TOP > 国内特許検索 > 心不全症状を呈するゼブラフィッシュ

心不全症状を呈するゼブラフィッシュ 新技術説明会

国内特許コード P07P005435
掲載日 2007年6月8日
出願番号 特願2005-328106
公開番号 特開2007-129982
登録番号 特許第4630989号
出願日 平成17年11月11日(2005.11.11)
公開日 平成19年5月31日(2007.5.31)
登録日 平成22年11月26日(2010.11.26)
発明者
  • 田中 利男
  • 島田 康人
  • 西村 訓弘
出願人
  • 学校法人三重大学
発明の名称 心不全症状を呈するゼブラフィッシュ 新技術説明会
発明の概要

【課題】 簡便かつ安価な方法で心不全のモデル動物を作製する方法を提供すること。
【解決手段】 心不全症状を呈するゼブラフィッシュの製造方法であって、ゼブラフィッシュ受精卵を化学物質、例えばタクロリムス水和物またはアステミゾールの存在下で飼育することを特徴とする方法が開示される。また、本発明の方法により得られる心不全症状を呈するゼブラフィッシュを用いて心不全治療薬の候補物質を同定する方法も開示される。本発明の心不全症状を呈するゼブラフィッシュは、心不全の治療および予防に関する研究開発のためのモデル動物として有用である。
【選択図】 図2

従来技術、競合技術の概要


心不全などの心疾患を治療および予防するための新規薬剤の開発においては、心疾患の症状を呈するモデル動物、あるいは心疾患に関連する遺伝子または蛋白質に異常を有する変異体培養細胞または遺伝子組み換え培養細胞を用いて、候補薬剤の薬効を調べることが必要である。しかし、哺乳動物のモデル動物は高価であり広い実験施設を必要とするため、候補化合物を広くスクリーニングするのには適していない。また、培養細胞を用いる場合には、候補化合物が培養細胞で示す挙動と哺乳動物中での挙動とは必ずしも対応しない。



一方、より安価で大量の処理に適した方法として、ゼブラフィッシュ、メダカなどの小型の魚類をモデル動物として用いることも研究されており、毒性試験、変異原性試験等に応用されている。このようなモデル動物を得る1つの方法は、変異原を作用させて突然変異を引き起こした後に、所望の表現型を有する個体を選択する方法である。しかし、安定な変異株を樹立するためには繰り返し交配させる必要があるため、非常に手間がかかる。また、疾患に関連する標的遺伝子が過剰発現するかまたは欠損しているトランスジェニック動物を得る方法も知られているが、この方法は疾患に関連した遺伝子が同定されている場合にしか適用することができないという制限がある。さらに、ゼブラフィッシュの発生における特定の遺伝子または蛋白質の役割を調べる目的で、発生過程の種々の期間にその遺伝子の発現または蛋白質の機能の阻害剤を添加する実験が行われている(Chang, et al., Cell 118, 649-663, 2004, Lee el al., Developmental Dynamics published online, Sep. 2005)。しかしながら、これらの方法は、阻害剤が発生に及ぼす影響を遺伝子レベルで調べる目的で行われているものであり、疾患モデル動物を作製する方法、特にスクリーニングに適した安定した形質を有する疾患モデル動物を大量に作製することは示唆されていない。




【非特許文献1】Chang, et al., Cell 118, 649-663, 2004

【非特許文献2】Lee el al., Developmental Dynamics published online, Sep. 2005

産業上の利用分野


本発明は、心不全の治療および予防に関する研究開発のためのモデル動物として有用なゼブラフィッシュに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
心不全症状を呈するゼブラフィッシュの製造方法であって、ゼブラフィッシュ受精卵をタクロリムス水和物またはアステミゾールの存在下で飼育することを特徴とする方法。

【請求項2】
ゼブラフィッシュが拡張型心筋症症状を呈する、請求項1記載の方法。

【請求項3】
ゼブラフィッシュ受精卵を受精直後から6日目までの間に連続的または断続的にタクロリムス水和物の存在下で飼育することを特徴とする、請求項1記載の方法。

【請求項4】
ゼブラフィッシュ受精卵を受精後24時間から34時間までの間、タクロリムス水和物の存在下で飼育することを特徴とする、請求項1記載の方法。

【請求項5】
ゼブラフィッシュ受精卵を受精直後から6日目までの間に連続的または断続的にアステミゾールの存在下で飼育することを特徴とする、請求項1記載の方法。

【請求項6】
心不全治療薬の候補物質を同定する方法であって,試験物質を請求項1記載の方法により製造された心不全症状を呈するゼブラフィッシュと接触させ,前記試験物質がゼブラフィッシュの心不全症状を変化させるか否かを測定することを含む方法。
産業区分
  • 畜産
  • 薬品
  • 治療衛生
  • 試験、検査
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005328106thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
さらに詳しい情報をご要望の方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。未公開情報等の交換をおこなう場合は秘密保持契約を締結しての面談等にて対応しております。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close