TOP > 国内特許検索 > 認証装置、表示入力システム、認証用器具、認証システム、認証方法、認証プログラムおよび記録媒体

認証装置、表示入力システム、認証用器具、認証システム、認証方法、認証プログラムおよび記録媒体 新技術説明会

国内特許コード P06A009502
整理番号 H05-021
掲載日 2006年12月1日
出願番号 特願2005-055079
公開番号 特開2006-243843
登録番号 特許第4682320号
出願日 平成17年2月28日(2005.2.28)
公開日 平成18年9月14日(2006.9.14)
登録日 平成23年2月18日(2011.2.18)
発明者
  • 松本 眞
  • 斎藤 睦夫
出願人
  • 学校法人広島大学
発明の名称 認証装置、表示入力システム、認証用器具、認証システム、認証方法、認証プログラムおよび記録媒体 新技術説明会
発明の概要

【課題】 安価で高度なセキュリティを有する認証システムを実現する。
【解決手段】 サーバ装置1は、穴パターン記憶部15が記憶する利用者固有の複数のカードの穴の位置情報、および、相対位置情報生成部14が生成した相対位置情報を基に、全てのカードに一致する穴の位置を抽出する共通穴位置抽出部16と、ランダムテーブルにおける、共通位置抽出部16が抽出した位置に対応するアルファベットに基づいて、特定データ列を決定する特定データ列抽出部17と、特定データ列と端末装置に入力された入力データ列との照合結果を基に認証を行う認証判定部20とを備えている。これにより、新たなカードを配布することなく、各カードの相対位置を変えることで、認証に用いる穴の位置を容易に変更することができる。その結果、穴の位置が推定されにくくなる。
【選択図】 図1

従来技術、競合技術の概要


近年、通信ネットワークの発達に伴い、通信ネットワークを利用して様々なホストコンピュータにアクセスすることが可能となっている。例えば、銀行が管理するホストコンピュータに対して銀行の顧客がアクセスし、預金口座の残高照会や振込などの各種取引を行うことができる。このような取引において、ホストコンピュータは、アクセス要求してきた利用者が登録済の真正な利用者であるかを認証する必要がある。



もっとも広く使われている利用者認証方式は、パスワード認証方式である。しかしながら、パスワード認証方式では、通信路でのパスワードの漏洩、本来のホストサーバになりすました偽のサーバによるパスワードの盗み取り、端末パソコンに仕掛けられたキー入力記録プログラムによるパスワードの盗み取りなどに対して安全ではない。また、記憶できるパスワードの種類は誕生日など限られたものになるため、他者に推測されやすい。



そこで、よりセキュリティを高めるために次のような技術がある。



例えば、特許文献1から3には、ランダムに数字や絵が2次元に配置されたテーブルがサーバから送信され、利用者側は、予め定められたテーブル上の位置パターンを秘密位置パターンとして記憶しておき、この位置に対応する数字や絵、または、この位置に対応する数字に演算を施したものを入力して送信するシステムが開示されている。これにより、利用者が入力するパスワードは、サーバから送信されるテーブルに応じて毎回変わる、いわゆるワンタイムパスワードとなる。



また、特許文献4には、利用者側で座標検出器を持ち、この座標検出器に予め定められた座標パターンを入力し、入力された座標パターンと登録座標パターンとを照合して認証を行う方式が開示されている。

【特許文献1】特開平10-307799(1998年11月17日公開)

【特許文献2】特開2000-172544(2000年6月23日公開)

【特許文献3】特開2003-256373(2003年9月12日公開)

【特許文献4】特開平11-149454(1999年6月2日公開)

産業上の利用分野


本発明は、利用者の認証を行う認証システムと、この認証システムで使用される認証装置、表示入力システム、認証用器具、認証方法、認証システム、認証プログラムおよび記録媒体に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
表示装置ならびに入力装置を介して利用者の認証を行う以下の(a)から(e)を備える認証装置。
(a)穴または透明部が利用者固有の複数の位置に形成された所定の形状の複数枚のカードを所定の相対位置で重ね合せたときに、全てのカードで一致する複数の穴または透明部の位置を示す共通位置情報を取得する共通位置取得手段
(b)所定の形状の画像であって、異なる複数種の単位画像をランダムに配列したランダム画像を前記表示装置に表示させるランダム画像表示手段
(c)前記ランダム画像における、前記共通位置取得手段が取得した共通位置情報が示す位置に対応する単位画像に基づいて、特定データを決定する特定データ決定手段
(d)前記複数枚のカードを前記相対位置で重ね合せた状態で、前記表示装置によって表示されたランダム画像に重ねたときに、全てのカードで一致する複数の穴または透明部の位置に対応する単位画像を基に利用者によって入力された入力データを、前記入力装置から取得する入力データ取得手段
(e)前記入力データと前記特定データとの照合結果を基に認証を行う認証手段

【請求項2】
(f)前記カードの穴または透明部の位置を示す位置情報を記憶する位置情報記憶部
(g)各カードの前記相対位置を生成する相対位置生成手段
(i)前記相対位置生成手段が生成した相対位置を示す情報を表示装置に表示させる相対位置情報表示手段
をさらに備えるとともに、
前記共通位置取得手段は、前記位置情報記憶部から読み出した位置情報および前記相対位置生成手段が生成した相対位置を基に、前記共通位置情報を求めることを特徴とする請求項1に記載の認証装置。

【請求項3】
(j)前記カードの穴または透明部の位置を記憶する位置情報記憶部
(k)各カードの前記相対位置を利用者識別情報と対応付けて記憶する相対位置情報記憶部
をさらに備えるとともに、
前記共通位置取得手段は、前記位置情報記憶部から読み出した位置情報および前記相対位置情報記憶部から読み出した相対位置情報を基に、前記共通位置情報を求めることを特徴とする請求項1に記載の認証装置。

【請求項4】
(l)前記カードの穴または透明部の位置を記憶する位置情報記憶部
(m)一部のカードの前記相対位置を利用者識別情報と対応付けて記憶する相対位置情報記憶部
(n)残りのカードの前記相対位置を生成する相対位置生成手段
(o)前記相対位置生成手段が生成した相対位置を示す情報を表示装置に表示させる相対位置情報表示手段
をさらに備えるとともに、
前記共通位置取得手段は、前記位置情報記憶部から読み出した位置情報、前記相対位置情報記憶部から読み出した相対位置情報および前記相対位置生成手段が生成した相対位置を基に、前記共通位置情報を求めることを特徴とする請求項1に記載の認証装置。

【請求項5】
前記単位画像は、文字、絵、記号、数字、色、および、時間に応じて変化するとともに、その時間変化量が識別可能である画像のうち少なくとも1つであることを特徴とする請求項1に記載の認証装置。

【請求項6】
前記相対位置は、所定の軸に沿った平行移動量で示されるものであることを特徴とする
請求項1に記載の認証装置。

【請求項7】
前記相対位置は、カード内の点を中心とした回転角度で示されるものであることを特徴とする請求項1に記載の認証装置。

【請求項8】
請求項1~7の何れか1項に記載の認証装置に対して認証要求を行う、以下の(a)を備える表示装置と、以下の(b)(c)を備える入力装置と、(d)穴または透明部が利用者固有の複数の位置に形成された複数枚のカードとを備える表示入力システム。
(a)異なる複数種の単位画像をランダムに配列したランダム画像を前記認証装置から取得し、取得したランダム画像を所定形状で表示する表示手段
(b)前記複数枚のカードを所定の相対位置で重ね合せた状態で、前記表示手段によって表示されたランダム画像に重ねたときに、全てのカードで一致する穴または透明部の位置に対応する単位画像に基づいた入力データが利用者によって入力される入力部
(c)前記入力部に入力された入力データを前記認証装置に送信する入力データ送信手段

【請求項9】
請求項8に記載の表示入力システムにおいて、利用者の認証に使用される以下の(a)から(c)を備える認証用器具。
(a)利用者固有の複数の位置に穴または透明部が形成された複数枚のカード
(b)前記各カードの相対位置が変更可能なように前記複数枚のカードを重ね合わせた状態で保持するカード保持部材
(c)前記各カードの相対位置を決定するための位置決め手段

【請求項10】
前記各カードは、前記カード保持部材における所定の初期位置にあるときを除いて、前記カード保持部材からはみ出ることを特徴とする請求項9に記載の認証用器具。

【請求項11】
前記カードが矩形状であり、
前記相対位置が所定の軸に沿った平行移動量で示されるものであることを特徴とする請求項9または10に記載の認証用器具。

【請求項12】
前記カードが略円形状であり、
前記相対位置はカード内の略中心点に対する回転角度で示されるものであることを特徴とする請求項9または10に記載の認証用器具。

【請求項13】
請求項1~7の何れか1項に記載の認証装置と、請求項8に記載の表示入力システムとを備えることを特徴とする認証システム。

【請求項14】
表示装置ならびに入力装置を介して利用者の認証を行う認証装置における認証方法であって、以下の(a)から(e)を含むことを特徴とする認証方法。
(a)穴または透明部が利用者固有の複数の位置に形成された所定の形状の複数枚のカードを、所定の相対位置で重ね合せたときに全てのカードで一致する複数の穴または透明部の位置を示す共通位置情報を取得する共通位置取得ステップ
(b)異なる複数種の単位画像をランダムに配列した所定の形状のランダム画像を前記表示装置に表示させるランダム画像表示ステップ
(c)前記ランダム画像における、前記共通位置情報が示す位置に対応する単位画像に基づいて、特定データを決定する特定データ決定ステップ
(d)前記複数枚のカードを前記相対位置で重ね合せた状態で、前記表示装置によって表示されたランダム画像に重ねたときに、全てのカードで一致する複数の穴または透明部の位置に対応する単位画像を基に利用者によって入力された入力データを、前記入力装置から取得する入力データ取得ステップ
(e)前記入力データと前記特定データとの照合結果を基に認証を行う認証ステップ

【請求項15】
請求項1~7の何れか1項に記載の認証装置を動作させる認証プログラムであって、コンピュータを上記の各手段として機能させるための認証プログラム。

【請求項16】
請求項8に記載の表示入力システムを動作させる認証プログラムであって、コンピュータを上記の各手段として機能させるための認証プログラム。

【請求項17】
請求項15または16に記載の認証プログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。
産業区分
  • その他情報処理
  • 事務機
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005055079thum.jpg
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close