TOP > 国内特許検索 > 新規化合物及びこれを用いたビスフェノールAの挙動検出方法

新規化合物及びこれを用いたビスフェノールAの挙動検出方法 コモンズ

国内特許コード P07A010096
整理番号 KG0019
掲載日 2007年7月19日
出願番号 特願2005-043187
公開番号 特開2006-225351
登録番号 特許第4716751号
出願日 平成17年2月18日(2005.2.18)
公開日 平成18年8月31日(2006.8.31)
登録日 平成23年4月8日(2011.4.8)
発明者
  • 勝村 成雄
  • 今岡 進
出願人
  • 学校法人関西学院
発明の名称 新規化合物及びこれを用いたビスフェノールAの挙動検出方法 コモンズ
発明の概要

【課題】新規化合物とこれを用いたビスフェノールAの挙動を検出する方法の提供
【解決手段】
【請求項1】
下記式(1) で表される化合物。
【化1】

〔式中、R1は水素原子、メチル基又はエチル基を表す。R2は水素原子、メチル基又はエチル基を表す。R3は下記式(2)で表される基
【化2】

(式中、mは2~4の整数を表す。)
又は下記式(3)で表される基
【化3】

(式中、nは2~4の整数を表す。)
を表す。R4は-OH基、上記式(2)で表される基、上記式(3)で表される基又は下記式(4)で表される基
【化4】

(式中、lは1~3の整数を表す。R5は炭素数1~3のアルキル基を表す。)
を表す。〕
【選択図】なし

従来技術、競合技術の概要


PCBやDDTなど環境ホルモンの多くは、当初、化学的な安定性やヒトへの急性毒性の低さから非常に優れた化合物と考えられ広く使用されていたが現在は使用禁止となっている。使用禁止に至るまでには、これらの化合物の定量法の確立や受容体の同定など、世界中で膨大な研究の蓄積が必要であった。ビスフェノールA(BpA)は実験的に環境ホルモン様の作用があると最初に証明された最も有名な物質で、歯科治療剤からプラスチックに至るまで広く利用されていた。現在のところ、ビスフェノールAの代替品が開発されていないことと顕著な毒性が報告されていないことから、そのまま使用されているが、ビスフェノール類の環境中濃度の測定やその生理作用の検索は今後も盛んに行われると考えられる。前述のように、ビスフェノール類は、環境ホルモン様物質であることから、組織や細胞へ移行したり、受容体と結合したりする。したがって、ビスフェノール類の作用を特定するためには、環境中、細胞内、組織内、生体内でのビスフェノール類の挙動を追跡することが重要となる。



したがって、ビスフェノール類を追跡、測定する方法は広く研究され、炭素同位体により標識されたビスフェノールAを利用する方法(特許文献1参照)、ビスフェノールA に特異的に反応するモノクローナル抗体を利用する方法(特許文献2参照)などが報告されている。しかし、これまでの方法ではビスフェノールAの検出が容易ではなかったため、より簡便な方法でビスフェノールAを検出、測定する方法が望まれていた。

【特許文献1】特開2000-109442号公報

【特許文献2】特開2001-187800号公報

産業上の利用分野


本発明は、生体外、生体内におけるビスフェノールAの挙動を検出可能な新規化合物及び該化合物を用いたビスフェノールAの挙動の検出方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
下記式(1)
【化学式1】


〔式中、R1は水素原子、メチル基又はエチル基を表す。R2は水素原子、メチル基又はエチル基を表す。R3は下記式(2)で表される基
【化学式2】


(式中、mは2~4の整数を表す。)
又は下記式(3)で表される基
【化学式3】


(式中、nは2~4の整数を表す。)
を表す。R4は-OH基、上記式(2)で表される基、上記式(3)で表される基又は下記式(4)で表される基
【化学式4】


(式中、lは1~3の整数を表す。R5は炭素数1~3のアルキル基を表す。)
を表す。〕
で表される化合物。

【請求項2】
1及びR2がともにメチル基を表す、請求項1に記載の化合物。

【請求項3】
4が-OH基、上記式(2)で表される基、上記式(3)で表される基又は-OCH2OCH3で表される基である請求項1又は2に記載の化合物。

【請求項4】
請求項1~3のいずれかに記載の化合物を含有するビスフェノールAの挙動を検出するための試薬。

【請求項5】
請求項1~3のいずれかに記載の化合物の蛍光を検出する工程、これら化合物と結合したタンパク質の蛍光を検出する工程及びこれら化合物と結合したタンパク質の分子量を測定する工程からなる群から選択される少なくとも1種の工程を包含する、ビスフェノールAの挙動を検出する方法。
産業区分
  • 有機化合物
  • 微生物工業
  • 試験、検査
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

16705_12SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close