TOP > 国内特許検索 > スライド交換式フィルタ装置

スライド交換式フィルタ装置

国内特許コード P06A008706
整理番号 11528
掲載日 2006年6月2日
出願番号 特願平09-207101
公開番号 特開平11-038184
登録番号 特許第2928765号
出願日 平成9年7月16日(1997.7.16)
公開日 平成11年2月12日(1999.2.12)
登録日 平成11年5月14日(1999.5.14)
発明者
  • 吉元 勝起
  • 石川 豊
  • 檜山 敏明
  • 菅谷 伸一
出願人
  • 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 スライド交換式フィルタ装置
発明の概要 【課題】 フィルタユニットの交換作業を迅速に、安全に且つ容易に行うことができるようにし、また装置の小型化と総合的な設備コストの低減化を図る。
【解決手段】 筒状フィルタケーシング20と、それに接続した給気配管24及び排気配管26と、ケーシング内で摺動可能な複数のフィルタユニット22a,22bと、それらの間に位置するスペーサ30と、開閉弁32付き給気側バイパス配管34と、開閉弁36付き排気側バイパス配管38と、ケーシングの一方の開口部に取り付ける負圧調整用ダンパ40と、ダンパに代えて装着可能なフィルタユニット押し込み治具42と、ケーシングの他方の開口部に設けられる使用済フィルタの受取り手段とを具備している。使用済フィルタユニットの受け取り手段は、ビニルバッグ44とそれを覆うビニルバッグカバー46からなり、バッグアウト可能とする。
従来技術、競合技術の概要



プルトニウム等の核燃料物質はグローブボックス内で取り扱われる。図7に示すように、グローブボックス10内の空気はグローブボックス外から箱型高性能フィルタ11を通して給気され、グローブボックス10内を換気した後、混入したプルトニウム等の粉塵を数段の高性能フィルタ12を通して浄化し、スタック13から排気する。換気の目的は、グローブボックス10内の負圧を所定の値に維持することである。ここで使用するフィルタは、通常、交換を容易にするためにビニルバッグ14で接続する箱型高性能フィルタ15a,15b、及び密封交換型高性能フィルタ装置16である。箱型高性能フィルタ15a,15bは、グラスウール等で作られた濾材を合板で成形して箱内に収容し、その両端に接続用のビニルバッグを取り付けるためのニップルを設けた構造である。一方は常用フィルタとなり、他方は予備フィルタとなる。また密封交換型高性能フィルタ装置16は、ケーシングの前面にフィルタ挿入口が設けられ、内部には枠型のフィルタを密着させる機構を有する。

長期間にわたる使用によって、常用フィルタ(例えば15a)は徐々に目詰まりを起こす。この換気系を使用して複数の取扱い施設(例えば、複数台のグローブボックス等)を負圧管理している場合、負圧調整用ダンパ17を備えたバイパスフィルタ18を設けて、全体の負圧を一定に調整する。常用フィルタ15aが目詰まりを起こして必要な性能が出なくなった場合、あるいは損傷した場合などは交換しなければならないが、換気系を停止できない施設(核燃料取扱い施設など)では、予備フィルタ15bをもつ予備の系統に切り換え、使用済フィルタを交換する。フィルタの交換に際しては、ビニルバッグを利用して密封交換方式で実施する。すなわちビニルバッグを溶着した後、溶着部分で切断することで系統から切り離す。そして新品のフィルタをビニルバッグを介して接続する。新しく設置したフィルタが予備フィルタとなる。

産業上の利用分野



本発明は、フィルタケーシング内にスペーサを介して複数のフィルタユニットを挿入し、スライド方式で常用位置まで順次押し込むことで交換可能としたフィルタ装置に関し、更に詳しく述べると、スライド交換作業中はバイパス配管によって換気性能を確保し、そのために予備系統を別途設ける必要を無くしたフィルタ装置に関するものである。この装置は、特に限定されるものではないが、例えば核燃料物質などを取り扱う施設などにおける換気系統に組み込むフィルタ装置として有用である。

特許請求の範囲 【請求項1】
筒状のフィルタケーシングと、該フィルタケーシングの側壁の軸方向で互いに異なる位置に接続した給気配管及び排気配管と、外周にOリングシールを嵌着してフィルタケーシング内で摺動可能な複数のフィルタユニットと、前記各フィルタユニットの間に位置するスペーサと、給気配管とフィルタケーシングとの間に接続した開閉弁付き給気側バイパス配管と、フィルタケーシングと排気配管との間に接続した開閉弁付き排気側バイパス配管と、前記フィルタケーシングの一方の開口部に取り付け可能な負圧調整用ダンパと、該ダンパに代えて装着可能なフィルタユニット押し込み治具と、前記フィルタケーシングの他方の開口部に設ける使用済フィルタユニットの受取り手段とを具備し、該使用済フィルタユニットの受取り手段が、ビニルバッグとそれを覆うビニルバッグカバーであり、使用済フィルタユニットをビニルバッグ内に収容することでバッグアウト可能としたスライド交換式フィルタ装置。

【請求項2】
筒状のフィルタケーシングと、該フィルタケーシングの側壁に接続した排気配管と、外周にOリングシールを嵌着してフィルタケーシング内で摺動可能な複数のフィルタユニットと、前記各フィルタユニットの間に位置するスペーサと、フィルタケーシングと排気配管との間に接続した開閉弁付き排気側バイパス配管と、前記フィルタケーシングの一方の開口部に取り付け可能な負圧調整用ダンパと、該ダンパに代えて装着可能なフィルタユニット押し込み治具とを具備し、前記フィルタケーシングの他方の開口部をグローブボックスに接続するスライド交換式フィルタ装置。

【請求項3】
フィルタユニットの外周に嵌着するOリングシールは、フッ素系ゴムからなるリップタイプであり、フィルタケーシングの各配管との接続部は、多数の小孔を穿設して、その上を摺動するOリングシールがめくれないようにした請求項1又は2記載のスライド交換式フィルタ装置。
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

13705_01SUM.gif
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close