TOP > 国内特許検索 > 画像表示方法

画像表示方法

国内特許コード P06A009290
掲載日 2006年9月1日
出願番号 特願2004-160967
公開番号 特開2005-339459
登録番号 特許第4797154号
出願日 平成16年5月31日(2004.5.31)
公開日 平成17年12月8日(2005.12.8)
登録日 平成23年8月12日(2011.8.12)
発明者
  • 新井 康平
出願人
  • 学校法人佐賀大学
発明の名称 画像表示方法
発明の概要

【課題】 地図上のどの地点でもできるだけ円滑に参照することができると共に、この参照可能にともなってハードウェア資源の使用を大幅に増やすことのない画像表示方法を提供する。
【解決手段】 端末1が、表示画像を縮小した縮小表示画像、又は、表示画像をベクトル情報化したベクトル化表示画像からなるメニュー画像を複数に画定し、この画定した画定領域に識別番号を付してメニュー画像を表示し、選択された画定領域及び周辺の画定領域を取得し、当該画定領域を保存し表示する。
【選択図】 図1

従来技術、競合技術の概要


背景技術となる画像表示方法を適用した地図情報システムは、地図情報が格納されたデータベースを有し、必要に応じて地図情報を読み出して送信するサーバと、利用者の要求に応じてサーバに利用者が指定した地図情報を要求し、サーバからの地図情報を受信して表示部に表示する端末とからなる。地図情報は表示部のサイズの画像情報であり、この地図情報が複数集合することで、地図の全体を表す。



次に、この背景技術となる地図情報システムの動作を説明する。まず、起動と同時に前記端末が、利用者に対して表示部に、縮小された地図の全体像をメニュー画像として表示する。このメニュー画像として表示されている地図の全体は、地図情報に基づいて画定されて、各画定されている領域を画像領域とすると、各画像領域に重複しない識別番号が付与されている。利用者は、メニュー画像中の各画像領域から所望の画像領域を、当該画像領域に対して付与されている識別番号を選択することで、指定することとなる。端末が、利用者より指定された画像領域に対して付与されている識別番号に基づいて、サーバに地図情報を要求する。



サーバは、端末からの要求に応じて、要求された地図情報をデータベースから読み出し端末に送信する。そして、端末がサーバから送信された地図情報を受信して表示部にこの地図情報をそのまま表示画像の部位として表示する。

産業上の利用分野


本発明は、表示画面より大きな画像を表示させる画像表示方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
画素サイズの大きな表示画像を当該表示画像の画素サイズより小さな画素サイズの画面に表示する画像表示方法において、
記大きな表示画像を前記画面に表示可能なサイズまで縮小し、前記表示画像をベクトル情報化して表示可能としたメニュー画像を、縦横に区画された各領域のサイズを同一とする複数の矩形形状区分た画定領域とし、この区分したメニュー画像の各画定領域に識別子を付与して選択するためのメニューとして表示する第1のステップと
前記第1のステップにより表示されたメニュー画像の各画定領域のうち一の画定領域が選択された場合に、当該選択された一の画定領域に対応する地図情報と当該地図情報に隣接する3枚の地図情報とを結合して矩形形状の表示画像を構成する4枚の地図情報を取得し、当該4枚の地図情報を保存し、当該4枚の地図情報を結合して矩形形状の表示画像として表示する第2のステップと
前記第2のステップにより4枚の地図情報を結合して表示され表示画像うち他の画定領域の選択に基づいて当該表示画像と異なる表示画像表示を行う場合に、当該選択されたの画定領域に対して付与されている識別に対応する第1の地図情報と、前記第2のステップにより選択された一の画定領域に対する当該選択された他の画定領域の方向に沿う前記第1の地図情報に隣接する第2の地図情報と、前記第1の地図情報及び第2の地図情報に共に隣接する第3の地図情報並びに第4の地図情報と、を結合して矩形形状の表示画像を構成する4枚の地図情報のうち、既に保存している地図情報を除いた地図情報を取得して、当該地図情報を保存する第3のステップと
前記第3のステップにより保存した地図情報及び前記第2のステップにより既に保存している地図情報のうち、前記第1の地図情報、第2の地図情報、第3の地図情報及び第4の地図情報を結合して矩形形状の表示画像として表示する第4のステップと、
を含むことを特徴とする画像表示方法。

【請求項2】
前記請求項1に記載の画像表示方法において、
既に保存している画定領域を利用する場合に、利用する画定領域をより小さな画定領域に分割して利用することを
特徴とする画像表示方法。
産業区分
  • 計算機応用
  • 運動娯楽用
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2004160967thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は,下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close