TOP > 国内特許検索 > 画像表示装置

画像表示装置 UPDATE 新技術説明会

国内特許コード P07A009916
整理番号 ShIP‐5014C-SM15
掲載日 2007年5月25日
出願番号 特願2005-264210
公開番号 特開2007-078863
登録番号 特許第4214236号
出願日 平成17年9月12日(2005.9.12)
公開日 平成19年3月29日(2007.3.29)
登録日 平成20年11月14日(2008.11.14)
発明者
  • 下平 美文
出願人
  • 国立大学法人静岡大学
発明の名称 画像表示装置 UPDATE 新技術説明会
発明の概要 【課題】 色合いを維持しつつ輝度向上をはかって多色画像を表示することができる画像表示装置を得る。
【解決手段】 画像入力部32に入力された画像データについて色座標判定部44で対象の色空間を判定し、指定された輝度値を超え、色座標が色空間の境界線上にないときに、標準色変換部46においてRGBの三刺激値からなるマトリクスで色変換する。次に特定色変換部48において白色とRGBの該当する2色からなる三刺激値からなるマトリクスで色変換し、係数決定部52において決定されたk係数部54の係数k及びh係数部56の係数hが乗じられたデータが合成部58で加算される。そのRGBWの合成データは、階調変換部60に入力され、階調変換されて、その階調データによりミラー駆動部40で空間光変調素子20が駆動されてスクリーン24に画像が表示される。
【選択図】 図4
従来技術、競合技術の概要


多色画像を表示する場合、赤色、緑色及び青色の各色を基準色として画像表示することが一般的に行われていた。このような画像表示装置では、白色を表示する場合、赤色、緑色及び青色の各色を一定量づつ提示することによって行われていたが、3色の合成では、白色の再現性が良好でない場合があった。



これを解消するため、赤色、緑色及び青色の各色に、白色を基準色として追加した画像表示装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。この技術では、RGBの各画素の輝度に比例した白色輝度と白色単体の輝度とを用いて、画像を表示する4色表示装置を提案している。
【特許文献1】
特開2004-286814号公報

産業上の利用分野


本発明は、画像表示装置にかかり、特に、少なくとも予め定めた赤色、緑色及び青色の各色を基準色として画像を表示する画像表示装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
予め定めた赤色、緑色及び青色の各色を基準色とする第1表色系の色成分を表す画像データを用いて多色画像を表示する画像表示装置において、
前記第1表色系と異なる赤色、緑色及び青色の各色を基準色とする第2表色系により画像を表示すると共に、入力されるデバイスデータに応じて前記第2表色系に含まれる白色、赤色、緑色及び青色の各色を画素毎に表示する表示手段と、
入力された第1表色系の画像データを用いて前記表示手段の赤色、緑色及び青色の各色を基準色とする第2表色系における赤色、緑色及び青色の各色成分を表す基本データを求める基本色演算手段と、
入力された第1表色系の画像データを用いて前記表示手段の赤色、緑色及び青色の何れか2色と、白色とを基準色とする第3表色系における前記2色及び白色の各色成分を表す特定データを求める特定色演算手段と、
前記基本色演算手段の各基準データと、前記特定色演算手段の各特定データとを前記表示手段の最大輝度を超えないように同色について合成して白色、赤色、緑色及び青色の各色の合成データを求める合成手段と、
前記合成データに基づいて前記表示手段の各色のデバイスデータを求める出力データ演算手段と、
を備えたことを特徴とする画像表示装置。

【請求項2】
前記合成手段は、前記基本色演算手段の基準データと、前記特定色演算手段の特定データとを所定比率で各色毎に加算する加算手段と、前記所定比率を決定する決定手段とから構成することを特徴とする請求項1に記載の画像表示装置。

【請求項3】
入力手段をさらに備え、前記合成手段は、前記入力手段の入力値に基づいて前記同色について合成することを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の画像表示装置。

【請求項4】
前記画像データの輝度値を演算する輝度演算手段をさらに備え、前記合成手段は、前記輝度演算手段による輝度値に基づいて前記同色について合成することを特徴とする請求項1乃至請求項3の何れか1項に記載の画像表示装置。

【請求項5】
入力された画像データの色座標を演算する座標演算手段をさらに備え、前記決定手段は、前記座標演算手段による座標値に基づいて前記同色について合成することを特徴とする請求項1乃至請求項4の何れか1項に記載の画像表示装置

【請求項6】
前記合成手段において、前記特定色演算手段の各特定データを合成データに含めることを禁止する禁止手段をさらに備えたことを特徴とする請求項1乃至請求項5の何れか1項に記載の画像表示装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005264210thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close