TOP > 国内特許検索 > 画像処理装置及び画像処理方法

画像処理装置及び画像処理方法

国内特許コード P07P005185
掲載日 2007年10月26日
出願番号 特願2006-066553
公開番号 特開2007-243832
登録番号 特許第4759740号
出願日 平成18年3月10日(2006.3.10)
公開日 平成19年9月20日(2007.9.20)
登録日 平成23年6月17日(2011.6.17)
発明者
  • 石井 抱
  • 山本 健吉
  • 増田 聖
出願人
  • 国立大学法人広島大学
発明の名称 画像処理装置及び画像処理方法
発明の概要

【課題】 高解像度及び高速で撮像した後に保存すべき画像データの量が膨大になることを防止することが可能な画像処理装置及び画像処理方法を提供する。
【解決手段】 画像処理装置1は、撮像装置10が撮像した画像フレームを取得する取得部21と、取得部21が取得した画像フレームを所定大きさの複数の領域に分割する分割部22と、分割部22が分割した領域単位で更新すべき画素の個数を決定する決定部23と、決定部23が決定した個数だけの画素を上記領域内で選択して更新する更新部24とを備える。決定部23は、前回更新された領域の画像データと今回更新すべき領域の画像データとの差分が第1しきい値を超えた場合に、上記個数を決定する。また、決定部23は、更新すべき画像データの量が第2しきい値を超えた場合に、当該画像データ量が第2しきい値以下になるように上記個数を減らして決定する。
【選択図】 図1

従来技術、競合技術の概要


高解像度及び高速で撮像可能なビデオカメラが知られている(例えば、非特許文献1参照)。このようなビデオカメラを用いると、例えば512×512ピクセルといった高解像度を保ちながらも、例えば500FPS(Frame per Second)といった高速で連続なビデオ撮像が可能となる。これによって、撮像対象物に対して表現力の豊かな画像データの提供が期待される。

【非特許文献1】A.Krymsk i.D.V.Blerkon,A.Anderson,et.al.,”A high-speed 500frame/s 512×512 CMOS image sensor” Dig.Tech. Papers Symp.on VLSI Circuits,No.14-3,June 1999.

産業上の利用分野


本発明は、画像処理装置及び画像処理方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
撮像手段が撮像した画像フレームを取得する取得手段と、
前記取得手段が取得した画像フレームを所定の大きさの複数の領域に分割する分割手段と、
前記分割手段が分割した領域単位で更新すべき画素の個数を決定する決定手段と、
前記決定手段が決定した個数の画素を前記領域内で選択して更新する更新手段と
を備え、
前記決定手段は、
前記取得手段が今回取得した画像フレームにおける一領域の画像データと、前記取得手段が過去に取得した画像フレームにおける前記一領域の画像データとの差分に応じて、前記取得手段が今回取得した画像フレームにおける前記一領域内で更新すべき画素の個数を決定すると共に、
前記更新手段が更新すべき画像データの量が所定のしきい値を超えた場合に、当該画像データの量が前記しきい値以下になるように前記個数を減らして決定することを特徴とする画像処理装置。

【請求項2】
前記しきい値は、前記更新手段により更新された画像データが任意の外部装置に伝送される時に限界となる伝送速度に応じて設定されたことを特徴とする請求項1に記載の画像処理装置。

【請求項3】
取得手段が、撮像手段の撮像した画像フレームを取得する取得ステップと、
分割手段が、前記取得ステップにて取得された画像フレームを所定の大きさの複数の領域に分割する分割ステップと、
決定手段が、前記分割ステップにて分割された領域単位で更新すべき画素の個数を決定する決定ステップと、
更新手段が、前記決定ステップにて決定された個数の画素を前記領域内で選択して更新する更新ステップと
を備え、
前記決定ステップにおける決定手段は、
前記取得手段が今回取得した画像フレームにおける一領域の画像データと、前記取得手段が過去に取得した画像フレームにおける前記一領域の画像データとの差分に応じて、前記取得手段が今回取得した画像フレームにおける前記一領域内で更新すべき画素の個数を決定すると共に、
前記更新ステップにて更新されるべき画像データの量が所定のしきい値を超えた場合に、当該画像データの量が前記しきい値以下になるように前記個数を減らして決定することを特徴とする画像処理方法。

【請求項4】
前記しきい値は、前記更新ステップにて更新された画像データが任意の外部装置に伝送される時に限界となる伝送速度に応じて設定されたことを特徴とする請求項3に記載の画像処理方法。
産業区分
  • テレビ
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006066553thum.jpg
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close