TOP > 国内特許検索 > リニアテトラピロール系色素

リニアテトラピロール系色素

国内特許コード P06A009439
整理番号 DP1168
掲載日 2006年11月10日
出願番号 特願2006-063190
公開番号 特開2006-283014
登録番号 特許第5128780号
出願日 平成18年3月8日(2006.3.8)
公開日 平成18年10月19日(2006.10.19)
登録日 平成24年11月9日(2012.11.9)
優先権データ
  • 特願2005-065652 (2005.3.9) JP
発明者
  • 水谷 義
  • 中筋 悠介
出願人
  • 学校法人同志社
発明の名称 リニアテトラピロール系色素
発明の概要

【課題】有機物との相溶性及び有機溶媒への溶解度が高く、界面に吸着させたときに配向性がよいリニアテトラピロール系色素を提供する。
【解決手段】この発明にかかるリニアテトラピロール系色素は、フェニル基にアルキル基、アルコキシ基を有するテトラフェニルポルフィリン化合物を酸化・開裂して合成するものであることを主要な特徴とする。具体的には、

(式中、R1,R2,R3はH,Cn2n+1又はOCn2n+1の何れか(ただし、R1,R2,R3のすべてがHの場合を除く。)を表し、nは3から30の何れかの数字を表す。)のような化合物である。
【選択図】なし

従来技術、競合技術の概要


周りの環境に応じて構造を変化させる機能性色素は、新しいセンサー、分析試薬などへの幅広い応用が考えられており、なかでも、金属イオンや有機溶媒に感受性が高く光の吸収波長を変化させる機能性色素の開発がのぞまれている。



このような機能性色素の一つとして、テトラフェニルポルフィリン環を酸化・開裂して合成するリニアテトラピロール系色素、例えば、ビリンジオン、ビラジエノン系化合物が以前から研究されている。また、このようなリニアテトラピロール系色素は、π電子共役の構造をもち、かつ、柔軟なコンフォーメーションをとるため、外部刺激に対する応答性に優れていることが知られている(非特許文献1を参照。)。



しかし、上記リニアテトラピロール系色素は、有機物との相溶性があまりよくなく、有機溶媒に対する溶解度もあまりよくなかった。また、界面に吸着させたときの配向性もあまりよくなかった。そのため、上記テトラピロール系色素は、機能性色素、糖など生理活性分子の吸着剤、及びこれら生理活性分子のセンサーとして使用するには向いてなかった。

【非特許文献1】山内ら,「テトラアリルポルフィリンを原料とするビリンジオン、ビラジエンンの簡便で一般性のある合成法(A facile and versatile preparation of bilindiones and biladienones from tetraarylporphyrin)」,(イギリス),化学通信(Chem. Commun.),王立化学会(The Royal Society of Chemistry),2005年3月発行,第10号,p.1309-1311

産業上の利用分野


この発明は、リニアテトラピロール系色素に関し、特に機能性色素等として利用可能なリニアテトラピロール系色素に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
式(
【化学式1】


(式中、R1, R2, R3はH, CnH2n+1又はOCnH2n+1の何れか(ただし、R1,R2,R3のすべてがHの場合を除く。)を表し、nは3から30の何れかの数字を表し、MはZn,Mn,Fe,Co,Ni,Cu,Cdの何れかを表す。)で示されるリニアテトラピロール系色素。

【請求項2】
式(
【化学式2】


で示される請求項に記載のリニアテトラピロール系色素。

【請求項3】
式(
【化学式3】


(式中、RはH,CnH2n+1又はOCnH2n+1の何れか(ただし、Rは同一でも互いに異なっていてもよいが、すべてがHの場合は除く。)を表し、nは3から30の何れかの数字を表す。)で示されるリニアテトラピロール系色素。

【請求項4】
式(
【化学式4】


で示される請求項に記載のリニアテトラピロール系色素。

【請求項5】
式(
【化学式5】


で示される請求項に記載のリニアテトラピロール系色素。

【請求項6】
式(
【化学式6】


(式中、RはH,CnH2n+1又はOCnH2n+1の何れか(ただし、Rは同一でも互いに異なっていてもよいが、すべてがHの場合は除く。)を表し、nは3から30の何れかの数字を表し、MはZn,Mn,Fe,Co,Ni,Cu,Cdの何れかを表す。)で示されるリニアテトラピロール系色素。

【請求項7】
式(
【化学式7】


で示される請求項に記載のリニアテトラピロール系色素。
産業区分
  • 染料
  • 有機化合物
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

15039_32SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close