TOP > 国内特許検索 > 糖由来のゲル化剤

糖由来のゲル化剤

国内特許コード P06A009020
整理番号 A121P108
掲載日 2006年6月16日
出願番号 特願2001-239014
公開番号 特開2003-049154
登録番号 特許第4164247号
出願日 平成13年8月7日(2001.8.7)
公開日 平成15年2月21日(2003.2.21)
登録日 平成20年8月1日(2008.8.1)
発明者
  • ヂォンホア,ヂョン
  • ジョージ,ジョン
  • 清水 敏美
出願人
  • 独立行政法人科学技術振興機構
  • 独立行政法人産業技術総合研究所
発明の名称 糖由来のゲル化剤
発明の概要 【課題】 有機溶媒及び水の双方に対しゲル形成能力を有するゲル化剤を提供する。
【解決手段】 本発明は、下記化学式(式中、Aは糖の残基を表し、Rはアルキル基を表す。)で表されるハイドロゲル化剤である。
従来技術、競合技術の概要
近年、超分子化学の分野では、単量体種を所望の高次構造に構成することに焦点が当たっている。微視的及び巨視的なスケールの双方で汎用的なゲル機能を有する結果、例えば、食品、脱臭剤、化粧品、競技用靴、及びクロマトグラフィーの分野のような工業的目的用の効果的で且つ調製可能な小分子のゲル化剤の開発に多くの関心が集まっている(Murata, K.; Aoki, M.; Suzuki, T.; Harada, T.; Kawabata, H.; Komori, T.; Ohseto, F.; Ueda, K.; Shinkai, S. J. Am. Chem. Soc. 1994, 116, 6664 and references therein.:James, T. D.; Murata, K.; Harada, T.; Ueda, K.; Shinkai, S. Chem. Lett. 1994, 273.:Jeong, S. W.; Murata, K.; Shinkai, S. Supramol. Sci. 1996, 3, 83;:Shinkai, S.; Murata, K. J. Mater. Chem. (Feature Article) 1998, 8, 485.:Yoza, K.; Amanokura, N.; Ono, Y.; Akao, T.; Shinmori, H.; Takeuchi, M.; Shinkai, S.; Reinhout, D. L. Chem. Eur. J. 1999, 5, 2722 :Wang, R.; Geiger, C.; Chen, L.; Swanson, B.; Whitten, D. G. J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 2399.:Duncan, D. C.; Whitten, D. G. Langmuir 2000, 16, 6445.:Geiger, C.; Stanescu, M.; Chen, L.; Whitten, D. G. Langmuir 1999, 15, 2241.:Terech, P.; Weiss, R. G. Chem. Rev. 1997, 3313.:Otsuni, E.; Kamaras, P.; Weiss, R. G. Angew. Chem., Int. Ed. 1996, 35, 1324 and references therein.:Terech, P.; Furman, I.; Weiss, R. G. J. Phy. Chem. 1995, 99, 9558 and references therein.:Abdallach, D. J.; Weiss, R. G. Adv. Mater. 2000, 12, 1237.:Hanabusa, K.; Yamada, M.; Kimura, M.; Shirai, H. Angew. Chem. Int. Ed. 1996, 35, 1949.:Loos, M.; Esch, J. v.; Stokroos, I.; Kellogg, R. M.; Feringa, B. L. J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 12675.:Schoonbeek, F. S.; Esch, J. v.; Hulst, R.; Kellogg, R. M.; Feringa, B. L. Chem. Eur. J. 2000, 6, 2633.:Esch, J. v.; Feringa, B. L. Angew. Chem., Int. Ed. 2000, 39, 2263.:Melendez, R.; Geib, S. J.; Hamilton, A. D. Molecular Self-Assembly Organic Versus Inorganic Approaches, Fujita, M., Ed.; Springer, 2000.:Carr, A. J.; Melendez, R.; Geib, S. J.; Hamilton, A. D. Tetrahedron Lett. 1998, 39, 7447.:Shi, C.; Kilic, S.; Xu, J.; Enick, R. M.; Beckman, E. J.; Carr, A. J.; Melendez, R. E.; Hamilton, A. D. Science 1999, 286, 1540.)。
【0003】
このようなゲル化剤をSEMやTEMで観察することにより、非共有結合相互作用により形成された低分子量の化合物の繊維状集合体が、このようなゲル化現象を引き起こすということが分かってきた。特に「水性ゲル」は、通常タンパク質やポリマーのような高分子から作られ、低分子量の一次元の集合体であって自己凝集によって形成される可逆性の高次構造を有する「有機ゲル」と異なって、この複雑な相互作用を特定するのが困難である。しかし、低分子量の化合物のこのような集合体から成る「水性ゲル」が少数存在する(Estroff, L. A.; Hamilton, A. D. Angew. Chem. Int. Ed. 2000, 39, 3447. : Fuhrhop, J.-H.; Schnieder, P.; Rosenbery, J.; Boekema, E. J. Am. Chem. Soc. 1987, 109, 3387. : Fuhrhop, J.-H.; Boettcher, C. J. Am. Chem. Soc. 1990, 112, 1768. : Yoza, K.; Ono, Y.; Yoshihara, K.; Akao, T.; Shinmori, H.; Takeuchi, M.; Shinkai, S.; Reinhout, D. L. Chem.Commun. 1998, 907. : Menger, F.; Caran, K. J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 11679. : Hanbusa, K.; Hirata, T.; Inoue, D.; Kimura, M.; Touhara, H.; Shirai, H. Colloid. Sur., A. 2000, 169, 387.)。
産業上の利用分野
この発明は、有機溶媒及び水の双方に対しゲル形成能力を有するゲル化剤に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】 下記化学式

(式中、Aは糖の残基を表し、Rは炭素数が6~20の直鎖のアルキル基を表す。)で表されるゲル化剤。
【請求項2】 前記Aが、アルドピラノースの6員環に結合するいずれか一の水酸基の水素を除いた残基を表す請求項1に記載のゲル化剤。
【請求項3】 前記アルドピラノースがグルコピラノース又はガラクトピラノースである請求項2に記載のゲル化剤。
産業区分
  • その他無機化学
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

22182_04SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
参考情報 (研究プロジェクト等) CREST 分子複合系の構築と機能 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close