TOP > 国内特許検索 > 防振部材の評価装置

防振部材の評価装置

国内特許コード P07A011143
整理番号 /NO31065
掲載日 2007年11月2日
出願番号 特願2004-275868
公開番号 特開2006-090811
登録番号 特許第3993593号
出願日 平成16年9月22日(2004.9.22)
公開日 平成18年4月6日(2006.4.6)
登録日 平成19年8月3日(2007.8.3)
発明者
  • 半坂 征則
  • 間々田 祥吾
  • 鈴木 実
  • 田中 誠
出願人
  • (財)鉄道総合技術研究所
発明の名称 防振部材の評価装置
従来技術、競合技術の概要 【背景技術】従来の欠陥診断装置(従来技術1)は、トンネルなどのコンクリートの表面に打撃を加えるインパルスハンマーと、この打撃によって発生する振動応答波形を検出する波形検出器と、この振動応答波形に基づいてコンクリート内部の欠陥の深さ及び形状を分析する分析装置とを備えている(例えば、特許文献1参照)。この従来技術1では、振動応答波形を周波数分析して共振振動数を算出し、この共振振動数と欠陥形状とを対応させる欠陥形状データベースを参照して欠陥形状を推定している。従来の軌道レールの締結ボルト緩み検査装置(従来技術2)は、レールをまくらぎに締結する締結装置の板ばねに衝撃を加えるインパルスハンマーと、この打撃によって締結装置の板ばねに生ずる打撃音や振動を検出する検出機構と、この検出結果と正常な場合の検出結果とを比較して締結装置の六角ボルトの緩みの有無を判定するFETアナライザとを備えている(例えば、特許文献2参照)。この従来技術2では、検出機構によって検出されたインパルスハンマーによる加振信号波形と、予め記憶する正常な信号波形とをFETアナライザによって比較して、六角ボルトの緩みの有無を判定している。従来の振動特性解析装置(従来技術3)は、エンジンブロックなどの被試験物を加振するインパルスハンマーと、このインパルスハンマーによる加振力を検出する力検出用ロードセルと、被試験物の3次元方向の加速度を検出するピックアップと、力検出用ロードセルの出力信号とピックアップの出力信号とに基づいて周波数応答特性を演算し被試験物のモード特性を同定する演算装置とを備えている(例えば、特許文献3参照)。この従来技術3では、実測データとモード特性パラメータによる理論値との残差が最小になるまで偏分反復法によって演算して、この残差が発散しない条件を設けることによってモード特性を同定している。
【特許文献1】特開2002-214209号公報
【特許文献2】特開平6-331468号公報
【特許文献3】特開平8-005450号公報
産業上の利用分野 この発明は、防振部材に加振力を作用させてこの防振部材を振動させ、この防振部材を評価する防振部材の評価装置に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】 防振部材に加振力を作用させてこの防振部材を振動させ、この防振部材を評価する防振部材の評価装置であって、 前記防振部材に構造物から荷重が載荷された状態でこの防振部材の振動特性を測定する振動特性測定部と、 前記振動特性測定部の測定結果に基づいて前記防振部材の劣化状態を判定する劣化状態判定部とを備え、 前記劣化状態判定部は、前記構造物から荷重が載荷された状態の新品の防振部材の振動特性と、前記構造物から荷重が載荷された状態の使用品の防振部材の振動特性とを比較して、この使用品の防振部材の劣化状態を判定すること、 を特徴とする防振部材の評価装置。
【請求項2】 請求項1に記載の防振部材の評価装置において、 前記振動特性測定部は、前記防振部材の振動加速度、振動速度又は振動変位の少なくとも一つの時間波形を測定すること、 を特徴とする防振部材の評価装置。
【請求項3】 請求項1又は請求項2に記載の防振部材の評価装置において、 前記振動特性測定部は、前記防振部材の振動加速度、振動速度又は振動変位の少なくとも一つの最大値と前記加振力の最大値との比の絶対値を測定すること、 を特徴とする防振部材の評価装置。
【請求項4】 請求項1から請求項3までのいずれか1項に記載の防振部材の評価装置において、 前記振動特性測定部は、前記防振部材の振動加速度、振動速度又は振動変位の少なくとも一つと前記加振力との比のレベル値を測定すること、 を特徴とする防振部材の評価装置。
【請求項5】 請求項1から請求項4までのいずれか1項に記載の防振部材の評価装置において、 前記振動特性測定部は、前記振動加速度、前記振動速度又は前記振動変位の少なくとも一つの共振周波数を測定すること、 を特徴とする防振部材の評価装置。
【請求項6】 請求項1から請求項5までのいずれか1項に記載の防振部材の評価装置において、 前記振動特性測定部は、前記防振部材が鉄道車両のゴム式軸ばね又は弾性車輪であるときに、このゴム式軸ばね又はこの弾性車輪の振動特性を測定すること、 を特徴とする防振部材の評価装置。
産業区分
  • 測定
  • 高分子化合物
  • 機械要素
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close