TOP > 国内特許検索 > 細胞性粘菌を利用した医薬候補物質のスクリーニング法

細胞性粘菌を利用した医薬候補物質のスクリーニング法 新技術説明会

国内特許コード P06P005105
整理番号 IP16-079
掲載日 2007年1月19日
出願番号 特願2005-166839
公開番号 特開2006-340615
登録番号 特許第4452829号
出願日 平成17年6月7日(2005.6.7)
公開日 平成18年12月21日(2006.12.21)
登録日 平成22年2月12日(2010.2.12)
発明者
  • 久保原 禅
出願人
  • 国立大学法人群馬大学
発明の名称 細胞性粘菌を利用した医薬候補物質のスクリーニング法 新技術説明会
発明の概要

【課題】 抗腫瘍剤や抗糖尿病剤などの医薬候補化合物を効率よく医薬候補物質をスクリーニングする方法を提供する。
【解決手段】 ディクチオステリュウム ディスコイディウム(Discotyostelium discoidem)などの細胞性粘菌の内因性分化誘導因子DIF-1を産生しない変異株HM44細胞等を用いて、柄細胞への細胞分化誘導活性等を指標にして医薬候補物質をスクリーニングする。細胞性粘菌の分化を促進する化合物の中に、癌細胞増殖抑制効果や糖代謝促進作用を有する化合物が含まれる。
【選択図】 図3

従来技術、競合技術の概要


新規医薬の開発は、社会の重要課題の1つである。その医薬開発の方法の1つとして、各種培養細胞の変化(分化状態や細胞増殖)を指標として天然物質や人工化合物の効果を検定し、医薬候補物質をスクリーニングする方法がある。従来、いろいろな細胞が医薬候補物質のスクリーニングに利用されており、たとえば、各種癌細胞をin vitro培養して、サンプル化合物が癌細胞の増殖を抑制することができるかどうか評価することによって、抗癌剤の候補物質のスクリーニングが行われている。また、天然化合物(混合物)をこのようなスクリーニング系にかけ効果を確認しながら、混合物の中から有効成分を分離、精製することも行われている。
しかしながら、各種哺乳類細胞を利用した薬剤スクリーニングは相当数試みられており、従来の方法では、混合物中の既知の成分の効果がむしろ判定の邪魔になって、新規成分を分離、精製することが難しくなるケースもでてくる。
そこで、医薬候補物質をスクリーニングするための新たな細胞系の確立が必要となってくる。



下等真核生物である細胞性粘菌は、発生過程において2種類の細胞(胞子と柄細胞)より成る子実体を形成する。柄細胞への分化には、細胞が分泌している脂溶性低分子DIF-1(式(I))が必要であることが知られている。これまでに、細胞性粘菌の分化を指標として医薬候補物質のスクリーニングが行われたことはなかった。



【化学式1】


産業上の利用分野


本発明は、細胞性粘菌の培養系を利用した簡便な医薬候補物質のスクリーニング法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
細胞性粘菌の培養系に化合物又は化合物を含む画分を添加し、細胞性粘菌の分化を誘導する化合物を糖代謝促進剤の候補物質として取得することを特徴とする、糖代謝促進剤の候補物質のスクリーニング方法。

【請求項2】
細胞性粘菌がディクチオステリュウム ディスコイディウム(Dictyostelium discoideum)である、請求項1に記載のスクリーニング方法。

【請求項3】
ディクチオステリュウム ディスコイディウムが下記式(I)で示されるDIF-1を産生しない変異株である、請求項2に記載のスクリーニング方法。
【化学式1】
産業区分
  • 微生物工業
  • 薬品
  • 薬品
  • 治療衛生
  • 試験、検査
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005166839thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close