TOP > 国内特許検索 > 信号記録装置および信号記録方法

信号記録装置および信号記録方法

国内特許コード P06A009655
掲載日 2007年2月16日
出願番号 特願2004-276301
公開番号 特開2006-094078
登録番号 特許第4293547号
出願日 平成16年9月24日(2004.9.24)
公開日 平成18年4月6日(2006.4.6)
登録日 平成21年4月17日(2009.4.17)
発明者
  • 唐沢 好男
  • 竹本 淳
  • プブドゥ サンパトゥ ウィジェセーナ
出願人
  • 学校法人電気通信大学
発明の名称 信号記録装置および信号記録方法
発明の概要

【課題】復数のテレビ番組を同時に、電波形式を保持したまま記録再生することができる放送波の記録再生方式を提供すること。
【解決手段】記録する複数のテレビチャネルの放送信号をバンドパスフィルタで切り出し、各々を周波数変換して周波数軸上の0Hzから順に周波数軸上に重ならないように配置する。この信号をA/D変換し、HDD等に記録する。チャネル情報および時刻情報も同時に記録する。再生する際は、チャネルと時刻を指定することにより、記録されているデータから所望のチャネル・時刻のデータを取り出して、D/A変換器を介して出力し、これを所望のチャネルの周波数帯に変換する。この信号をテレビで視聴する。波形等化処理など記録データの加工も可能である。簡単な構成で複数チャネルを同時に記録可能である。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


図12は、従来の地上ディジタル放送の受信機の構成とコンテンツの記録再生方式を示すブロック図である。受信機は電波をアンテナで受信し、所望のチャネルの信号を低周波帯の信号に変換する。この信号は地上ディジタル放送の場合は直交周波数多重(OFDM)変調されているので、これを復調してMPEG2で符号化されている信号(ベースバンド信号)に戻す。さらに、この符号化されている信号を復号化(デコード)し、映像や音声などのアナログ信号に戻して、テレビ番組(コンテンツ)を見る。



コンテンツの記録再生方式には大別して2つの方法がある。第一の方法は、従来からある磁気テープによる記録である。これは復号化された映像や音声のアナログ信号をアナログ信号として記録する。同じアナログ信号をディジタル化してDVDやハードディスク装置(以下HDDとも記す)に記録する方法もある。第2の方法は、OFDMの復調は行うが、MPEG-2で符号化されたディジタル信号のまま例えばIEEE1394バスを介してHDDや磁気テープなどにディジタル記録する方法である。画質的な意味では、第2の方法がディジタル放送の番組記録には最も優れている。



例えば、下記の文献には、チューナから出力されるアナログのテレビジョン信号を信号処理回路によってディジタル化し、さらに圧縮伸長回路によってMPEG画像データに圧縮した後、ハードディスクに記録する第一の方法に関する装置が開示されている。

【特許文献1】特開2003-174613号公報

産業上の利用分野


本発明は、信号記録装置および信号記録方法に関するものであり、特に、復数のテレビ放送番組を同時に、電波形式を保持したまま記録再生することができる信号記録装置および信号記録方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
それぞれの周波数帯域が重ならず、かつ周波数の低い方から相互に影響が出ない範囲で密に配置し、複数の放送信号を異なる周波数帯に周波数変換して合成することにより低域の信号に周波数変換する周波数変換手段と、
前記周波数変換手段によって低域に周波数変換された信号をA/D変換するA/D変換手段と、
前記A/D変換手段によってA/D変換されたデータを記憶するデータ記憶手段と、
前記データ記憶手段から読み出されたデータをD/A変換するD/A変換手段と、
前記D/A変換手段の出力信号を所望の周波数に変換する周波数上変換手段と
を備えたことを特徴とする信号記録装置。

【請求項2】
更に、時間情報を出力する時計手段と、前記A/D変換されたデータに時計手段から出力される時間情報を挿入する時間情報挿入手段とを備えたことを特徴とする請求項1に記載の信号記録装置。

【請求項3】
更に、前記データ記憶手段からデータを読み出し、信号を補正して前記データ記憶手段に書き込む信号補正手段を備えたことを特徴とする請求項1に記載の信号記録装置。

【請求項4】
前記周波数変換手段は、複数の放送信号のそれぞれのみを通過させる複数のバンドパスフィルタを備えたことを特徴とする請求項1に記載の信号記録装置。

【請求項5】
前記周波数変換手段は、周波数帯域が隣接する複数の放送信号をまとめて通過させるバンドパスフィルタを備えたことを特徴とする請求項1に記載の信号記録装置。
産業区分
  • テレビ
  • 電子応用機器
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2004276301thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close