TOP > 国内特許検索 > 多成分系混合液の蒸留による分離装置

多成分系混合液の蒸留による分離装置 コモンズ

国内特許コード P05A008313
整理番号 111
掲載日 2006年4月7日
出願番号 特願2000-119098
公開番号 特開2001-300201
登録番号 特許第3430255号
出願日 平成12年4月20日(2000.4.20)
公開日 平成13年10月30日(2001.10.30)
登録日 平成15年5月23日(2003.5.23)
発明者
  • 長谷部 伸治
  • 野田 賢
  • 橋本 伊織
出願人
  • 学校法人京都大学
発明の名称 多成分系混合液の蒸留による分離装置 コモンズ
従来技術、競合技術の概要 従来の多成分系混合液の蒸留による分離装置は、図6に示すような、還流槽と少なくとも一槽、図では二槽の、中間貯槽を有するものであり、このような分離装置の還流槽および中間貯槽のそれぞれには、各貯槽の貯留量を物理的に一定に保つべく、図7に示すような、電子的計器および制御装置が、各貯槽一器あたりに一組配設されていた。この、図7に示す電子的計器および制御装置は、還流槽24および中間貯槽26の上端と下端とに設置した検出端27、28の圧力差を電圧もしくは電流値として送信できる差圧電送器29、その電圧もしくは電流値をディジタル値に変換するA/D変換器30、A/D変換器からの信号を還流槽24および中間貯槽26の液レベルに変換し、その液レベルの変化に基づき自動調節弁34の新たな開度を計算する制御システム31、開度信号をアナログ値に変換するD/A変換器32、自動調節弁34の開度をD/A変換器32の信号値に一致させるための電々ポジショナ33、および電々ポジショナ33の信号に基づいて開度を調節できる自動調節弁34からなり、フィードバック制御の原理に基づき還流槽24および中間槽26の貯留量を物理的に一定として、液レベル調節機構を実現するものである。
産業上の利用分野 この発明は、多成分系混合液の蒸留による分離装置に関するものであり、とくには、還流槽および中間貯槽の貯留量を測定するための電子的な装置を全く用いず、いわゆるオーバーフローの原理を利用して、各貯槽の貯留量を物理的に一定に調節できる機構を有し、全還流操作により多成分系混合液の分離を行う、分離装置に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】 充填部または段塔部を有する蒸留塔本体と、蒸留塔本体の帰端部に連結したリボイラと、蒸留塔本体の終端部に一端部を連結したコンデンサとを具え、コンデンサの他端部と蒸留塔本体の充填部または段塔部との間に還流槽を配設してなる、多成分系混合液の蒸留による分離装置において、還流槽の底部の裏側に固定した雌ねじ付きの外管と、この雌ねじに適合する雄ねじ付きの内管とからなり、還流槽の底部からの内管の高さが判断可能な目盛が内管に刻印され、内管の回転により当該底部からの内管の高さが調節可能な液体流下用の管を有してなる、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項2】 少なくとも二層の充填部または段塔部を有する蒸留塔本体と、蒸留塔本体の帰端部に連結したリボイラと、蒸留塔本体の終端部に一端部を連結したコンデンサと、コンデンサの他端部と蒸留塔本体の終端部側の充填部または段塔部との間に連結した還流槽とを具え、最近充填部または最近段塔部間にそれぞれ中間貯槽を配設してなる、多成分系混合液の蒸留による分離装置において、還流槽および少なくとも一槽の中間貯槽のそれぞれの底部の裏側に固定した雌ねじ付きの外管と、この雌ねじに適合する雄ねじ付きの内管とからなり、還流槽の底部からの内管の高さが判断可能な目盛が内管に刻印され、内管の回転により当該底部からの内管の高さが調節可能な液体流下用の管を有してなる、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項3】 前記高さ調節に際する外管に対する内管の回転を、手動式としてなる請求項1もしくは2に記載の、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項4】 前記高さ調節に際する外管に対する内管の回転を、電動式としてなる請求項1もしくは2に記載の、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項5】 前記液体流下用の管における内管を、液体が当該内管の最上部から流下する構造としてなる請求項1~4のいずれかに記載の、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項6】 前記液体流下用の管における内管を、液体が当該内管の中間部に画成した穴から流下する構造としてなる請求項1~4のいずれかに記載の、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
【請求項7】 前記蒸留塔本体を、複数の蒸留塔ユニットから構成し、隣り合う各蒸留塔ユニットの間に、気液混相流を帰端部側の蒸留塔ユニットに戻すための汲み上げ用のポンプを各々配設してなる請求項2~6のいずれかに記載の、多成分系混合液の蒸留による分離装置。
産業区分
  • 処理操作
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close