TOP > 国内特許検索 > 強度および延性の制御範囲が大きい超高純度炭素鋼

強度および延性の制御範囲が大きい超高純度炭素鋼

国内特許コード P06A008993
整理番号 A062P61
掲載日 2006年6月16日
出願番号 特願2000-298534
公開番号 特開2002-105587
登録番号 特許第4863240号
出願日 平成12年9月29日(2000.9.29)
公開日 平成14年4月10日(2002.4.10)
登録日 平成23年11月18日(2011.11.18)
発明者
  • 安彦 兼次
出願人
  • 安彦 兼次
  • 独立行政法人科学技術振興機構
発明の名称 強度および延性の制御範囲が大きい超高純度炭素鋼
発明の概要 【課題】 熱処理などの製造条件の操作のみで、強度や伸びが広範囲に制御しうる超高純度炭素鋼を提供する。
【解決手段】 C:0.02~0.8 mass%と残部はFeおよび100 mass ppm以下に規制した不可避的不純物の鋼組成とする。また、これに加えて、Si:50 mass ppm 以下、Mn:50 mass ppm 以下、Al:50 mass ppm 以下、B:50 mass ppm 以下、Cr:50 mass ppm 以下、Mo:50 mass ppm 以下、Cu:50 mass ppm 以下、Ni:50 mass ppm 以下、Nb:50 mass ppm 以下、Ti:50 mass ppm 以下およびV:50 mass ppm 以下のうちから選ばれるいずれか1種または2種以上を含有させる。
従来技術、競合技術の概要
炭素鋼は、自動車や船舶の外板、電子機器部材、洗濯機や電子レンジなどの家電機器用外装材、機械・工具部材など、様々な分野で使用されている。そして、これらの用途に使用される鋼に求められる強度もまたさまざまであるため、これら分野で用いられる鋼は加工や熱処理を施すことにより用途に応じた特性になるよう制御される。
その際、加工や熱処理だけでは必要な特性が得られない場合、あるいはこれら加工や熱処理が設備の制約等の理由で実施困難な場合には、一般に、用途に応じた合金元素を添加することにより、強度や延性の確保を図っている。
産業上の利用分野
本発明は、自動車や船舶の外板、電子機器部材、洗濯機や電子レンジなどの家電機器用外装材、機械・工具部材など、広範な用途に供しうる超高純度鋼であり、特に強度および延性を加工,各種熱処理を施すことにより、広範囲に制御できる超高純度炭素鋼に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】鉄と炭素を溶解して得られた、成分組成が、C:0.02~0.19mass%と残部はFeおよび80.151massppm未満の不可避的不純物とからなり、上記不可避的不純物としてのP,Sがそれぞれ50massppm以下であり、Si:50massppm以下、Mn:50massppm以下、Al:50massppm以下、B:50massppm以下、Cr:50massppm以下、Mo:50massppm以下、Cu:50massppm以下、Ni:50massppm以下、Nb:50massppm以下、Ti:50massppm以下およびV:50massppm以下を含有し、加工および/または熱処理を施すことにより、炭化物をラメラーパーライトにさせずに球状化して均一に分散させるか、マルテンサイト相以外の相を極めて少なくすることで、強度および延性の制御範囲大きくしたことを特徴とする超高純度炭素鋼。
産業区分
  • 合金
  • 冶金、熱処理
  • 自動車
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

14002_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
参考情報 (研究プロジェクト等) CREST 極限環境状態における現象 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close