TOP > 国内特許検索 > 日射遮蔽物

日射遮蔽物 新技術説明会

国内特許コード P07A010690
掲載日 2007年10月4日
出願番号 特願2005-235983
公開番号 特開2007-051442
登録番号 特許第4797162号
出願日 平成17年8月16日(2005.8.16)
公開日 平成19年3月1日(2007.3.1)
登録日 平成23年8月12日(2011.8.12)
発明者
  • 赤坂 裕
出願人
  • 国立大学法人 鹿児島大学
発明の名称 日射遮蔽物 新技術説明会
発明の概要 【課題】 スラットの両面を適宜な角度に設定できるようにし、更には日射反射及び日射熱の放射の両特性を適切に設定し、省エネルギ効果、温熱快適性の向上を図る。
【解決手段】 複数枚のスラット1により構成されるブラインドであって、スラット1の長手方向の所定の箇所に設けられ、スラット1に対して傾斜する平板状の角度調整部4と、角度調整部4の角度を変えるための操作紐8、9、10とを備え、スラット1の一方の面2の日射反射率及び放射率を比較的大きくし、他方の面3の日射反射率及び放射率を比較的小さくしている。夏の冷房時には面2を室外に向けるように調整し、冬の暖房時には面3を室外に向けるように調整して、省エネルギ効果、温熱快適性の向上を図る。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要


建物の窓から室内に射しつける日光は昼光照明効果を有しており、人工照明の使用率を減らし、照明電力の消費を削減し、冬季には室温を上昇させて暖房消費エネルギを削減する。



その一方で、窓からの直射日光は、室内空間の一部を必要以上に明るくして不快グレアの要因となり、夏季には余剰な熱を持ち込んで冷房消費エネルギを増大させる要因ともなる。



そのため、窓にブラインド等の日射遮蔽物を設置し、日射量を調整することが一般的に行われている。日射遮蔽物のうちブラインドは、紐の操作によって、スラットを巻き上げたり、スラットの角度を変えたりすることで日射量を調整することができ、容易に設置することができるので、多くの建築物の窓に使用されている。



ブラインドのスラットの角度は、日中の日差しが強い時間帯は、グレア防止の観点からは、夏冬関係なく、外部からの直射日光を遮るように調整するのが効果的である。また、スラットの角度の調整は、室内のプライバシーを保護することを目的として行われることもある。



以上のように、ブラインドのスラットの角度の調整は、直射日光を遮断するように調整して不快グレアを軽減させたり、プライバシーを確保したりするだけでなく、室内への日射熱の侵入量にも影響し、それによって暖房消費エネルギや冷房消費エネルギを変化させる。



スラットの角度の調整が暖房消費エネルギ及び冷房消費エネルギを変化させることに着目すると、夏季の冷房時には日中の強い光を遮ると共に日射熱の侵入も遮る方がよいが、冬季の暖房時には日中の強い光を遮るが日射熱はできるだけ受け入れた方がよい。このようにブラインドによって窓から入ってくる強い光を遮る必要性は夏と冬で同じであっても、省エネルギや温熱快適性を考慮した日射熱の制御に関しては夏と冬で逆になる。



例えば特許文献1には、夏は日射熱を遮り、冬は日射熱を受け入れることを考慮したブラインドが開示されている。このブラインドのスラットは波形の形状を持っており、窓とブラインドの間に空気を流通させ、スラットが吸収した熱を排出又は回収することを目的として使用される。また、スラットの上面を日射の高反射面とし、下面を高吸収面としているが、スラットの回動可能な範囲は狭く、スラットの両面を直射日光に対して垂直に近い角度に設定することができない。



また、特許文献2には、複層ガラス間に設置するブラインドのスラットの片面に日射反射性膜を、他面に低放射性膜を形成することが開示されている。しかし、スラットの両面に対し日射反射率と放射率の両方を規定していない。また、特許文献1のブラインドと同様に、スラットの回転可能な範囲は狭く、スラットの両面を直射日光に対して垂直に近い角度に設定することができない。



【特許文献1】
特開2000-240378号公報
【特許文献2】
実開平6-87597号公報

産業上の利用分野


本発明は、複数枚のスラットにより構成されるブラインドやシャッタ等の日射遮蔽物に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
複数枚のスラットにより構成される日射遮蔽物であって、
前記スラットの長手方向の一部の箇所に設けられ、該スラットの面に対して左右の補強板によって凹部となるようなかたちで該スラットの上下縁の途中から該スラットの上下縁を通る平面に対して所定の傾斜角の方向に傾斜する平板状の角度調整部と、
前記角度調整部の角度を変えるための操作部材とを備えたことを特徴とする日射遮蔽物。

【請求項2】
前記スラットの一方の面の日射反射率及び放射率を比較的大きくし、他方の面の日射反射率及び放射率を比較的小さくすることを特徴とする請求項1に記載の日射遮蔽物。

【請求項3】
前記一方の面の日射反射率を0.5以上及び放射率を0.8以上にし、他方の面の日射反射率を0.3以下及び放射率を0.5以下にし、両面の日射反射率の差を0.3以上とすることを特徴とする請求項2に記載の日射遮蔽物。

【請求項4】
前記操作部材は、前記角度調整部を貫通する中央の操作紐と、前記角度調整部の室内側に配置される操作紐と、前記角度調整部の室外側に配置される操作紐と、前記角度調整部に沿って設けられ、前記室内側及び室外側に配置される操作紐に堅結される支持紐とにより構成されることを特徴とする請求項1~3のいずれか1項に記載の日射遮蔽物。

【請求項5】
前記スラットの一方の面と他方の面とで色彩が異なることを特徴とする請求項1~4のいずれか1項に記載の日射遮蔽物。

【請求項6】
XYZ表色系のY値が、前記スラットの一方の面で50%以上とし、他方の面を30%以下とし、両面のY値の差を30%以上とすることを特徴とする請求項1~5のいずれか1項に記載の日射遮蔽物。

【請求項7】
前記角度調整部の前記スラットに対する傾斜角度が(90度-日射遮蔽物を使用する地点の緯度±10度)で規定されることを特徴とする請求項1~6のいずれか1項に記載の日射遮蔽物。

【請求項8】
前記角度調整部の横幅は、下方に設けられる前記スラットほど大きく形成されていることを特徴とする請求項1~7のいずれか1項に記載の日射遮蔽物。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005235983thum.jpg
出願権利状態 登録
鹿児島TLOでは鹿児島大学、鹿屋体育大学から特許に関する技術移転を受託しています。
上記の特許・技術に興味を持たれた方はお問合せ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close