TOP > 国内特許検索 > 地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量の予測方法および予測装置

地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量の予測方法および予測装置

国内特許コード P07A011541
整理番号 /NO30813
掲載日 2007年11月16日
出願番号 特願2002-240375
公開番号 特開2004-077366
登録番号 特許第4065163号
出願日 平成14年8月21日(2002.8.21)
公開日 平成16年3月11日(2004.3.11)
登録日 平成20年1月11日(2008.1.11)
発明者
  • 坂井 宏行
出願人
  • 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量の予測方法および予測装置
発明の概要 【課題】地下構造物に漏出する海水含有漏水の最大および最小流量の予測値を、複雑な水理学的計算をすることなく簡便に求める。
【解決手段】海水含有漏水の流量とナトリウムイオン濃度とを測定し、これら測定値を、式
[ナトリウムイオン濃度]=k/[漏水流量]     (4)
[ナトリウムイオン濃度]=α×[漏水流量]+β   (5)
に算入して定数k、αおよびβを求め、式(5)のナトリウムイオン濃度にゼロの値を算入して得た漏水流量値を最大漏水流量の予測値Aとし、式(4)のナトリウムイオン濃度に海水のナトリウムイオン濃度値を代入して得た漏水流量値を漏水中の海水分流量の予測値Bとし、該予測値Bを式(5)の漏水流量に算入して得たナトリウムイオン濃度値Cを、さらに式(4)のナトリウムイオン濃度に算入して得た漏水流量値を最小の漏水流量の予測値Dとする。
【選択図】    図2
従来技術、競合技術の概要


こんにち、地下水面や海面より低い位置にトンネルやボックスカルバート等の地下構造物を築造することが頻繁に行われ、このような地下構造物では、漏出した水の自然排水ができない場合が多く、このときには地下構造物の水没を避けるため漏出した水を動力ポンプを使って地上に汲み上げて排出することが要求される。この様な地下構造物における漏水の要因には地下水と海水との存在があげられるが、漏水中の海水分流量は、海水が海底下から地下構造物までしみ込む速度が一定であることから変化がほとんどないのに対し、地下水分流量は、梅雨や台風による集中的な大雨や逆に渇水等の自然環境(特に雨量)に左右されることもあって、緩慢ではあるが変化する。
ところでこのような地下構造物に漏出する地下水に海水を含有する漏水(以下「海水含有漏水」という)を動力ポンプを用いて排出する場合、地下構造物での最大および最小漏水流量が判れば、これに合わせた排水能力を有する動力ポンプを採用することができるが、従来、最大および最小漏水流量を予測する簡便な手段はなかった。

産業上の利用分野


本発明は、海底トンネル等の地下構造物のように海底や海岸近傍にあって、地下水に海水を含有する漏水がある場合に、該下水に海水を含有する漏水中地下水分の最大流の予測方法および予測装置の技術分野に属するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量を予測する方法であって、海水の希釈割合と漏水流量とから、
[希釈割合]=α×[漏水流量]+β (1)
[希釈割合]×[漏水流量]=k (2)
α、β、kは何れも定数
の各関係式(1)および(2)を求め、関係式(1)の希釈割合にゼロの値を算入したときに算出される漏水流量の値から、関係式(2)の希釈割合に海水が非希釈状態である場合の値を算入したときに算出される漏水流量の値を差し引いた値を、漏水中の地下水分の最大流量の予測値であるとすることを特徴とする地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量の予測方法。

【請求項2】
地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量を予測する装置であって、海水の希釈割合と漏水流量とから、
[希釈割合]=α×[漏水流量]+β (1)
[希釈割合]×[漏水流量]=k (2)
α、β、kは何れも定数
の各関係式(1)および(2)を求める手段と、関係式(1)の希釈割合にゼロの値を算入したときに算出される漏水流量の値から、関係式(2)の希釈割合に海水が非希釈状態である場合の値を算入したときに算出される漏水流量の値を差し引いた値を、漏水中の地下水分の最大流量の予測値であるとする手段とを備えて構成されるものであることを特徴とする地下水に海水を含有する漏水中の地下水分の最大流量の予測装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2002240375thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close