TOP > 国内特許検索 > 早期計測震度予測方法及びそのための装置

早期計測震度予測方法及びそのための装置 新技術説明会

国内特許コード P07A011134
整理番号 /NO31063
掲載日 2007年11月2日
出願番号 特願2004-261743
公開番号 特開2006-078297
登録番号 特許第4160033号
出願日 平成16年9月9日(2004.9.9)
公開日 平成18年3月23日(2006.3.23)
登録日 平成20年7月25日(2008.7.25)
発明者
  • 中村 洋光
  • 小高 俊一
  • 芦谷 公稔
出願人
  • (財)鉄道総合技術研究所
発明の名称 早期計測震度予測方法及びそのための装置 新技術説明会
発明の概要 【課題】関数フィッティング法に基づいてP波初動振幅の時間変化の程度を表す係数Bと、初期微動(P波到達から2~3秒)の最大振幅Amax から、計測震度を早期に予測する早期計測震度予測方法及びそのための装置を提供する。
【解決手段】地震動の初期振幅への関数フィッティングの際に得られる、P波初動振幅の時間変化の程度を表す係数Bと、震央距離(観測点と震央の距離)との相関に基づいて、前記係数Bと初期微動の最大振幅Amax を含む下記の式を用いることにより、地震計の設置されている場所の計測震度Is を早期に予測する。 Is =α1 log(Amax )+α2 -0.5+α3 logB+α4 ここで、α1 ~α4 は統計的に求められる係数である。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要 【背景技術】従来、震央距離やマグニチュードを推定するためには、 (a)多点の観測データから震源位置を求め、各観測点までの震央距離を算出する、 (b)震央距離と振幅値や周期、又は振動継続時間等からマグニチュードを推定する、 (c)1観測点の初動部分の周期からマグニチュードを推定し、このマグニチュードと初動部の振幅などから、震源距離、深さ、震央距離を推定する、等の方法がある。
【特許文献1】特開2002-277557号公報
産業上の利用分野 本発明は、地震動の初期微動(P波到達から2~3秒)のデータから計測震度を予測する早期計測震度予測方法及びそのための装置に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】 地震動の初期振幅への関数フィッティングの際に得られる、P波初動振幅の時間変化の程度を表す係数Bと、震央距離(観測点と震央の距離)との相関に基づいて、前記係数Bと初期微動の最大振幅Amax を含む下記の式を用いることにより、地震計の設置されている場所の計測震度Is を早期に予測することを特徴とする早期計測震度予測方法。 Is =α1 log(Amax )+α2 -0.5+α3 logB+α4 ここで、α1 ~α4 は統計的に求められる係数である。
【請求項2】(a)地震計と、(b)該地震計からの情報を取込み、ディジタル波形データとして取得する制御処理装置内のメモリと、(c)前記制御処理装置内において、P波初動振幅の時間変化の程度を表す係数Bと初期微動の最大振幅Amax 、統計的に得られる係数α1 ~α4 をそれぞれ求めるパラメータ演算部と、(d)前記制御処理装置内において、計測震度Is =α1 log(Amax )+α2 -0.5+α3 logB+α4 を演算する計測震度予測部と、(e)前記制御処理装置内において、前記早期計測震度予測情報の送信を行う情報文送出部とを具備することを特徴とする早期計測震度予測装置。
産業区分
  • 測定
国際特許分類(IPC)
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close