TOP > 国内特許検索 > 吊架線用ダンパ

吊架線用ダンパ

国内特許コード P07A011405
整理番号 /NO33424
掲載日 2007年11月9日
出願番号 特願2003-422439
公開番号 特開2005-178582
登録番号 特許第4179507号
出願日 平成15年12月19日(2003.12.19)
公開日 平成17年7月7日(2005.7.7)
登録日 平成20年9月5日(2008.9.5)
発明者
  • 網干 光雄
  • 飯国 元久
  • 岩間 祐一
出願人
  • (財)鉄道総合技術研究所
  • 三和テッキ(株)
発明の名称 吊架線用ダンパ
発明の概要 【課題】 2本の吊架線相互間の相対振動を部材間の摩擦抵抗によって抑制するダンパを提供する。
【解決手段】 ダンパ1は、それぞれ下方に異なるトロリ線を吊支して互いにほぼ平行に伸びるように架設されている2本の吊架線Mの間を接続し、当該2本の吊架線Mの相互間の相対振動を部材間の摩擦抵抗によって抑制する。一方の吊架線Mに固着される本体2と、他方の吊架線Mに軸線方向に相対移動できるように枢支される旋回アーム8とを本体に枢着し、2本の吊架線M間の相対振動による旋回アーム3の旋回動を摩擦抵抗部材4による摩擦抵抗で抑制する。摩擦抵抗部材4の摩擦抵抗はばね受け部材11の位置変更によって調整可能である。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要 【背景技術】従来、例えば多導体架空送電線用スペーサーとして、特許文献1に記載されたものが知られている。このスペーサーは、並行する一対の送電線間を連結するもので、風等によって起こる送電線の振動を吸収する機能を備えている。このスペーサーは、各電線を把持する一対のクランプアーム間をスペーサー本体で連結してなり、電線を把持した各クランプアームの一端をスペーサーの端部に枢着し、その枢軸として、弾性体からなるスプライン軸を用い、電線の相対振動に伴うクランプアームの旋回動に対し、弾性スプライン軸の弾性的な軸周りのねじれにより対抗し、振動エネルギーを吸収するというものである。
【特許文献1】実公昭57-28517号公報
産業上の利用分野 この発明は、それぞれ下方に異なるトロリ線を吊支して互いにほぼ平行に伸びるように架設された電気鉄道用の2本の吊架線相互間の相対振動を抑制するダンパに関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】 それぞれ下方に異なるトロリ線を吊支して互いにほぼ平行に伸びるように架設された2本の吊架線の間を接続して当該2本の吊架線相互間の相対振動を抑制するダンパであって、 一方の前記吊架線に固着される本体と、この本体に一端が枢支され他端が他方の前記吊架線に対して軸線方向相対移動自在に枢支され、前記2本の吊架線の間の相対振動により旋回する旋回アームと、 この旋回アームと前記本体の枢支部との間に介在し、相対回転に対し摩擦抵抗を付与する摩擦抵抗部材とを具備することを特徴とする吊架線用ダンパ。
【請求項2】 前記本体が、一方の前記吊架線を把持する把持部と、一方の前記吊架線の軸線に対して直交方向に突出する支持片を有するブラケット部とを具備し、 前記旋回アームが、一端において前記ブラケット部の支持片に枢支され、他端に一方の前記吊架線を軸線方向相対移動及び相対回転自在に把持する把持部を具備し、 前記摩擦抵抗部材は、前記旋回アームの一端側に固着され前記ブラケット部の支持片を貫通して支持片に軸支された枢軸と、この枢軸の外周に軸線方向移動可能で回転不能にはめ込まれ前記ブラケット部の支持片に摩擦接触可能な摩擦面を備えた摩擦部材と、この摩擦部材と対向するように前記枢軸の外周に軸線方向の固定位置を調整可能にはめ込まれたばね受け部材と、このばね受け部材と前記摩擦部材との間に介設され摩擦部材の摩擦面を前記ブラケット部の支持片に圧接させるばねとを具備することを特徴とする請求項1に記載の吊架線用ダンパ。
【請求項3】 前記本体のブラケット部は、一対の前記支持片を備え、 前記枢軸は、両端部にねじ部を備え、中央において前記旋回アームに固着され、両側が前記ブラケット部の支持片を貫通して支持片に軸支され、 前記摩擦部材は、前記支持片から突出した前記枢軸の両側にそれぞれはめ込まれ、 前記ばね受け部材は、前記枢軸の両端部のねじ部に螺合され、螺合位置により前記ばねの圧縮度を変更して、前記摩擦部材の前記支持片に対する摩擦力を調整可能であることを特徴とする請求項2に記載の吊架線用ダンパ。
産業区分
  • 電力応用
  • 機構・伝動
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close