TOP > 国内特許検索 > 意思決定支援システム及び意思決定支援方法

意思決定支援システム及び意思決定支援方法

国内特許コード P07P005069
整理番号 T96
掲載日 2007年10月19日
出願番号 特願2006-066715
公開番号 特開2007-241901
登録番号 特許第4677563号
出願日 平成18年3月10日(2006.3.10)
公開日 平成19年9月20日(2007.9.20)
登録日 平成23年2月10日(2011.2.10)
発明者
  • 藤井 敦
  • 石川 徹也
  • 佐々木 千晴
出願人
  • 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 意思決定支援システム及び意思決定支援方法
発明の概要

【課題】テキストマイニング手法を有効活用し、所与のテーマに関連する多くの世人の意見に基づいての複数の論点を参照することにより合理的且つ妥当性のある決定支援のための判断情報を提供可能な意思決定支援システムを提供する。
【課題手段】入力されたテーマに関連する意見テキスト群の中から前記テーマに関連する複数の論点を抽出する論点抽出手段と、前記複数の論点毎に、当該論点を含んでいる前記意見テキストの中から当該論点に一の立場を有する意見の割合を表す固有度を算出する固有度算出手段と、前記複数の論点毎に前記一の立場を含んでいる意見の重要度を算出する重要度算出手段と、前記複数の論点に関連する関連語を抽出する関連語抽出手段と、前記複数の論点毎に対する肯定又は否定の意見における複数の代表意見を選択する代表意見選択手段と、前記各手段から出力された前記複数の論点毎の前記固有度及び前記重要度を出力するインタフェース手段と、を備える。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


世の中を取り巻く環境やシステムの高度化及び複雑化の進展に伴って、人間が何らかの事項について合理的な判断を下すためには、多くの場合種々の観点からの評価基準に基づいて、より多くの情報を収集し整理してこれらを総合的に考慮した上で判断することが重要である。このため、従来からコンピュータとデータベースを利用した種々の意思決定支援システムが提案されている。



特開平08-83182号公報は、意思決定すべき対象に関する情報を入力し,指定された1または複数のソフトウェアによって入力対象情報を評価し,その評価結果または評価結果に基づく代替案を出力する代替案選択処理手段を備えた意思決定支援システムであって,前記代替案選択処理手段によって意思決定を行った事例を学習し,その入力対象情報および処理手順の情報を含む事例情報を抽出し、当該抽出した事例情報を蓄積し保存する事例蓄積手段を備えて、新たな意思決定のための対象に関する情報の入力に対し,入力した対象情報と前記事例蓄積手段に蓄積している事例ごとの入力対象情報とを比較し,対象情報が類似する事例を選び出して類似した事例の評価結果を,新たな意思決定のための対象に関する評価結果として出力するようにした意思決定支援システムを開示している。



また、特開2004-185614号公報は、意思の決定を行う際の複数の条件を要素として含む入力情報を受けて、所定の複数の意味要素のそれぞれと入力情報の各要素との相関及び相関強度を決定し、入力情報の各要素の相関及び相関強度によって表される目標に応じて、所定の複数の意味要素の相関及び相関強度を最適化することによって、最適化された結果を意思の決定を行う際の意思決定支援情報として出力するようにした意思決定支援装置を開示している。

【特許文献1】特開平08-83182号公報

【特許文献2】特開2004-185614号公報

産業上の利用分野


本発明は、人間が所与のテーマについて意思決定する際に関連する有用な情報を収集し提示して人間の意思決定を支援する意思決定支援システムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
インターネットに接続されたマルチメディア上のデータを検索するブラウザを有するウェブ検索サーバと前記検索されたデータを収集格納するデータベースサーバとから成るデータベースと、前記データベースにアクセスして入力されたテーマについてテキストマイニングする装置と、により構成されたテキストマイニングによる意思決定支援システムであって、
前記テキストマイニングする装置は、
前記データベースにアクセスして、入力されたテーマに関連する肯定又は否定の意見に予め分類されている前記データベース内の意見テキスト群を収集し、当該意見テキスト群の中に現れる名詞句及び動詞句を前記テーマに関連する複数の論点として抽出する論点抽出手段と、
前記複数の論点毎に、当該論点を含んでいる前記意見テキスト群の中から当該論点に対する肯定又は否定の何れか一方の立場を有する意見の割合を表す固有度を算出する固有度算出手段と、
前記複数の論点毎に、前記意見テキスト群において前記肯定又は否定の何れか一方の立場の出現頻度の中で、前記一方の立場での前記論点の出現頻度の割合を求めることにより算出される前記論点に対する前記意見の重要度を算出する重要度算出手段と、
前記論点を含んでいる意見テキスト群の中から重複して出現する名詞、動詞及び形容詞を含む内容語を前記論点に関連する関連語として抽出する関連語抽出手段と、
前記複数の論点毎に肯定又は否定の複数の代表意見を前記内容語の出現頻度を計算することにより選定し、当該選定され複数の代表意見の出現頻度をスコアリングし、当該スコアリングのポイントの高い順に前記複数の代表意見を順位付けして出力する代表意見選択手段と、
前記固有度と前記重要度の2次元面上に、前記複数の論点、当該論点毎の前記固有度、前記重要度、前記関連語及び前記代表意見をプロットした画像データを出力するインタフェース手段と、
の各手段を有することを特徴とするテキストマイニングによる意思決定支援システム。

【請求項2】
前記データベースは、インターネットに接続されたマルチメディア上のデータを検索するブラウザを有するウェブ検索サーバと、前記検索されたデータを収集格納するデータベースサーバと、を含むことを特徴とする請求項1に記載の意思決定支援システム。

【請求項3】
前記固有度算出手段により算出される前記固有度は、個々の前記論点に対する肯定の立場を有する意見の確率を求めることにより算出されることを特徴とする請求項1に記載の意思決定支援システム。

【請求項4】
前記代表意見選択手段は、前記論点の賛成と反対の立場毎に当該論点を含む前記意見テキスト群の全てを形態素解析する手段を含むことを特徴とする請求項1に記載の意思決定支援システム。
産業区分
  • 計算機応用
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006066715thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
この特許について質問等ある場合は、電子メールによりご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close