TOP > 国内特許検索 > アナログ符号化システム

アナログ符号化システム

国内特許コード P05P004001
整理番号 IP30
掲載日 2006年2月16日
出願番号 特願2004-149608
公開番号 特開2005-333386
登録番号 特許第4765054号
出願日 平成16年5月19日(2004.5.19)
公開日 平成17年12月2日(2005.12.2)
登録日 平成23年6月24日(2011.6.24)
発明者
  • 松藤 信哉
  • 棚田 嘉博
  • 田中 幹也
  • 山口 静馬
  • 浜本 義彦
出願人
  • 国立大学法人山口大学
発明の名称 アナログ符号化システム
発明の概要

【課題】 多次元直交系列を使用した多次元直交変換を実行することにより、簡単な構成で容易に取り扱うことができ、しかも高い品質を担保可能で秘匿性が高いアナログ符号化システムを提供する。
【解決手段】 入力部1と、写像変換する第1の写像変換部5と、初期値が入力されることで乱数を発生する乱数発生関数を備える乱数発生部7と、この乱数発生部7において発生された乱数を用いてn次元直交系列16を発生させる多次元直交系列発生部6と、n次元直交変換して暗号化した変換データ17を生成する多次元直交変換部8と、多次元直交逆変換部10と、第2の写像変換部11を有するものである。
【選択図】 図1

従来技術、競合技術の概要


近年、ユビキタスネットワーク社会を迎えつつあり、情報伝送や保存においては、音声や動画像などのマルチメディア情報(多値情報)を他人から容易に見られないように保護でき、雑音などに対する耐性が強く、しかも品質をできるだけ保障できるようなデータ圧縮可能な符号化方式やシステムが益々必要となっている。
このような状況下において、近年様々な符号化方式やシステムに関する発明が開示されている。
例えば、特許文献1には、情報秘匿システムの一つである単位ブロック毎に変換を行なうブロック型の符号変換方式において、次数の小さいラテン方陣Lを複数並べて段を構成し、この段を複数設け、前段の各ラテン方陣Lから後段の少なくとも二つのラテン方陣Lに変換したデータを入力させて、入力データAの各ビットが出力データBの全てのビットに影響を与えるようにして秘匿性を高めた符号化方式の開示がある。
この符号化方式によれば、秘匿性の高い符号変換を簡単にかつ正確に得ることができる。



また、特許文献2には、画像データに低域フィルタ及び高域フィルタを用いてフィルタリングしてフィルタ係数を生成し、当該生成したフィルタ係数を量子化して量子化係数を生成し、その量子化係数を所定の符号化方式で符号化 処理して算術符号データを生成した後、当該算術符号データの少なくとも一部にスクランブル処理を施すと共に、算術符号データに基づいて符号化処理に関する所定の符号化情報を生成し、当該生成した符号化情報を格納して生成したヘッダデータにスクランブル処理を施した算術符号データを付加してパケットデータを生成する符号化装置が開示されている。
このような符号化装置によれば、算術符号データにスクランブル処理を施す分、量子化係数を符号化したときのデータ量の増加を防止することができ、画像データの圧縮率の低下を防止できる。



さらに、特許文献3には、コンテンツのストリームを記録再生するストリーム記録再生装置が開示されているが、そのストリーム記録再生装置において、アナログ放送波等によって伝送されて入力されたアナログ映像音声信号からディジタルストリームを生成する符号化手段が開示されている。
このようなアナログからデジタルに変換することによって、圧縮化あるいは多重化が可能となっている。




【特許文献1】特開2000-19957号公報

【特許文献2】特開2002-135594号公報

【特許文献3】特開2003-163889号公報

産業上の利用分野


本発明は離散多値のアナログ情報の保護を考慮したアナログ符号化システムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
多階調で量子化されたデジタルデータに係る1次元又は2次元のアナログデータが入力される入力部と、
この入力されたアナログデータをn(nは前記アナログデータの次数よりも高い次数,以下同じ。)次元アナログデータに写像変換する第1の写像変換部と、
初期値が入力されることで乱数を発生する乱数発生部と、
この乱数発生部において発生された乱数を用いてn次元直交系列を生成する多次元直交系列発生部と、
前記多次元直交系列発生部から前記n次元直交系列を読みだして、前記第1の写像変換部によって写像変換されたn次元アナログデータを、前記n次元直交系列を用いてn次元直交変換することにより暗号化した変換データを生成する多次元直交変換部と、
前記初期値を鍵として前記乱数発生部が前記乱数の発生を再現し,前記再現された乱数を用いて前記多次元直交系列発生部が前記n次元直交系列を再生成し,前記再生成されたn次元直交系列を用いて前記変換データをn次元直交逆変換することにより前記n次元アナログデータを復元する多次元直交逆変換部と、
前記n次元アナログデータを前記1次元又は2次元のアナログデータに写像変換する第2の写像変換部と、
を有することを特徴とするアナログ符号化システム。

【請求項2】
多階調で量子化されたデジタルデータに係る1次元又は2次元のアナログデータが入力される入力部と、
この入力されたアナログデータをn次元アナログデータに写像変換する第1の写像変換部と、初期値が入力されることで乱数を発生する乱数発生部と、
この乱数発生部において発生された乱数を用いてn次元直交系列を生成する多次元直交系列発生部と、
前記多次元直交系列発生部から前記n次元直交系列を読みだして、前記第1の写像変換部によって写像変換されたn次元アナログデータを、前記n次元直交系列を用いてn次元直交変換することにより暗号化した変換データを生成する多次元直交変換部と、
前記変換データを量子化によって前記変換データを圧縮して圧縮データを生成するデータ圧縮部と、
前記初期値を鍵として前記乱数発生部が前記乱数の発生を再現し,前記再現された乱数を用いて前記多次元直交系列発生部が前記n次元直交系列を再生成し,前記再生成されたn次元直交系列を用いて、前記圧縮データをn次元直交逆変換することにより前記n次元アナログデータを復元する多次元直交逆変換部と、
前記n次元アナログデータを前記1次元又は2次元のアナログデータに写像変換する第2の写像変換部と、を有することを特徴とするアナログ符号化システム。
産業区分
  • 電信
  • 事務機
  • 基本電子回路
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2004149608thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
山口TLOは平成11年11月に山口大学の教官50名の出資により設立された、リエゾン一体型のTLO活動会社です。山口大学を主とし、山口県内の大学・高専の研究成果をご紹介致します。特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close