TOP > 国内特許検索 > 運行車両と乗換駅との連携システム

運行車両と乗換駅との連携システム

国内特許コード P07A010841
整理番号 /NO31186
掲載日 2007年10月26日
出願番号 特願2005-161769
公開番号 特開2006-338297
登録番号 特許第4574451号
出願日 平成17年6月1日(2005.6.1)
公開日 平成18年12月14日(2006.12.14)
登録日 平成22年8月27日(2010.8.27)
発明者
  • 前橋 栄一
  • 長田 実
出願人
  • 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 運行車両と乗換駅との連携システム
発明の概要

【課題】予め乗客の目的地情報を収集して弾力的な運行を実施できる運行車両と乗換駅との連携システムを提供する。
【解決手段】運行車両と乗換駅との連携システムにおいて、主に車両の入口11に配置される目的地指定・降車券発券・精算機12と、この目的地指定・降車券発券・精算機12に接続され、運転士の運転席の近傍に配置される前記車両の乗客の目的地情報を収集・表示する目的地情報表示装置13と、車両の出口16に配置される降車券照合機17と、前記車両の乗客の目的地情報に基づいて乗換駅での乗換え乗客の有無を当該乗換駅へ通報する通信手段とを具備する。
【選択図】図2

従来技術、競合技術の概要


近年、路面電車やバス、郊外鉄道等のワンマン車両は、マイカーに代わる自然に優しい便利な住民の足として、その利用が見直されようとしている。このようなワンマン車両には乗車券の有無をはじめ乗車態様の異なる乗客が乗車することになるため、従来は、乗客の下車時に運転士が乗車態様の異なる乗客にそれぞれ対応してチェック又は料金徴収を行い、降車を許可するようにしている。そのため、各乗客の下車に時間がかかり、結果として停車設定時間を長めにとる必要があり、車両運行の遅延を来すといった問題があった。

【特許文献1】なし

産業上の利用分野


本発明は、運行車両と乗換駅との連携システムに関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
(a)車両の入口に配置される整理券発行機と、
(b)車両の入口に配置される目的地指定・降車券発券・精算機と、
(c)該目的地指定・降車券発券・精算機に接続され、運転士の運転席の近傍に配置される前記車両の乗客の目的地情報を収集・表示する目的地情報表示装置と、
(d)車両の出口に配置される降車券照合機と、
(e)前記車両の乗客の目的地情報に基づいて乗換駅での乗換え乗客の有無を当該乗換駅へ通報する通信手段とを具備することを特徴とする運行車両と乗換駅との連携システム。

【請求項2】
請求項1記載の運行車両と乗換駅との連携システムにおいて、前記目的地指定・降車券発券・精算機で指定された目的地駅が当該車両が現在運行中である路線にない駅である場合には、前記目的地を有する路線を探索して乗換駅を前記目的地情報表示装置に表示することを特徴とする運行車両と乗換駅との連携システム。

【請求項3】
請求項1記載の運行車両と乗換駅との連携システムにおいて、前記車両の入口に配置される目的地指定・降車券発券・精算機及び前記車両の出口に配置される降車券照合機は耐振動型の据え置き情報処理装置であることを特徴とする運行車両と乗換駅との連携システム。
産業区分
  • その他通信
  • 自動車
  • 計算機応用
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005161769thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close