TOP > 国内特許検索 > 構成的発現プロモーター

構成的発現プロモーター

国内特許コード P06A008360
整理番号 植物バイオ-200
掲載日 2006年4月14日
出願番号 特願2004-033675
公開番号 特開2005-224120
登録番号 特許第4474542号
出願日 平成16年2月10日(2004.2.10)
公開日 平成17年8月25日(2005.8.25)
登録日 平成22年3月19日(2010.3.19)
発明者
  • 市川 裕章
  • 田中 宥司
  • 中村 英光
  • 佐々木 卓治
  • 菊池 尚志
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 構成的発現プロモーター
発明の概要 【課題】 目的遺伝子を植物体内で構成的に発現させるプロモーター活性を有するDNA、該DNAを含有し、目的遺伝子を植物体内で構成的に発現させることを可能にした組換えプラスミド、該組換えベクターを導入した形質転換植物体を提供すること。
【解決手段】 以下の(a)、(b)又は(c)に示す、プロモーターとして機能しうるDNA。(a)特定の塩基配列からなるDNA(b)特定の塩基配列において、1若しくは数個の塩基が欠失、置換若しくは付加された塩基配列からなり、かつ目的遺伝子を植物体内で構成的に発現させるプロモーター活性を有するDNA(c)特定の塩基配列の一部の塩基配列からなり、かつ目的遺伝子を植物体内で構成的に発現させるプロモーター活性を有するDNA。
【選択図】 なし
従来技術、競合技術の概要


植物細胞内で機能可能なプロモーターの下流に発現させたい目的タンパク質をコードする遺伝子を連結させた融合遺伝子を植物細胞に導入し、得られた植物細胞を通常の植物組織培養技術により再生させる方法によって、所望の形質を有する改良植物体を作出することが行われている。



プロモーターの種類としては、構成的、誘導的、組織・器官特異的、時期特異的プロモーターがある。プロモーターは、遺伝子発現の目的に応じて選択され、例えば、特定の刺激に応答して目的遺伝子を発現させる場合は誘導的プロモーター、必要な時期に特定の組織・器官に目的遺伝子の発現を局所化させたい場合は、組織・器官特異的又は時期特異的プロモーターが用いられる。しかしながら、そのような特異性が高くなく、全ての組織において常時目的遺伝子を発現させるプロモーター、すなわち、構成的プロモーターは植物遺伝子工学において最も汎用されており、ニーズも多い。
構成的プロモーターには、例えば、カリフラワーモザイクウイルス(CaMV)35S RNA遺伝子のプロモーター(非特許文献1)、アグロバクテリウムTiプラスミド由来ノパリン合成酵素遺伝子のプロモーター(Pnos)(非特許文献2)、トウモロコシ由来ユビキチン遺伝子のプロモーター(非特許文献3)、イネ由来のアクチン遺伝子のプロモーター(非特許文献4)等が報告されている。



【非特許文献1】
Odell J.T., et al., Nature, 313, 810-812 (1985)
【非特許文献2】
Shaw, C.H., Nucleic Acids Res., 12(20):7831-7846 (1984)
【非特許文献3】
Cornejo MJ., et al., Plant Mol Biol, 23(3), 567-581 (1993)
【非特許文献4】
McElroy, D. et al., Plant Cell, 2, 163-171 (1990)

産業上の利用分野


本発明は、目的遺伝子を植物体内で構成的に発現させるプロモーター及びその使用に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
以下の(a)又は(b)に示すDNAからなる、目的遺伝子を植物体内で構成的に発現させるプロモーター。
(a)配列表の配列番号1、4、7、10、13又は16に示す塩基配列からなるDNA
(b)配列表の配列番号1、4、7、10、13又は16に示す塩基配列において、1若
しくは数個の塩基が欠失、置換若しくは付加された塩基配列からなるDNA

【請求項2】
請求項に記載のプロモーターを含有する組換えベクター。

【請求項3】
請求項に記載のプロモーターと目的タンパク質をコードする遺伝子を含有する組換えベクター。

【請求項4】
請求項2又は3に記載の組換えベクターを導入した形質転換植物体。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

12602_01SUM.gif
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close