TOP > 国内特許検索 > 車輪支持装置

車輪支持装置

国内特許コード P07A010963
整理番号 /NO31272
掲載日 2007年10月26日
出願番号 特願2006-041104
公開番号 特開2007-218791
登録番号 特許第4557909号
出願日 平成18年2月17日(2006.2.17)
公開日 平成19年8月30日(2007.8.30)
登録日 平成22年7月30日(2010.7.30)
発明者
  • 瀧上 唯夫
  • 富岡 隆弘
  • 山本 大輔
  • 西山 幸夫
出願人
  • 財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 車輪支持装置
発明の概要

【課題】加振試験時などに台車を含む車両全体を加振できるように車輪を支持することができる車輪支持装置を提供する。
【解決手段】レールR1,R2と車輪3a,3bとの間には、車輪支持装置16の弾性支持部17,18が挟み込まれている。このため、台車の軸箱が加振されると弾性支持部17,18が弾性変形して伸縮し、軌道上で台車が加振されて台車とともに車両全体が加振される。このとき、1位及び2位の軸箱を加振させると、1位及び2位の車輪3a,3bからレールR1,R2を通じて3位から8位までの車輪3a,3bに振動が伝播しようとするが、弾性支持部17,18がこの振動の伝播を遮断する。また、車輪3a,3bの移動を移動規制部19,20が規制するため、レールR1,R2上から車輪3a,3bが前後方向や左右方向に移動して脱落するのが防止される。
【選択図】図4

従来技術、競合技術の概要


近年、高速化、地盤振動低減、省エネルギ、低コスト化などの要求により鉄道車両の軽量化、構造簡素化が進められているが、これに伴って車体の上下方向の振動が乗り心地の面から問題となるケースが目立つようになっている。乗り心地に影響がある車体の上下振動は、車体を支える空気ばねの上で車体自身は変形しないで振動する「剛体振動」と、車体が曲げ変形しながら振動する「車体曲げ振動」とに大別される。このうち車体曲げ振動は、人が敏感に感じる周波数で顕著に生じるため、乗り心地を向上させるにはその低減が重要となる。曲げ振動が顕著になる共振周波数(固有振動数)とそのときの振動の形(固有振動モード(モード形))は、車体の構造や材質、質量などで決まり、固有振動数とモード形の組は「固有振動モード特性」と呼ばれ、車種毎に固有の性質である。この固有振動モード特性を調べることで車体振動を特徴付けることができ、振動低減に必要な情報を得ることができる。従来、このような固有振動モード特性を調べる場合には、レール上に車輪を接触させた状態で車体を定置で加振する定置加振試験装置を用いており、この定置加振試験装置の動電型加振器などによって車体を直接加振する方法が主流であった。



従来の定置加振試験装置は、車両の車体を上下方向に加振するための加振力を発生する加振器(動電型加振器)と、車体の床下中央に一端が連結され他端が加振器に連結された加振棒と、車体の床、屋根、側面などに取り付けられてこれらの振動を検出する加速度計などを備えている(例えば、非特許文献1参照)。このような従来の定置加振試験装置は、車体を加振器によって直接加振して車体の振動を加速度計によって測定し、この測定結果をデータ処理して固有振動数、減衰比、振動形状などの固有振動モード特性を解析している。




【非特許文献1】富岡 隆弘、瀧上 唯夫、RRR、財団法人研友社、2005年5月1日、第16頁~第19頁

産業上の利用分野


この発明は、車両の車輪を支持する車輪支持装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
車両の車輪を支持する車輪支持装置であって、
前記車輪をレール上に弾性支持する弾性支持部を備え、
前記弾性支持部は、前記車両の台車を加振してこの車両全体を加振する車両加振システムに使用され、この車両の台車を加振してこの車両全体を加振したときに前記車輪と前記レールとの間の振動の伝達を防ぐこと、
を特徴とする車輪支持装置。

【請求項2】
請求項1に記載の車輪支持装置において、
前記弾性支持部は、前記車輪と前記レールとの間を電気的に絶縁すること、
を特徴とする車輪支持装置。

【請求項3】
請求項1又は請求項に記載の車輪支持装置において、
前記弾性支持部は、前記レールに着脱自在に装着されること、
を特徴とする車輪支持装置。

【請求項4】
請求項1から請求項3までのいずれか1項に記載の車輪支持装置において、
前記車輪の移動を規制する移動規制部を備えること、
を特徴とする車輪支持装置。
産業区分
  • 試験、検査
  • 鉄道
  • 自動車
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006041104thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close