TOP > 国内特許検索 > 光照射による貴金属担持金属酸化物触媒反応における反応促進方法

光照射による貴金属担持金属酸化物触媒反応における反応促進方法

国内特許コード P06A008985
整理番号 RP11P03
掲載日 2006年6月16日
出願番号 特願2000-158411
公開番号 特開2001-334153
登録番号 特許第4456229号
出願日 平成12年5月29日(2000.5.29)
公開日 平成13年12月4日(2001.12.4)
登録日 平成22年2月12日(2010.2.12)
発明者
  • 市橋 祐一
  • 伊達 正和
  • 春田 正毅
出願人
  • 独立行政法人産業技術総合研究所
発明の名称 光照射による貴金属担持金属酸化物触媒反応における反応促進方法
発明の概要 【課題】貴金属担持金属酸化物触媒反応において、反応を促進させる方法を提供する。
【解決手段】貴金属担持金属酸化物触媒を使用する化学反応方法において、触媒に対して光照射をすることにより、反応を促進させることを特徴とする方法。
従来技術、競合技術の概要
貴金属担持酸化物触媒は、様々な反応において、熱反応触媒として高活性を示すことが知られている。より高活性な貴金属担持酸化物触媒を得るために、これまでは、担体と担持貴金属の組合せの変更、触媒の調製方法の変更などの手段が採られている。しかしながら、これらの方法では、満足できる結果が得られてない。
産業上の利用分野
本発明は、光照射による貴金属担持金属酸化物触媒反応における反応促進方法に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】担持金属酸化物触媒を使用する化学反応方法において、触媒に対して光照射をすることにより、熱触媒反応を促進させることを特徴とする方法。
【請求項2】熱触媒反応がCOのCOへの酸化反応、ホルムアルデヒドのCOへの酸化反応、水素の水への酸化反応、又は、アルカン、アルケン及びアルキンの酸化反応である請求項1に記載の方法。
【請求項3】担持金属酸化物におけるが、超微粒子である請求項1または2に記載の方法。
【請求項4】担持金属酸化物において、担体である金属酸化物が、チタン、アルミニウム、珪素、マグネシウム、バナジウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、ガリウム、ゲルマニウム、ストロンチウム、イットリウム、ジルコニウム、カドミウム、インジウム、錫、アンチモン、バリウム、ランタン、ハフニウム、タリウム、タングステン、レニウム、リンおよびセリウムからなる群から選択される少なくとも一種を含む酸化物である請求項1~3のいずれかに記載の方法。
【請求項5】担持金属酸化物が、金-チタニア、金-アルミナ、金-シリカからなる群から選択される少なくとも一種である請求項1~4のいずれかに記載の方法。
産業区分
  • その他無機化学
  • 処理操作
  • 無機化合物
  • 有機化合物
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close