TOP > 国内特許検索 > 潤滑剤組成物

潤滑剤組成物

国内特許コード P07A011050
整理番号 /NO31001
掲載日 2007年10月26日
出願番号 特願2004-098128
公開番号 特開2005-281524
登録番号 特許第4553182号
出願日 平成16年3月30日(2004.3.30)
公開日 平成17年10月13日(2005.10.13)
登録日 平成22年7月23日(2010.7.23)
発明者
  • 曽根 康友
  • 池田 博志
出願人
  • 財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 潤滑剤組成物
発明の概要

【課題】 接触面と被接触面との摩耗を低減するとともにこれらの間のすべりを抑えることができる潤滑剤組成物を提供する。
【解決手段】 実施例1は、ナフテン酸90mass%に変性シリコーン油10mass%を添加した潤滑剤組成物である。実施例2は、合成トラクション油95.5mass%に二硫化モリブデン粉末0.5mass%を添加した潤滑剤組成物である。
【選択図】なし

従来技術、競合技術の概要


鉄道車両は、急曲線を通過するときに曲線通過性能に応じた横圧を伴って走行するため、曲線の外軌側のレール側面とこのレール側面と接触する車輪のフランジ部には摩耗が発生する。また、この横圧は曲線の内軌及び外軌のきしり音(摩擦音)の原因になるとともに、内軌側のレールの踏面に発生する波状摩耗の原因にもなる。このような過大な横圧や摩耗を低減するために、車輪とレールとの間の粘着力を低下させる摩擦調整剤や潤滑油を内軌側のレールの頭頂面又は車輪の踏面に塗布したり、外軌側のレールの頭頂面と頭部側面との境目又は車輪のフランジと踏面との境目に塗布したりしている。



例えば、従来の摩擦調整剤噴射装置(従来技術1)は、摩擦係数の大きいVHPF摩擦調整剤と摩擦係数の小さいHPF摩擦調整剤とを収容するタンクと、車両の走行地点を検出する走行地点検知手段と、VHPF摩擦調整剤及びHPF摩擦調整剤の噴射位置を記憶する噴射位置記憶手段と、走行地点検知手段が検知した走行位置と噴射位置記憶手段が記憶する噴射位置とを比較して噴射判定する噴射判定手段と、噴射判定手段の判定結果に基づいてVHPF摩擦調整剤又はHPF摩擦調整剤のいずれか一方をタンクから噴射するように指令する噴射制御手段とを備えている(例えば、特許文献1参照)。このような従来の摩擦調整剤噴射装置では、摩擦係数を増加させる必要がある駅手前区間や急勾配区間ではVHPF摩擦調整剤を選択し、摩擦係数を低減する必要がある曲線区間ではHPF摩擦調整剤を選択して、レール頭頂面にこれらの摩擦調整剤を噴射している。



従来の車載式塗油装置(従来技術2)は、車両の角速度を検出する角速度センサと、潤滑油を噴射させる電磁式ポンプと、角速度センサが検出した角速度に基づいて電磁式ポンプ動作させる制御手段を備えている(例えば、特許文献2参照)。このような従来の車載式塗油装置では、角速度センサが検出した角速度に基づいて曲線路の曲がり方向を判定し、角速度の大きさが大きいほど電磁式ポンプを早く動作させて、外軌側のレールの頭頂面と頭部側面との境目又は車輪のフランジと踏面との境目に潤滑油を噴射している。



従来の自動レール塗油装置(従来技術3)は、列車の通過を検出する列車検出部と、油タンク内に圧縮空気を供給する圧縮空気供給部と、油タンク内から油を噴射するノズルと、列車検出部が出力する列車検出信号に基づいて圧縮供給部に圧縮空気を供給させる制御部とを備えている(例えば、特許文献3参照)。このような従来の自動レール塗油装置では、列車の通過が検出されると圧縮空気が供給されて、車輪のフランジ部と接触するレールの頭部側面にノズルから油が噴射される。




【特許文献1】特開2001-151110号公報




【特許文献2】特開平11-173495号公報




【特許文献3】特開2002-37068号公報

産業上の利用分野


この発明は、摩耗を低減しすべりを抑えるための潤滑剤組成物に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
鉄道車両が急曲線を通過するときに、この鉄道車両の車輪のフランジ面とレールの内側頭頂面との間の摩耗を低減するとともに、これらの間のすべりを抑える潤滑剤組成物であって、
前記鉄道車両の加速又は減速によって空転又は滑走に至る巨視すべりが発生するすべり領域ではすべり率の増加とともにトラクション係数が増加するトラクション特性を示し、
ナフテン系化合物と変性シリコーン油とを含み、
前記ナフテン系化合物は、ナフテン酸であり、
前記変性シリコーン油は、アルキル変性シリコーン油であり、
前記アルキル変性シリコーン油の配合率が1~30mass%であること、
を特徴とする潤滑剤組成物。
産業区分
  • 液体燃料・油脂
  • 無機化合物
  • 高分子化合物
  • 機構・伝動
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

17930_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close