TOP > 国内特許検索 > 車両ブレーキ用制輪子

車両ブレーキ用制輪子

国内特許コード P07A011246
整理番号 /NO33345
掲載日 2007年11月2日
出願番号 特願2003-090309
公開番号 特開2004-293751
登録番号 特許第4230262号
出願日 平成15年3月28日(2003.3.28)
公開日 平成16年10月21日(2004.10.21)
登録日 平成20年12月12日(2008.12.12)
発明者
  • 川口 清
  • 辻村 太郎
  • 井原 禎之
  • 佐藤 文俊
出願人
  • (財)鉄道総合技術研究所
  • 北海道旅客鉄道(株)
発明の名称 車両ブレーキ用制輪子
発明の概要 【課題】鋳鉄系制輪子の長所である増粘着力の効果の確保と、セラミック材で複合化した高燐鋳鉄系又は焼結系ブロックの長所である摩擦特性の安定化を図ることができる車両ブレーキ用制輪子を提供する。
【解決手段】車両ブレーキ用制輪子において、バックメタル2と、このバックメタル2上に固定され、中央部に鋳鉄系中間ブロック3を有し、その両側にセラミック材で複合化した高燐鋳鉄系ブロック4A,5Aと焼結系ブロック4B,5Bを配置した3ブロックのハイブリッド構造を有する。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要 図6は従来の車両ブレーキ用制輪子(その1)を示す図であり、図6(a)はその車両ブレーキ用制輪子の断面図、図6(b)はその車両ブレーキ用制輪子の正面図である。下記特許文献1に示されている。これらの図において、101は制輪子、102はバックメタル、103は制輪子本体、104はセラミックスブロック、105は摩擦面である。この従来例では、制輪子本体103に埋め込まれ、その一部が摩擦面105に露出するセラミックスブロック104を有し、このセラミックスブロック104と車輪(図示なし)との接触により、セラミックスブロック104から脱落するセラミックス粒子が摩擦面105に供給されるようにしている。図7は従来の車両ブレーキ用制輪子(その2)を示す図であり、図7(a)はその車両ブレーキ用制輪子の断面図、図7(b)はその車両ブレーキ用制輪子の正面図である。下記特許文献2に示されている。これらの図において、201は鋳鉄系の制輪子、202はバックメタル、203は制輪子本体、204は埋め込みブロック(セラミックス粒子と金属系バインダーの焼結体)、205は摩擦面である。この従来例では、制輪子用埋め込みブロック204は、鋳鉄系の制輪子201の摩擦面205にその一部を露出して埋め込まれる。この埋め込みブロック204は、セラミックス粒子と金属系バインダの焼結体からなる。また、他の車両ブレーキ用制輪子としては、制動摩擦面を有する鋳鉄製の制輪子本体と、この制輪子本体より硬質の材料から成り、複数の空隙が実質的に均一に形成されている制動ブロックと、この制動ブロックの後方に位置して前記制輪子本体に鋳ぐるまれるバックメタルとから構成し、前記制動ブロックはその一面を前記制輪子本体の制動摩擦面に露出した状態で前記複数の空隙を含む全体を鋳ぐるむことにより、前記制輪子本体と一体化するようにした鉄道車両用制輪子が開示されている(下記特許文献3,4)。
【特許文献1】特許第3004157号公報(第2~3頁 図1)
【特許文献2】特開平9-112612号公報(第2~3頁 図1)
【特許文献3】特許第2873569号公報(第2~3頁 図1)
【特許文献4】特許第3261478号公報(第2頁 図2)
産業上の利用分野 本発明は、鉄道車両に用いられる摩擦ブレーキのブレーキ性能を向上させることができる車両ブレーキ用制輪子に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】 バックメタル(12)と、該バックメタル(12)上に固定され、中央部に溶着片を生じさせる鋳鉄系中間ブロック(13)を有し、その両側にセラミック材で複合化した高燐鋳鉄系ブロック又は焼結系ブロック(14A,14B,15A,15B)を配置したハイブリッド構造を有する車両ブレーキ用制輪子において、前記鋳鉄系中間ブロック(13)以外の前記セラミック材で複合化した高燐鋳鉄系ブロック又は焼結系ブロック(14A,14B,15A,15B)の間には踏面の摺動方向に縦溝を形成し、該縦溝内に鋳鉄系制輪子片(16A,16B)を形成して5ブロックのハイブリッド構造となし、車輪踏面に均一な筋目を形成するとともに、増粘着効果の確保と転動騒音の低減を両立させることを特徴とする車両ブレーキ用制輪子。
【請求項2】 請求項1記載の車両ブレーキ用制輪子において、前記溶着片を生じさせる鋳鉄系中間ブロック(13)とセラミック材で複合化した高燐鋳鉄系ブロック又は焼結系ブロック(14A,14B,15A,15B)間には前記踏面の摺動方向に直交する横断溝(17A,17B)を有することを特徴とする車両ブレーキ用制輪子。
産業区分
  • 機構・伝動
  • 鉄道
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close