TOP > 国内特許検索 > 連節式鉄道車両および連節式鉄道車両における横圧低減方法

連節式鉄道車両および連節式鉄道車両における横圧低減方法

国内特許コード P07A010978
整理番号 /NO31287
掲載日 2007年10月26日
出願番号 特願2006-067617
公開番号 特開2007-245745
登録番号 特許第4832124号
出願日 平成18年3月13日(2006.3.13)
公開日 平成19年9月27日(2007.9.27)
登録日 平成23年9月30日(2011.9.30)
発明者
  • 前橋 栄一
出願人
  • 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 連節式鉄道車両および連節式鉄道車両における横圧低減方法
発明の概要

【課題】車両のレール曲線部力行通過時の横圧を軽減し、レールや車輪の摩耗を抑制して、保守、点検が容易にし、車両のレール曲線部における通過性能を向上させる。
【解決手段】連節式鉄道車両は、前側の台車付き車両(駆動車両)3と台車無し車両(被牽引車両)6の端部どうしが枢軸9bによって水平旋回可能にリンク結合され、前側の台車付き車両3と台車無し車両6の間に設けられ、台車無し車両6に対し前側の台車付き車両3を枢軸9bの周りに旋回させるエアシリンダ装置(アクチュエータ)12A,12Bと、前側の台車付き車両3の曲線力行時の車体3aと台車の間に生じた台車ヨー角を検出する台車ヨー角センサと、台車ヨー角センサで検出された逆台車ヨー角にもとづいてエアシリンダ装置12A,12Bを作動させ、台車無し車両6に対する前側の台車付き車両3の車体間ヨー角αを減少させる方向へ調節するコントローラとを備えている。
【選択図】図4

従来技術、競合技術の概要


従来、この種の連節式鉄道車両として、前後両端に運転室部を有する台車付き車両の中間に客室部を有する台車無し車両を配置して、前後の台車付き車両と台車無し車両の相互の端部どうしを、各車両の上下端部の一方または両方に設けた連結手段によって枢軸を中心にして水平方向に旋回可能に連結してなる低床形路面電車が知られている(例えば、特許文献1、特許文献2、特許文献3参照)。

【特許文献1】特開2001-301614号公報

【特許文献2】特開2002-264809号公報

【特許文献3】特開2003-48539号公報

産業上の利用分野


本発明は、前後の台車付き車両の間に台車無し車両を配置して台車付き車両と台車無し車両の相互の端部どうしを水平方向に旋回可能にリンク結合してなる低床形路面電車等の連節式鉄道車両および連節式鉄道車両における横圧低減方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
前後の台車付き車両の間に台車無し車両を配置して各台車付き車両と台車無し車両の相互の端部どうしをそれぞれ枢軸によって水平方向に旋回可能にリンク結合してなる連節式鉄道車両において、
前側の台車付き車両と台車無し車両との間であって、前記リンク結合個所の内側と外側とにそれぞれ設けられ、該台車無し車両に対して前側の台車付き車両を前記枢軸の周りに旋回させるアクチュエータと、前側の台車付き車両の曲線力行時における該前側の台車付き車両における車体と台車との間に台車が曲線の中心側へ向くことにより生じる台車ヨー角を検出する台車ヨー角センサと、該台車ヨー角センサによって検出された、前記台車が前記曲線の中心と反対側へ向くことにより生じる逆台車ヨー角にもとづいて前記内側のアクチュエータが伸長し、外側のアクチュエータが収縮する方向へ作動させ、前記台車無し車両に対する前側の台車付き車両の車体間ヨー角を減少させる方向へ調節するコントローラとを備えていることを特徴とする連節式鉄道車両。

【請求項2】
前記前側の台車付き車両と台車無し車両との間には、それらの車体間のヨー角を検出する車体間ヨーセンサが設けられ、前記コントローラは、前記台車無し車両に対する前側の台車付き車両の車体間ヨー角が設定値以上になった時に、前記アクチュエータの作動を許容することを特徴とする請求項1に記載の連節式鉄道車両。

【請求項3】
前後の台車付き車両の間に台車無し車両を配置して各台車付き車両と台車無し車両の相互の端部どうしをそれぞれ枢軸によって水平方向に旋回可能にリンク結合してなる連節式鉄道車両における横圧低減方法であって、
前側の台車付き車両の曲線力行時に、該前側の台車付き車両における車体と台車との間に前記台車が曲線の中心と反対側へ向くことにより生じる逆台車ヨー角を検出し、前側の台車付き車両と台車無し車両の間であって、前記リンク結合個所の内側と外側とにそれぞれ設けたアクチュエータを作動させることにより、前記台車が前記曲線の中心と反対側へ向くことにより生じる逆台車ヨー角にもとづいて前記内側のアクチュエータが伸長し、外側のアクチュエータが収縮する方向へ作動させることにより、前記逆台車ヨー角が減少するように前記台車無し車両に対する前側の台車付き車両の車体間ヨー角を調節することを特徴とする連節式鉄道車両における横圧低減方法。
産業区分
  • 鉄道
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006067617thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close