劣化に基づいて補聴調整することができる補聴器を提供する。
【解決手段】 マイクロホン2で入力した音声信号を補聴処理してイヤホン4から音声信号を出力する補聴器1であって、信号処理部5、聴神経興奮パターン算出部6,7、聴覚フィルタ形状記憶部8,9、比較部10、補正処理部11などを備え、聴神経興奮パターン算出部6,7が、信号処理部5の出力信号と聴覚フィルタ形状記憶部8,9に記憶されている健聴者及び難聴者の聴覚フィルタ形状から、健聴者及び難聴者の聴神経興奮パターンを算出し、両者の聴神経興奮パターンを比較部10で比較して、難聴者の聴神経興奮パターンが、健聴者の聴神経興奮パターンと同一になるように、補正処理部11で入力音声信号を補正して出力音声信号とする。<EMI LX=1100 HE=097 WI=062 ID=000002 LY=1742>
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要 【背景技術】
現在一般に普及している補聴器のほとんどは、数種類の調整機能を有する。これらの調整機能には、例えばサブボリューム、出力制限、音質調整(主にフィルタを用いた周波数特性変更装置)、自動利得調整(AGC)などがあり、各調整の度合はユーザ若しくは調整者(医師、販売店員等)が自由に変更することができる。これらの調整は、装用者のオージオグラム(最小可聴閾値の上昇)を特定の計算式に代入して得られた調整値に基づいて行われる。 また、難聴の要因としては、オージオグラムの形状の他に、周波数選択性の劣化などが考えられる。オージオグラムの形状が殆ど同じであっても、周波数選択性の劣化の度合が異なると、オージオグラムの形状を基に補聴器を調整したとても、文章了解度が改善されない場合がある。また、同じタイプの補聴器を使用している難聴者であっても、周波数選択性の劣化の度合が異なり、雑音下での文章了解度が改善されない場合がある。 周波数選択性の劣化の度合については、聴覚フィルタ形状から個々の難聴者の度合を知ることができる。健聴者における聴覚フィルタ形状の個人差は小さいが、感音性難聴者における聴覚フィルタ形状は、周波数や音圧レベルに応じて様々に異なることが知られている。 そこで、聴覚フィルタ形状を短時間で測定する方法としては,周波数分解能測定装置などが知られている(例えば、特許文献1参照)。 また,聴覚フィルタ形状の他に、臨界帯域幅やマスキングパターンなどを用いても、周波数選択性の劣化度合を知ることができる。
【特許文献1】特開2001-95785号公報
産業上の利用分野 本発明は、周波数選択性の劣化に基づいて補聴調整する補聴処理方法及びそれを用いた補聴器に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】マイクロホンで入力した音声信号を補聴処理してイヤホンから音声信号を出力する補聴処理方法であって、入力音声信号の主要正弦波ピークに対する各聴覚フィルタの出力を周波数軸上畳み込み演算して健聴者及び難聴者の聴神経興奮パターンを算出し、難聴者の聴神経興奮パターンが、健聴者の聴神経興奮パターンと同一になるように、入力音声信号を補正処理して出力音声信号とすることを特徴とする補聴処理方法。
【請求項2】前記聴神経興奮パターンは、入力音声信号のある特定の周波数成分を用いて算出される請求項1記載の補聴処理方法。
【請求項3】マイクロホンで入力した音声信号を補聴処理してイヤホンから音声信号を出力する補聴器であって、難聴者の聴神経興奮パターンが、健聴者の聴神経興奮パターンと同一になるように、入力音声信号を補正処理して出力音声信号とする補聴処理部を備え、この補聴処理部は、健聴者及び難聴者の聴覚フィルタ形状を記憶する聴覚フィルタ形状記憶部と、マイクロホンの出力信号を各種処理する信号処理部と、この信号処理部の出力信号に対する各聴覚フィルタの出力を周波数軸上畳み込み演算して健聴者及び難聴者の聴神経興奮パターンを算出する聴神経興奮パターン算出部と、難聴者の聴神経興奮パターンが健聴者の聴神経興奮パターンと同一になるためのゲイン係数を算出する比較部と、この比較部が算出したゲイン係数を用いて前記信号処理部の出力信号を補正処理する補正処理部からなることを特徴とする補聴器。
【請求項4】前記聴神経興奮パターンは、入力音声信号のある特定の周波数成分を用いて算出される請求項3記載の補聴器。
産業区分
  • 治療衛生
国際特許分類(IPC)
出願権利状態 権利存続中
技術導入、技術提携、実用化開発(受託研究・共同研究等)のご相談を承っております。お気軽にご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close