TOP > 国内特許検索 > アンチロックブレーキシステムの滑走防止弁

アンチロックブレーキシステムの滑走防止弁

国内特許コード P07A011297
整理番号 /NO33347
掲載日 2007年11月6日
出願番号 特願2003-094827
公開番号 特開2004-299533
登録番号 特許第4303991号
出願日 平成15年3月31日(2003.3.31)
公開日 平成16年10月28日(2004.10.28)
登録日 平成21年5月1日(2009.5.1)
発明者
  • 川口 清
  • 伊藤 達夫
  • 永井 高
出願人
  • 公益財団法人鉄道総合技術研究所
  • KYB株式会社
  • TACO株式会社
発明の名称 アンチロックブレーキシステムの滑走防止弁
発明の概要 【課題】ゆるめ弁コイル及び供給停止弁コイルの両方を励磁するため、電力を多用に消費し、同時励磁がシステム不全で行えない場合、オールポートオープンという給気と排気が同時に発生することが危惧される。
【解決手段】ブレーキシリンダの圧力を制御するブレーキ圧力制御部Aと、滑走防止弁Cの下流側に接続されるブレーキシリンダDとを備える。滑走防止弁Cは、供給停止弁C とユルメ弁C とから構成され、ブレーキ時のブレーキシリンダDの圧力を低減させる場合はユルメ弁C のコイルのみを励磁し、ブレーキ制御中のブレーキシリンダDの圧力を保持する場合は供給停止弁C のコイルのみを励磁する。供給停止弁C とユルメ弁C の出力側に位置するブレーキシリンダDの圧力を入力側のブレーキ制御圧まで復帰する場合は、同供給停止弁C とユルメ弁C の双方のコイルを無励磁に制御すべく設定する。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要


従来、鉄道車両で使用される滑走防止弁では、基本構成を▲1▼ノーマルオープン型の二方向弁を供給停止弁とし、▲2▼ノーマルクローズ型の二方向弁をゆるめ弁として直列式に配している(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特許第3209288号公報

産業上の利用分野


本発明は、主として車両用のアンチロックブレーキシステム(以下、単にABSという)の制御に使用される滑走防止弁の省電力化に関し、更に詳しくは、電源容量の乏しい車両にあって、蓄電容量や電力変換器容量がコストに比例するABS装置の低コスト化や、車輪の滑走に起因する車輪異常摩耗の防止に有用なABSの滑走防止弁に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
車両滑走時にブレーキシリンダの空気圧力を制御する主配管路上の滑走防止弁を構成する供給停止弁とユルメ弁であって、ブレーキ時にブレーキシリンダの圧力を低減させる場合はユルメ弁のコイルのみを励磁し、ブレーキ制御中のブレーキシリンダの圧力を保持する場合には供給停止弁のコイルのみを励磁し、供給停止弁とユルメ弁の出力側に位置するブレーキシリンダの圧力を、供給停止弁とユルメ弁の入力側のブレーキ制御圧まで復帰する場合には、供給停止弁とユルメ弁の双方のコイルを無励磁にするアンチロックブレーキシステムにおいて、
前記供給停止弁とユルメ弁の双方の主弁部は、無励磁に上位側の指令圧と下位側のブレーキシリンダ圧とを連通するノーマルオープン式のポペット弁とし、
供給停止弁とユルメ弁の双方のパイロット弁部は、主配管路の供給停止弁の入力孔から分岐された内部管路が、供給停止弁とユルメ弁の双方のパイロット電磁弁の入力側に連通するノーマルクローズ式のポペット弁とし、
前記供給停止弁の主弁部が入力孔と出力孔とを有する2ポジション2ポート弁とし、
ユルメ弁の主弁部が入力孔と出力孔と出力側用排気孔とを有する2ポジション3ポート弁とし、
ユルメ弁の励磁時には供給側の入力孔を締切り、ブレーキシリンダ側の出力孔と排気孔とを連通してブレーキシリンダ圧を大気へ放出し、供給停止弁とユルメ弁の双方が外部配管レスで一体形状で構成された空圧式複合弁であること、
を特徴とするアンチロックブレーキシステムの滑走防止弁。

【請求項2】
車両滑走時にブレーキシリンダの空気圧力を制御する主配管路上の滑走防止弁を構成する供給停止弁とユルメ弁であって、ブレーキ時にブレーキシリンダの圧力を低減させる場合はユルメ弁のコイルのみを励磁し、ブレーキ制御中のブレーキシリンダの圧力を保持する場合には供給停止弁のコイルのみを励磁し、供給停止弁とユルメ弁の出力側に位置するブレーキシリンダの圧力を、供給停止弁とユルメ弁の入力側のブレーキ制御圧まで復帰する場合には、供給停止弁とユルメ弁の双方のコイルを無励磁にするアンチロックブレーキシステムにおいて、
供給停止弁とユルメ弁の双方の主弁部は、無励磁に上位側の指令圧と下位側のブレーキシリンダ圧とを連通するノーマルオープン式のスプール弁とし、
供給停止弁とユルメ弁の双方のパイロット弁部は、主配管路の供給停止弁の入力孔から分岐された内部管路が、供給停止弁とユルメ弁の双方のパイロット電磁弁の入力側に連通するノーマルクローズ式のスプール弁とし、
前記供給停止弁の主弁部が入力孔と出力孔とを有する2ポジション2ポート弁とし、ユルメ弁の主弁部が入力孔と出力孔と出力側用排気孔とを有する2ポジション3ポート弁とし、
ユルメ弁の励磁時には供給側の入力孔を締切り、ブレーキシリンダ側の出力孔と排気孔とを連通してブレーキシリンダ圧を排気管を介して大気へ放出し、供給停止弁とユルメ弁の双方が外部配管レスで一体形状で構成された空気圧式複合弁であること、
を特徴とするアンチロックブレーキシステムの滑走防止弁。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2003094827thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close