TOP > 国内特許検索 > 鉄道車両の振動低減方法及び鉄道車両

鉄道車両の振動低減方法及び鉄道車両

国内特許コード P07A011193
整理番号 /NO30853
掲載日 2007年11月2日
出願番号 特願2003-000226
公開番号 特開2004-001686
登録番号 特許第4278987号
出願日 平成15年1月6日(2003.1.6)
公開日 平成16年1月8日(2004.1.8)
登録日 平成21年3月19日(2009.3.19)
優先権データ
  • 特願2002-094494 (2002.3.29) JP
発明者
  • 富岡 隆弘
  • 瀧上 唯夫
出願人
  • (財)鉄道総合技術研究所
発明の名称 鉄道車両の振動低減方法及び鉄道車両
発明の概要 【課題】車体重量の大幅な増加を伴わずに車体弾性振動を低減することのできる方法等を提供する。
【解決手段】本発明は、乗客Hの座る腰掛15の配列された床13を備える鉄道車両における振動低減方法である。この方法は、床13と腰掛15との間に弾性体又は粘弾性体からなる弾性支持体(バネ)25を介在させ、腰掛15の質量を利用した動吸振効果により鉄道車両の車体10の弾性振動を低減する。
【選択図】   図1
産業上の利用分野 本発明は、鉄道車両の車体の弾性振動を低減する方法等に関する。特には、車体重量の大幅な増加を伴わずに車体弾性振動を低減することのできる方法等に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】 乗客の座る腰掛の配列された車体床を備える鉄道車両であって、 前記車体床と前記腰掛との間に介在された、弾性体又は粘弾性体からなる弾性支持体と、 前記腰掛に乗客が着座した場合に前記弾性支持体の動きがロックされるロック機構と、を備えることを特徴とする鉄道車両。
産業区分
  • 鉄道
  • 機構・伝動
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close