TOP > 国内特許検索 > 情報配信装置、情報配信システムおよび情報配信方法

情報配信装置、情報配信システムおよび情報配信方法

国内特許コード P07A010515
整理番号 P03-52
掲載日 2007年9月14日
出願番号 特願2004-078376
公開番号 特開2005-267218
登録番号 特許第4408383号
出願日 平成16年3月18日(2004.3.18)
公開日 平成17年9月29日(2005.9.29)
登録日 平成21年11月20日(2009.11.20)
発明者
  • 安本 慶一
  • 伊藤 実
  • 柴田 直樹
  • 玉井 森彦
  • 孫 ▲たお▼
出願人
  • 学校法人奈良先端科学技術大学院大学
発明の名称 情報配信装置、情報配信システムおよび情報配信方法
発明の概要

【課題】この発明は、情報配信装置に関し、指定された時間内でマルチメディア情報を再生する場合に、その情報のカテゴリ別に情報品質を変更することが可能な情報配信装置を提供すること。
【解決手段】画像および音声を含むマルチメディア情報を格納した第1情報記憶部と、マルチメディア情報の配信を希望するユーザによって設定されたマルチメディア情報の希望品質に関連する情報を含むユーザ要求情報を格納した第2情報記憶部と、前記ユーザ要求情報に基づいて、第1情報記憶部に格納されたマルチメディア情報の品質を、そのマルチメディア情報に付与されたカテゴリごとに変更し、そのユーザの所有する情報端末に送信するための送信情報を生成する情報加工部と、情報加工部で生成された送信情報を、前記情報端末に順次送信する送信部とを備えたことを特徴とする。
【選択図】図2

従来技術、競合技術の概要


近年、通信速度の高速化や、画像音声データの圧縮技術の進歩に伴って、インターネットを利用した動画配信や、無線通信を利用した携帯端末への動画配信が行われている。
たとえば、サーバに格納した動画,静止画,音声,文字などからなるマルチメディア情報を、インターネット経由でPDAやノートパソコンへ、ストリーミング情報として送信する情報配信サービスが行われている。



また、大容量のビデオレコーダで録画したマルチメディア情報をメモリカードに記録し、メモリカードを携帯端末に差し込んで、マルチメディア情報を再生するようなシステムも実現されつつある。
しかし、PDA,ノートパソコン,携帯電話をはじめとする携帯端末は、いつでもどこでも利用者の都合のよい時間と場所で、ストリーミング再生を楽しむことができるが、マルチメディア情報の再生には大きな消費電力を必要とするので、利用者は電池容量の残量を気にしながら再生を行う必要がある。そこで、マルチメディア情報を再生する携帯端末側の消費電力を制御する方法が、いくつか提案されている(特許文献1および2参照)。



特許文献1では、電池の実際の残量を検出し、受信したコンテンツを再生するために必要な電池容量を予測し、電池残量と必要な電池容量とを比較して電池残量が少ない場合は、電力不足を通知するとともに、配信サーバから動画像データの品質(フレーム数等)を落として送信させるようにする携帯端末の消費電力抑制方法が記載されている。
また、特許文献2では、ユーザが設定した動作モードと動作制限処理に基づいて、サーバから送信される符号化データの一部のみを受信するように受信制限をしたり、ユーザの嗜好データから判定した重要度とバッテリ残量に基づいて、受信,復号または再生出力の処理を制御するデータ再生装置が記載されている。

【特許文献1】特開2002-77377号公報

【特許文献2】特開2003-264767号公報

産業上の利用分野


この発明は、情報配信装置および情報配信方法に関し、特に、画像,音声を含むマルチメディア情報を携帯端末等へ配信する場合に、配信先である携帯端末側の状況を考慮した情報配信装置および情報配信方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
画像および音声を含むマルチメディア情報を格納した第1情報記憶部と、
ユーザによって設定されたマルチメディア情報の希望品質に関連する情報を含むユーザ要求情報を格納した第2情報記憶部と、
前記ユーザ要求情報に基づいて、第1情報記憶部に格納されたマルチメディア情報の情報品質を、そのマルチメディア情報に付与されたカテゴリごとに決定し、そのユーザの所有する情報端末に送信するための送信情報を生成する情報加工部と、
情報加工部で生成された送信情報を、前記情報端末に順次送信する送信部とを備え、
前記第2情報記憶部に格納されるユーザ要求情報が、前記カテゴリごとの希望再生品質を示す情報Iqを含み、
前記情報加工部によって決定された特定のカテゴリiの情報品質が、前記ユーザによって要求された希望再生品質よりも過剰である場合に、そのカテゴリiの情報品質を希望再生品質に縮小変更し、他のカテゴリの情報品質を比例配分して拡大変更することを特徴とする情報配信装置。

【請求項2】
画像および音声を含むマルチメディア情報を格納した第1情報記憶部と、
ユーザによって設定されたマルチメディア情報の希望品質に関連する情報を含むユーザ要求情報を格納した第2情報記憶部と、
前記ユーザ要求情報に基づいて、第1情報記憶部に格納されたマルチメディア情報の情報品質を、そのマルチメディア情報に付与されたカテゴリごとに決定し、そのユーザの所有する情報端末に送信するための送信情報を生成する情報加工部と、
情報加工部で生成された送信情報を、前記情報端末に順次送信する送信部とを備え、
前記第2情報記憶部に格納されるユーザ要求情報が、前記カテゴリごとの希望再生品質を示す情報Iqを含み、
前記情報加工部によって決定された特定のカテゴリiの情報品質が、前記ユーザによって要求された希望再生品質よりも過小である場合に、そのカテゴリiの情報品質を希望再生品質に拡大変更し、他のカテゴリの情報品質を比例配分して縮小変更することを特徴とする情報配信装置。

【請求項3】
画像および音声を含むマルチメディア情報を格納した第1情報記憶部と、
ユーザによって設定されたマルチメディア情報の希望品質に関連する情報を含むユーザ要求情報を格納した第2情報記憶部と、
前記ユーザ要求情報に基づいて、第1情報記憶部に格納されたマルチメディア情報の情報品質を、そのマルチメディア情報に付与されたカテゴリごとに決定し、そのユーザの所有する情報端末に送信するための送信情報を生成する情報加工部と、
情報加工部で生成された送信情報を、前記情報端末に順次送信する送信部とを備え、
前記第2情報記憶部に格納されるユーザ要求情報が、前記情報端末の電力残容量を含み、
前記送信情報を前記情報端末に送信中に、その情報端末の現在の電力残容量E1を予測する電力予測部と、
前記送信情報の送信中において前記情報端末からその電力残容量E2を受信する受信部と、
予測された電力残容量E1と受信された電力残容量E2との差が所定値を超えるか否かを比較する比較部とをさらに備え、
前記予測残容量E1と受信残容量E2との差が所定値を超えた場合に、
前記情報加工部が、未送信のマルチメディア情報に対してカテゴリごとの情報品質を再計算し変更することを特徴とする情報配信装置。

【請求項4】
前記第2情報記憶部に格納されるユーザ要求情報が、
前記情報端末の電力残容量Er,
再生希望マルチメディア情報名Id,
希望電力消費量情報Eo,
再生希望時間To,
マルチメディア情報に付与されたカテゴリに対する重要度Pをさらに含み、
前記第1情報記憶部に格納されたマルチメディア情報が、時分割されかつカテゴリが付与された複数個の場面情報からなり、
前記再生希望時間To内で、かつユーザの要求した希望電力消費量情報が示す電力の範囲内で、前記マルチメディア情報に付与されたカテゴリごとにユーザの希望再生品質を反映した情報が前記情報端末で再生することができるように、
前記情報加工部が、前記格納されたマルチメディア情報のカテゴリごとに情報品質を決定することを特徴とする請求項1または2の情報配信装置。

【請求項5】
前記情報加工部が決定するカテゴリごとの情報品質は、前記希望電力消費量情報によって定められる全消費電力のうち、そのカテゴリnに付与された重要度Pnおよびそのカテゴリが付与された場面の再生時間Tnから求められるそのカテゴリの消費電力量Enと、そのカテゴリの希望再生品質を示す情報Iqとによって決定されることを特徴とする請求項の情報配信装置。

【請求項6】
前記マルチメディア情報が動画像を含む場合に、前記カテゴリごとの情報品質は、動画像の画素数r,フレームレートfおよびビットレートbからなることを特徴とする請求項1乃至5のいずれかに記載の情報配信装置。

【請求項7】
前記マルチメディア情報が、重要度の異なる複数個のカテゴリの場面情報から構成される場合、前記情報端末で重要度の低いカテゴリの送信情報を再生中に、前記送信部が、その後に再生される重要度の高いカテゴリの送信情報の一部を、情報端末へ前もって送信しておくことを特徴とする請求項の情報配信装置。

【請求項8】
前記ユーザ要求情報に含まれた再生希望マルチメディア情報名のマルチメディア情報の全体について前記情報加工部が生成した送信情報を格納する第3情報記憶部を備え、第3情報記憶部が着脱可能な記録媒体であることを特徴とする請求項の情報配信装置。

【請求項9】
前記請求項1乃至8のいずれかに記載の情報配信装置により送信された送信情報を受信する受信部と、受信した送信情報を再生する情報再生部とを備えた情報端末。

【請求項10】
前記請求項の情報配信装置の第3情報記憶部を挿入可能な取付部と、取付部に挿入された第3情報記憶部に格納されている送信情報を再生する情報再生部とを備えた情報端末。

【請求項11】
画像および音声を含みかつカテゴリが付与されたマルチメディア情報を格納した第1情報記憶部と、
ユーザによって設定されたマルチメディア情報の希望品質に関連する情報を含むユーザ要求情報を格納し、前記ユーザ要求情報に前記カテゴリごとの希望再生品質を示す情報Iqを含んだ第2情報記憶部と、
前記ユーザ要求情報に基づいて、第1情報記憶部に格納されたマルチメディア情報の品質を、そのマルチメディア情報に付与されたカテゴリごとに決定し、そのユーザの所有する情報端末に送信するための送信情報を生成する情報加工部と、
情報加工部で生成された送信情報を、前記情報端末に順次送信する送信部とを備え、
前記情報加工部によって決定された特定のカテゴリiの情報品質が、
前記ユーザによって要求された希望再生品質よりも過剰である場合に、
そのカテゴリiの情報品質を希望再生品質に縮小変更し、
他のカテゴリの情報品質を比例配分して拡大変更する情報配信装置と、
情報配信装置から送信されてきた送信情報を再生する機能を備えた情報端末とから構成されることを特徴とする情報配信システム。

【請求項12】
配信される画像および音声を含むマルチメディア情報を取得し、
ユーザによって設定されたマルチメディア情報の希望品質に関連する情報を含むユーザ要求情報を取得し、
前記ユーザ要求情報に基づいて、ユーザが配信を希望した前記マルチメディア情報の品質を、そのマルチメディア情報に付与されたカテゴリごとに決定し、
そのユーザの所有する情報端末に送信するための送信情報を生成し、
生成された送信情報を、前記情報端末に順次送信し、
前記情報加工部によって決定された特定のカテゴリiの情報品質が、
前記ユーザによって要求された希望再生品質よりも過剰である場合に、
そのカテゴリiの情報品質を希望再生品質に縮小変更し、
他のカテゴリの情報品質を比例配分して拡大変更することを特徴とする情報配信装置の情報配信方法。
産業区分
  • 記憶装置
  • 伝送方式
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2004078376thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close